チャームケアで得した気分&JIA本決算など(前年末比+8.23%):株日記59(20180207)

アイキャッチ

今日は、昨日ストップ安で買ったフィルカンパニーが朝ストップ高近くまで行くのを見て早めに全部利確。

昨日の記事で戻りを売る作戦とか書いたけど、いざストップ高水準になると強欲が顔をのぞかせて少し躊躇してしまった。

しかし、有言実行ということで強欲に打ち勝って利確。

その後、ストップ高まで行ったが、剥がれて少し落ちたのを見てやはり利確しておいてよかったと思った。

が、午後地合いが悪くなっても前日比+11.09%で終えるなど強かった。

しかも、引け後に立会外分売の実施を開示。

地合いが余程悪化しなければ、これでまた上げるのかもしれない。

まぁでも短期売買が苦手な自分としては上出来だと思う。

それから今日は引け後に決算開示を控えているJIAを買い増しした。

前年比売上+44.9%、営業利益+90.9%、経常利益+86.4%、純利益+96.1%と素晴らしい決算であった。

今期(2018/12期)予想は、売上+40.0%、営業利益+44.5%、経常利益+43.7%、純利益+50.4%とのこと。

純利益で50%増の予想はとんでもない。

気になるのは、営業CFが大きくマイナスであること。

ただ、事業モデルが投資家や銀行からお金を出してもらってその資金で航空機を買ってリースするみたいなやり方なので、営業CFがマイナスになるのはやむを得ないっぽい。

今後販売する商品が積み上がるとともに、投資家からの出資金(匿名組合出資金)が流動資産として商品出資金という勘定科目で積み上がり、これが営業CFでマイナスに作用する。

つまり、販売する商品が増えると商品出資金が増えるので営業CFのマイナスが増える。

そういう性質の事業なのだと開示資料から私はそう読み取った。

決算書を読むのに不慣れな私なりにそう理解した。

景気が悪くなって銀行とか投資家にそっぽを向かれてしまうと怖いが、上述の通り今は売り上げも利益も拡大中なのでうまくいっている。

ちなみに、資金調達の割合としては銀行からの借入7割、投資家からの出資が3割らしい。

はい。

それから今日は引け間際にチャームケアを買い増ししました。

気付けば平均取得単価は2,208円(仮計算)。

昨年9月にチャームケアを買い戻した時の平均取得単価が2,193円。

今回それに近い水準で買い戻すことができたことになる。

バーゲンセールである。

過去記事で第2四半期決算が悲観されて大きく売られるのではないかと書いたが、全体相場の暴落もあって想像以上に下げてくれた。

つい先月、2,700円台、2,800円台で利益確定をしたので、なんだか空売りして安く買い戻して利益を出したような得した気分である。

もっとも、チャームケアは一度下がり始めるとしつこく下がり続けるイメージがあるのでいつ元の水準まで戻ってくれるのかはわからない。

しかし、新規老人ホームの開設は着実に順調に進んでおり、また入居率も97.7%と極めて高い数値であり、改悪が懸念されていた介護報酬もプラス改定の見通しとなったため事業自体に不安はない。

というわけで、さらに株価が下がるようであれば買い下がっていきたい。

1.各指数との比較

アイキャッチ

【含み益ベースの資産増減】

計算式:(a-b)/b×100%

a:現時点のPF時価総額

b:比較対象時点のPF時価総額

●前日比

+1.5%(東証2部指数に次いで2位!)

●前週末比

-4.52%(全指数に勝利!)

●前月末比

-4.51%(全指数に勝利!)

●前年末比

+8.23%(全指数に勝利!)

●前年末比パフォーマンスの年初来順位

13位!(年初来最高値は1/22の13.60%)

【確定利益額(仮計算)の増減】

(前年末時点のPF時価総額に対する今年の累積確定利益額の割合)

計算式:c/d×100%

c:今年の累積確定利益額

d:前年末時点のPF時価総額

●税引前

+28.57%

●税引後

+22.70%

2.売買

●3267フィルカンパニーを今日のストップ高直前の7,730円で全株利確!

→平均取得単価から15.3%の上昇で利確

→もともと戻り売りのつもりだったので、前日のストップ安で仕込んで1日で利確

●7172JIAを3,540円で買い増し

●6062チャームケアを2,102円で買い増し

3.保有銘柄の状況

アイキャッチ

今日の決算開示を受けてJIAの想定成長率、予想EPS、目標株価を修正。

暴落しているので当然だが、いずれの銘柄も目標株価までの上昇余地が高まっている。

現金比率はまだ50%近くあるので下げたら買い向かう所存である。

以上!

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
にほんブログ村

 

投資の心構え(頭に叩き込むために毎回最後に記す。随時追記変更する)

①欲張り過ぎない。一気に儲けようとしない。本多先生の2割利食い、10割益半分手放しを大いに参考にして分割利益確定を。

②精神の安定を第一とする。自分の器に収まる投資行動を(心が落ち着かないほどのポジションは持たない)。

③判断・実行は拙速でもよいので迅速に。

④無駄に売買しない。調子に乗って軽はずみな悪手を打たない。

⑤利益確定(一部含む)したら自分にどんなご褒美を与えるか予め決めておく(終わりを自分で納得するための手段)。

⑥すべてがうまくいっている時にこそ「勝って兜の緒を締めよ」の精神で。

⑦デイトレは下手くそなのでしない。

<念のための注意書き>

この記事で私が書いたことは私の独断と偏見と妄想が多分に含まれております。

また、この記事に書いた通りの投資行動を私自身がとることを保証するものでもありません。

割とその時に直感的に感じた通りに行動する方なので、昨日と今日どころか、一瞬前と今で言動がコロコロ変わりますので書いていることをあまり鵜呑みにしないでください。

目標株価についてもその株価になるまで売らないということを表明するものではありません。

目標株価に達しなくても突然売ることもありますし、目標株価を超えても売らない場合もあります。

くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします。

このブログの情報を基に何らかの行動をして損害・損失・その他被害を被っても私は一切責任を負えません。

予めご了承願います。

グーグル提供の関連コンテンツ