スポンサーリンク
カスペルスキー セキュリティ

10バガーは端っから狙わない(前年末比+12.02%):株日記60(20180208)

アイキャッチ

現金比率が依然として50%を超えている。

理由は、PF銘柄が上昇しても戻りを売って現金にしているからだ。

今日は前日開示された決算が好感されてなのかJIAが前日比+13.7%の爆騰。

この影響で草木PFのパフォーマンスも上昇し、一時年初来ワースト10位まで下がっていたPFパフォーマンスは今日の終値では年初来7位にまで戻すことができた。

そんな好調なJIA株も容赦なく朝一で一部利確。

戻ってきたら売ると決めたからだ。

ただ、結果的には私が売った後もさらに上昇していった。

しかし売ったのは一部であり、また別に損をしたわけではないのでこれはこれでOK。

そもそも全て完璧なタイミングで利確なんてできるわけがない。

というか、昨日うまく全株利確したと思ったフィルカンパニーはさらに上昇して今日は前日比+18.11%の超爆騰である。

あえてこういった事実を記しておく。

こんなおいしいところを逃している下手くそでもこの暴落直後の状況下で前年末比プラスなのである。

全ての取引で完璧に利益を出す必要はない。

いかに大負けせずに着実に利益を積み上げるかが大事なのである。

全ての取引で完璧に利益をあげず、一歩手前で降りてほどほどの利益しか上げられなくても、それを繰り返しかつ大きく負けなければプラスで終われる。

強欲に支配されずにまだはもうなりの精神で早め早めに利確すれば大きく負けないのではないか。

このような考え方だから私は端っから10バガーなどは狙わない。

そもそも長期で保有してじっくり10バガーを狙うという戦略が私の性格に合わない。

性格がせっかちだからだ。

逆に言えば、じっくり時を待つのを苦にしない性格の方はじっくり10バガーを狙うのもいいと思う。

自分が無理せず自然体に近い形で楽しめる投資法でやればいいと思う。

私は10バガーを狙うよりも、数十パーセントの上昇を細かくとるやり方の方が向いている。

どちらが正しいという話ではない。

自分が色々試してみて自分に合う方法を見つければいい。

それだけの話である。

ところで、現在の相場の状況が一時的な戻りなのか、戻りでなく反発の途上なのかよくわからなくなってきた。

どちらのシナリオもあり得ると頭に入れつつ相場に向き合っていきたい。

とりあえず、以下の表に示すが、日経平均予想PERは13.50倍の割安の状況であり、日経平均予想EPSも着実に上昇してきていることは頭に入れておこうと思う。 

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

1.各指数との比較

アイキャッチ

【含み益ベースの資産増減】

計算式:(a-b)/b×100%

a:現時点のPF時価総額

b:比較対象時点のPF時価総額

●前日比

+3.50%(マザーズ指数に次いで2位!)

●前週末比

-1.17%(全指数に勝利!)

●前月末比

-1.16%(全指数に勝利!)

●前年末比

+12.02%(全指数に勝利!)

●前年末比パフォーマンスの年初来順位

7位!(年初来最高値は1/22の13.60%)

【確定利益額(仮計算)の増減】

(前年末時点のPF時価総額に対する今年の累積確定利益額の割合)

計算式:c/d×100%

c:今年の累積確定利益額

d:前年末時点のPF時価総額

●税引前

+29.63%

●税引後

+23.63%

2.売買

●JIAを3,830円で一部利確!

→平均取得単価から15.9%の上昇で利確

→決算発表後一部戻りで売ると決めていたので利確

3.保有銘柄の状況

 

現在前月末比-1.2%。

これを±0%にするのが2月の目標である。

いかにして2月の目標を達成するか。

このことにこだわって運用していきたい。

以上!

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
にほんブログ村

投資の心構え(頭に叩き込むために毎回最後に記す。随時追記変更する)

①欲張り過ぎない。一気に儲けようとしない。本多先生の2割利食い、10割益半分手放しを大いに参考にして分割利益確定を。

②精神の安定を第一とする。自分の器に収まる投資行動を(心が落ち着かないほどのポジションは持たない)。

③判断・実行は拙速でもよいので迅速に。

④無駄に売買しない。調子に乗って軽はずみな悪手を打たない。

⑤利益確定(一部含む)したら自分にどんなご褒美を与えるか予め決めておく(終わりを自分で納得するための手段)。

⑥すべてがうまくいっている時にこそ「勝って兜の緒を締めよ」の精神で。

⑦デイトレは下手くそなのでしない。

<念のための注意書き>

この記事で私が書いたことは私の独断と偏見と妄想が多分に含まれております。

また、この記事に書いた通りの投資行動を私自身がとることを保証するものでもありません。

割とその時に直感的に感じた通りに行動する方なので、昨日と今日どころか、一瞬前と今で言動がコロコロ変わりますので書いていることをあまり鵜呑みにしないでください。

目標株価についてもその株価になるまで売らないということを表明するものではありません。

目標株価に達しなくても突然売ることもありますし、目標株価を超えても売らない場合もあります。

くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします。

このブログの情報を基に何らかの行動をして損害・損失・その他被害を被っても私は一切責任を負えません。

予めご了承願います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
投資の心構え(頭に叩き込むために毎回最後に記す。随時追記変更する)

投資の心構え(頭に叩き込むために毎回最後に記す。随時追記変更する)

①欲張り過ぎない。一気に儲けようとしない。本多先生の2割利食い、10割益半分手放しを大いに参考にして分割利益確定を。

②精神の安定を第一とする。自分の器に収まる投資行動を(心が落ち着かないほどのポジションは持たない)。

③判断・実行は拙速でもよいので迅速に。

④無駄に売買しない。調子に乗って軽はずみな悪手を打たない。

⑤利益確定(一部含む)したら自分にどんなご褒美を与えるか予め決めておく(終わりを自分で納得するための手段)。

⑥すべてがうまくいっている時にこそ「勝って兜の緒を締めよ」の精神で。

⑦デイトレは下手くそなのでしない。

<株は自己責任でお願いします!>

<株は自己責任でお願いします!>

この記事で私が書いたことは私の独断と偏見と妄想が多分に含まれております。

また、この記事に書いた通りの投資行動を私自身がとることを保証するものでもありません。

割とその時に直感的に感じた通りに行動する方なので、昨日と今日どころか、一瞬前と今で言動がコロコロ変わりますので書いていることをあまり鵜呑みにしないでください。

目標株価についてもその株価になるまで売らないということを表明するものではありません。

目標株価に達しなくても突然売ることもありますし、目標株価を超えても売らない場合もあります。

くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします。

このブログの情報を基に何らかの行動をして損害・損失・その他被害を被っても私は一切責任を負えません。

予めご了承願います。

シェアする

フォローする