勝負に惨敗。年初来ワースト。PF組み直し:株日記116(20180501前年末比+2.47%)

アイキャッチ

エスケーエレクの下落に強気で買い増しし続けた草木無量。

PFの半分を占めるまで買い増しして勝負した。

結果、月曜日の時点では惨敗w

保有後最高値から15%以上下落したのを見て終値を確認するまでもなく半分以上損切り。

75日線付近で少し買い戻したけど、それでもポジションは半分未満に。

これで年間パフォーマンスは年初来ワーストにw

強気でポジションを高めてダメで損切りするといういつもの大損パターンw

いくら強気でもポジション管理はきちんとしないとダメだと再認識。

いったいあと何回再認識したら同じ大負けパターンから脱出できるのだろうかw

ともかく、ここから立て直すべくPF組み直し。

エスケーエレクの損切りでできた資金やもともとあった現金で日邦産業買い増し&JIA再参戦&フィルカンパニー再参戦。

日邦産業がやや比率高めだが、3銘柄→5銘柄に資金を分散。

JIAは75日線まで株価が下がってきてヨコヨコから微妙に上がってきた。

業績予想に比べて割安だと判断し今日引け後の決算勝負。

フィルカンパニーは再INのタイミングを見計らっていた。

株価がヨコヨコになってきたこと、早ければGW明けに市場変更IRがあるかもしれないとの勝手な思い込みでIN。

ただ、市場変更確定IRで上がるのか、出尽くしで下がるのかは正直わかりませんw

1.売買

買い

アイキャッチ

売り

アイキャッチ

2.各指数との比較

アイキャッチ

【含み益ベースの資産増減】

計算式:(a-b)/b×100%

a:現時点のPF時価総額

b:比較対象時点のPF時価総額

●前日比=前週末比=前月末比

-1.56%(全指数に負け

●前年末比

+2.47%(全指数に勝利)

●前年末比パフォーマンスの年初来順位

80/80位(つまりワースト1位。年初来最高値は2/26の+15.49%)

【確定利益額(仮計算)の増減】

(前年末時点のPF時価総額に対する今年の累積確定利益額の割合)

計算式:c/d×100%

c:今年の累積確定利益額

d:前年末時点のPF時価総額

●税引前

+20.39%

●税引後

+16.27%

3.保有銘柄の状況

アイキャッチ

以上

グーグル提供の関連コンテンツ