リズムをよくするための試みとしての売り:株日記91(20180327前年末比+4.42%)

アイキャッチ

最近は損切ばかりしていて売買のリズムが悪い。

下落相場だから無理もない面もあるけど。

空売りをやらず買いからしか入らないのだから仕方ないのかもしれない。

しかし。

売買がちぐはぐなのは気持ち悪い。

気分もよくない。

下がったところを一部売り、さらに下がったところを買う。

そんなことを繰り返しているうちにいつの間にか保有後最高値から大きく下落。

やむを得ず損切りしたら上昇。

完全に売買がちぐはぐである。

このちぐはぐさを打開したい。

せめて気持ちだけでも。

そんな思いから今日はあえて前日陽線をつけ、直近のダウも大きく上昇した後の寄付でJIAとエスケーエレクを成行で売った。

寄付き前の気配が高かったので成行で行こうと決めた。

両銘柄とも特買いで始まった。

つまり皆が買いたいと思っているタイミング、上昇の勢いある渦中で逆に売れたのは良かったかなと思う。

取れるはずもない天井は捨てて上昇の勢い有る渦中に売る。

結果的にJIAは平均取得単価までは届かず損切りとはなったが、売買のリズムをよくするための試みとしての売りとしては良かったかなとは思う。

ちなみに、以下は今日19:29時点の日経平均先物の日足チャートである。

アイキャッチ

上値を抑えている右肩下がりの直線の上限付近まで上昇している。

配当の権利落ち日と重なってここから下がるのか。

それとも勢いをつけてこのまま突き破って上昇していくのか。

まぁ3月の権利落ち日は陽線というアノマリーがあるみたいだけど(突っ込んでは調べていない)。

そのアノマリーとは逆にポジションを下げている私としては下がってほしいのだけど。

仮にここから再度下落して下がったところで買い増しできればさらにリズムがよくなるのだけど。

こればかりはどうなるかわかりません。

とりあえず、年初来マイナスを避けるために防御力を高めている私としては、先物が上図のような状態にある中で強欲を抑えて売れたことはよかったと思っています。

1.各指数との比較

アイキャッチ

【含み益ベースの資産増減】

計算式:(a-b)/b×100%

a:現時点のPF時価総額

b:比較対象時点のPF時価総額

●前日比

+1.35%(TOPIX、日経平均に次ぎ3位)

●前週末比

-0.16%(全指数に負け)

●前月末比

-8.88%(全指数に負け)

●前年末比

+4.42%(全指数に勝利)

●前年末比パフォーマンスの年初来順位

ワースト5位(年初来最高値は2/26の+15.49%)

【確定利益額(仮計算)の増減】

(前年末時点のPF時価総額に対する今年の累積確定利益額の割合)

計算式:c/d×100%

c:今年の累積確定利益額

d:前年末時点のPF時価総額

●税引前

+23.98%

●税引後

+19.13%

2.売買

買い

なし

売り

アイキャッチ

3.保有銘柄の状況

アイキャッチ

以上

グーグル提供の関連コンテンツ