2018年株ふりかえり

上のグラフの紫色の線が私のパフォーマンスの推移です。

前年末比-29.62%ですw

2018年は2017年の+161.40%と対照的に全くダメな年となりました。

かろうじてマザーズ指数の-34.06%には勝ちましたが、他の指数には全敗です。

年末時点の保有銘柄と比率は以下の通りです(気まぐれで保有銘柄を公開していますが、推奨しているわけでも買い煽りをしているわけでもなく一切責任は持てません。株は自己責任でお願いします)。

バンクオブイノベーションで2018年一発逆転を狙いましたが、天井をつけてからのきつい下げで一部は利確できたものの、大半の含み益を飛ばしてしまい、今では含み損状態です(12/28株価:1,541円 12/28時点平均取得単価:1,579円)。

2018年の利益確定時の上昇率トップ10は以下の通りでした。

半分が1月の売りによるものでした。

トップ10入りのフィルカンパニーとかJIAはその後きつい下げとなりました(もちろんそれもくらっていますw)

最大でほぼ倍の+97.2%で利確することができました。

2018年の損失確定時の下落率トップ10は以下の通りでした。

半分以上の7回が12月に集中していますw

最高値から10%以上下がったら損切りというルールを設定していたにも関わらず、最高値どころか買値から10%を超えて下がっても損切りしていないことがわかりますw

尚、どれもナンピンで買い向かって失敗していますw

『マネーの公理』の

「船が沈み始めたら祈るな。飛び込め」

と書いてあった教えを全く守っていませんw

いつの間にか祈っていて「あ、祈ってちゃダメじゃん」と気づくみたいなw

尚、一見上昇率トップ10の方が下落率トップ10よりも率の絶対値が高いため損小利大を実現しているように見えます。

が、勝ち数75、負け数109の勝率40.8%で、さらに損切りするときは一気にすることが多く、利確はちまちまと少しずつみたいな感じにやってその後全て利確する前に株価下落みたいな感じなので、利確額<損失額となっておりますOTZ

以下は2016年末比の2018年12月末までのパフォーマンスの状況です。

2018年1月2月で天井をつけた後、きれいに右肩下がりとなっておりますw

一時思い切り引き離した指数との差もだいぶ埋められてしまいました(というか勝手に自分から下がっていくことで埋めているw)

尚、2018年の入金は0円でした。

2019年も全く楽観できない状況に思えますが、退場しないようにせいぜいがんばりたいと思います。

以上

グーグル提供の関連コンテンツ