2銘柄新規購入:株日記148(20180618前年末比+6.13%)

アイキャッチ

週末四季報を読み、四季報以外もざっと調べて新たに7730マニーと9064ヤマトHDを新規購入した。

いずれも初めて購入する銘柄である。

そしていずれも時価総額1,000億円超え(ヤマトHDに至っては1兆円超え)である。

現保有銘柄のチャームケアもフィルカンパニーも500億円未満の中小型株であり、それとは対照的である。

今回実験的に大型株を買ってみた。

小型株ほどの劇的な成長は期待できないものの、両銘柄とも四季報予想で将来の1株益が伸びており、また、日足チャートがきれいな右肩上がりなので素直にのってみることにした。

ヤマトHDは皆さんご承知の通り宅配便首位の大企業であり、増員を計画して輸送力強化を図っている。

現在宅配便の総量を抑制している状態なので、単価を上げている中で、増員が実現して総量が増えれば売り上げの伸びが期待できる。

マニーは私の地元宇都宮の企業で、たしか国道4号線を北上すると途中で大きな看板があったと記憶している。

今回四季報を見るまでどんな企業かよく知らなかったが、医療機器のニッチな市場で売上と利益を着実に伸ばし続けている。

今回宇都宮の企業であることもあり、買ってみることにした。

これら2銘柄は、これまでの私の目標株価の決め方だと明らかに既に目標株価を超えている。

が、チャートの形を見てのってみることにした。

というわけで売りのタイミングは保有後最高値からの下落率で判断していこうと思う。

つまりそれはチャートが崩れたら即売りすることを意味するw

1.売買

買い

アイキャッチ

売り

なし

1.各指数との比較

アイキャッチ

【含み益ベースの資産増減】

計算式:(a-b)/b×100%

a:現時点のPF時価総額

b:比較対象時点のPF時価総額

●前日比=前週末比

+0.67%(全指数に勝利)

●前月末比

-1.17%(全指数に負け)

●前年末比

+6.13%(全指数に勝利。年初来最高値は2/26の+15.49%)

●前年末比パフォーマンスの年初来順位(週末時点の日ベース)

61/112位

【確定利益額(仮計算)の増減】

(前年末時点のPF時価総額に対する今年の累積確定利益額の割合)

計算式:c/d×100%

c:今年の累積確定利益額

d:前年末時点のPF時価総額

●税引前

+20.81%

●税引後

+16.61%

3.保有銘柄の状況

アイキャッチ

以上

グーグル提供の関連コンテンツ