株週記39(20180226-0302):手抜きw

以下、あまり文字を書いていない手抜きな感じですw

はい。

2月に引き続き3月も月初から厳しい相場となった。

まずは各種客観データを以下で確認する。

1.各指数との比較

アイキャッチ_thumb[2]

【含み益ベースの資産増減】

計算式:(a-b)/b×100%

a:現時点のPF時価総額

b:比較対象時点のPF時価総額

●前週末比

-1.37%(M指数、JQ平均、東証2部指数に次ぎ4位)

●前月末比

-1.18%(全指数に勝利)

●前年末比

+13.24%(全指数に勝利)

●前年末比パフォーマンスの年初来順位(月末時点の日ベース)

14位(年初来最高値は2/26の+15.49%)

【確定利益額(仮計算)の増減】

(前年末時点のPF時価総額に対する今年の累積確定利益額の割合)

計算式:c/d×100%

c:今年の累積確定利益額

d:前年末時点のPF時価総額

●税引前

+31.93%

●税引後

+25.46%

【前年末比PF・指数騰落率推移】

アイキャッチ_thumb[5]

オレンジ色の線が年間目標である前年末比+61.4%から逆算して引いた目標ペースの線である。

紫色の草木無量PFは月初の全体相場の急落の影響を受けつつも週末時点では何とかオレンジ色の線よりも上の位置をキープ。

赤い点線の騰落レシオは右肩下がり。

尚、日経平均予想PERは3/2時点で12.58倍と過去水準との比較でも割安状態。

月記でも書いたが、この割安状態がどの程度の期間で是正されるのかわからないが、ともかく割安状態であることは頭に入れておきたい。

2.売買

週の売買は以下の通り。

買い

以下の通り、2銘柄に4回買いを入れた。

アイキャッチ_thumb[8]

売り

以下の通り、4銘柄に計6回売りを入れた。

アイキャッチ_thumb[14]

取得単価からの上昇率の観点から損小利大の取引ができた。

今後も下落相場だと判断している間は特に細かく分割利益確定を徹底したい。

また、資金を有効活用する観点から損切りは早めにということも引き続き心がけたい。

尚、週末(3/2)時点の含み損益率の状況は以下の通り。

アイキャッチ_thumb[17]

3.保有銘柄の状況

アイキャッチ_thumb[20]

アイキャッチ_thumb[24]

アイキャッチ_thumb[27]

アイキャッチ_thumb[30]

真っ青w

フィルカンパニーは既に上昇余地がなくなっている。

ただ、まだ材料豊富であり、今期EPSの上昇が期待できそれを目標株価算出に織り込んでいないためまだ保有している。

以上!

グーグル提供の関連コンテンツ