久々に年初来ワースト10圏内から脱出。でも・・・:株日記166(20180712前年末比+3.86%)

アイキャッチ

以下木曜日分の株日記。

ビジョナリーHDの爆騰&主力1位のチャームケアの上昇で、タイトルの通り年初来ワースト10圏内を久々に脱出。

しかし、決算またぎをしたフィルカンパニーの夜間PTSの終値が-500円とヤバイ。

夜間PTSは出来高が少ないから参考にならないという意見もあるけど、私としては翌日の株価とだいたい合っているという印象。

あくまでも印象。

もちろんそうならないこともあって、夜間PTSで強気で買い向かってうまくいったこともあるにはあるけど。

ともかく、PTS同様-500円になったら今日稼いだ含み益のおよそ半分が吹っ飛ぶ計算。

いやだw

ただ、会社予想通り(少し上)の上期決算であり、そんなに売られる内容かなと個人的には思った。

まぁ市場変更とか通期の上方修正とかを期待していた人の失望売りなのかな。

いずれにせよ、私としては保有後最高値からの下落率を目安に売り(損切り)の判断していこうと思います。

ナンピンはせず、買いたい場合は一旦は売ってから買い戻すということを徹底したいと思います。

1.売買

買い

なし

売り

なし

2.各指数との比較

アイキャッチ

【含み益ベースの資産増減】

計算式:(a-b)/b×100%

a:現時点のPF時価総額

b:比較対象時点のPF時価総額

●前日比

+2.96%(全指数に勝利)

●前週末比

+3.43%(全指数に勝利)

●前月末比

+2.99%(全指数に勝利

●前年末比

+3.86%(全指数に勝利。年初来最高値は2/26の+15.49%)

●前年末比パフォーマンスの年初来順位

108/130位(年初来ワースト10圏内から脱出)

【確定利益額(仮計算)の増減】

(前年末時点のPF時価総額に対する今年の累積確定利益額の割合)

計算式:c/d×100%

c:今年の累積確定利益額

d:前年末時点のPF時価総額

●税引前

+15.10%

●税引後

+12.06%

3.保有銘柄の状況

アイキャッチ

以上

グーグル提供の関連コンテンツ