早起きの秘訣2完:解説

1で5時前に起きるには20時に寝れば良いと書きました。

20時に寝てしまえば、経験上、5時前には目覚まし時計なしで余裕で起きられます。

人間、余程疲れていなければ9時間も寝られません(個人差はあるかもしれませんが)。

とは言え、毎日0時前後に寝る習慣の人は20時はまだ眠くないかもしれません。

ではどうすれば20時に眠くなるか。

経験上、夕食を腹いっぱい食べて、酒をほどよく飲み、横になってできるだけ分厚い本を読み始めればすぐ眠れます。

腹いっぱい食うと眠くなるんですよね(誰もが知っている)。

ちなみにスマホだとダメです。

何か発せられる光とか関係あるんですかね。

あと食った後すぐに寝るのは健康によくないとか、食い過ぎると太るとか、酒は飲まない方がよいとか、そういうのは別の話。

何事も何かを選択すればプラスの面とマイナスの面があるのは当たり前。

今はどうすれば早起きできるのか、そのためにどうすれば早く眠れるのか、についてのみ書いています。

ちなみに私は、朝は食わないし、平日昼は基本的に生野菜と汁と玄米のみなので、夜はたらふく食ってもOKというルールにしています。

はい。

20時はまだ仕事をしていますという方は、当然この奥義は実践できません。

そういう方で早起きしたい方は、もっと早く帰れる仕事に転職するか、睡眠時間を短くするための方法を教えてくれる人に教えを乞いましょう。

別に誰もが早起きすべきというわけでもないし、朝よりも夜の方が好きな方は別に無理して早起きする必要もないでしょう。

趣味の話でいいんじゃないですか。

どうするかは自分が決めればいいことです。

人生すべてに言えることですがw

好きにやりましょう。

私は朝の方が好きという趣味から朝方にしているというだけのことです。

はい。

ちなみに私も残業して20時にまだ家にいないことも時々ありますが、そういう場合は帰り道に外食で腹を満たし、家に着くと何もせずに倒れるように寝てしまいます。

習慣の力は強力で20時過ぎという時刻と胃が満たされている状態と家の中、という条件がそろうともう体が寝るモードなんですね。

で、多少寝るのが20時より遅くなっても、朝も習慣で5時前には体が起きるモードになっているからやはり目覚まし時計なしで起きてしまいます。

半年以上早朝のバイトのため早く寝て5時前に起きる生活を繰り返していたことも今に生きています。

むしろその習慣の影響が大きいかw

いずれにせよ習慣の力はデカい。

なんか21日間とか続けると習慣になるとかいうのを聞いたことがあります。

21日ってw

長いw

だから21日意志を強く持ってがんばって続けるとかじゃなくて、なるべく自然体で21日続くというのがいいんでしょうね。

私は腹いっぱい食べて飲んだら眠くなるし、もともと早朝覚醒気味な性質(体質)ということもあって労せず早起きの習慣ができているという感じです。

以上

グーグル提供の関連コンテンツ