『運は「バカ」にこそ味方する』(桜井章一)を読んだ感想2:日常の積み重ねがいざという時の結果を左右する

『運は「バカ」にこそ味方する』(桜井章一)を読んだ感想2:日常の積み重ねがいざという時の結果を左右する

『運は「バカ」にこそ味方する』(桜井章一著)を読んだ感想その2。麻雀の代打ちで20年間負けなしの伝説を作った桜井さんは日常の積み重ねがいざという時の大勝負の結果を左右すると説いています。そうしたことを語っている箇所を引用しつつ感想を書きました。

『運は「バカ」にこそ味方する』(桜井章一)を読んだ感想1:「自分に合う」の選択の積み重ねで生きることの意味のデカさは物凄い

『運は「バカ」にこそ味方する』(桜井章一)を読んだ感想1:「自分に合う」の選択の積み重ねで生きることの意味のデカさは物凄い

『運は「バカ」にこそ味方する』(桜井章一著)を読んだ感想その1。「自分に合う」の選択の積み重ねで生きることの意味のデカさはおそらく物凄いことなのだろうと思います。自身の経験も交えつつ読書感想文を書いてみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告