スポンサーリンク
カスペルスキー セキュリティ

ぎっくり腰でブルーになるもこの痛みを株にも生かす!(前年末比+12.47%):株日記52(2018/1/29)

アイキャッチ

ぎっくり腰。

それは今朝突然私に訪れた。

腰が固まり、歩く程度の振動でさえ腰に響いて激痛をもたらす。

今日1日痛みに耐えながらなんとかバイトをこなした(変なところに気を使って周囲には隠していたw)。

経験上、当日よりもひどいのは翌日。

明日の朝起きるのが怖いw

天気も雪だしこの前のように原付ですっころんだら再起不能になりかねないw

あぁ…。

腰の痛みとは10代の頃から付き合っている。

18歳でヘルニアになり、随分医者通いもした。

注射を打ったり、針を刺したり、電気を流したり、コルセット巻いたり、色々やった。

ぎっくり腰も過去に片手では数えきれないほどやっている。

その経験から考えると、突然訪れたと書いたが、だいたい不摂生をしていると腰にくる。

最近は好きなだけ酒を飲み、ダイエットを忘れ好きなだけ甘いものを食っていた。

だから突然ではなくある意味今回の出来事は必然。

不摂生の代償!

食生活を改めるためのきっかけとしなければならない。

痛い目を見ないと悪い習慣は改まらないものである。

株も2つの意味で同じ。

1つは痛い目を見ないと気づかないという点。

強欲になってもっともっとと思っているうちに売りのタイミングを逃し痛い目にあってから、なんと欲張りだったのかと気づくという点。

何度もそんな経験をしてきた。

もう1つはぎっくり腰と同様、暴落も突然やってくるという点。

しかしながら、予兆がある場合もある。

予兆を感じたならそれに対してどう行動するかが肝心。

ぎっくり腰を防ぐなら、食生活に気を付けるとか腹筋を鍛えておくことが肝心。

暴落に備えるなら、現金比率を高めておくことが肝心。

今回のぎっくり腰を食生活だけでなく、株における自分の強欲さを戒めることや突然くる暴落への備えにも応用したい。

って飛躍し過ぎかw

はい。

今日はフィルカンパニーが寄らずのストップ高で前日比+1,000円の14.75%の爆騰でした。

週末に日本郵政が「ポスパーク」という名の有料駐車場事業を始めることがニュースになり、業務提携しているフィルカンパニーが買われたようです。

また、同じく週末にフィルカンパニーが定款の一部変更(事業内容の追加)を開示したのも影響していると思われます。

明日ストップ高になれば早くも自分の決めた目標株価に到達です。

仮にそうなれば保有から3週目で倍。

物凄い勢いでの上昇であります。

仮に目標株価に到達したとして果たして私は売れるのか。

それとも強欲が顔を出して売れなくなるのか。

今強欲を戒めると書いたばかりなのに、もし一気にストップ高に向かっていくような勢いを見てしまったら売れない気がする…。

あぁなんて欲深いのだろう…。

ルールを曲げることを繰り返していたら必ずどこかで痛い目を見るのに…。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

1.各指数との比較

アイキャッチ

【含み益ベースの資産増減】

●前日比=前週末比

+1.45%(全指数に勝ち!)

●前月末比=前年末比

+12.47%(全指数に勝ち!)

●前年末比パフォーマンスの年初来順位

3位

【確定利益(仮計算)の増減】

●税引前(前年末比)

19.80%

●税引後(前年末比)

15.79%

2.売買

なし

3.保有銘柄の状況

アイキャッチ

ビジョンが順調に最高値を更新しまた一歩目標株価に近づく。

ウェルビーの保有後最高値からの下落率は13.2%で値動き要注視。

以上!

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
にほんブログ村

明日も早朝からバイト。腰痛かつ雪のためいつもより早起きする!つまりもう寝る!

投資の心構え(頭に叩き込むために毎回最後に記す。随時追記変更する)

①欲張り過ぎない。一気に儲けようとしない。本多先生の2割利食い、10割益半分手放しを大いに参考にして分割利益確定を。

②精神の安定を第一とする。自分の器に収まる投資行動を(心が落ち着かないほどのポジションは持たない)。

③判断・実行は拙速でもよいので迅速に。

④無駄に売買しない。調子に乗って軽はずみな悪手を打たない。

⑤利益確定(一部含む)したら自分にどんなご褒美を与えるか予め決めておく(終わりを自分で納得するための手段)。

⑥すべてがうまくいっている時にこそ「勝って兜の緒を締めよ」の精神で。

⑦デイトレは下手くそなのでしない。

<念のための注意書き>

この記事で私が書いたことは私の独断と偏見と妄想が多分に含まれております。

また、この記事に書いた通りの投資行動を私自身がとることを保証するものでもありません。

割とその時に直感的に感じた通りに行動する方なので、昨日と今日どころか、一瞬前と今で言動がコロコロ変わりますので書いていることをあまり鵜呑みにしないでください。

目標株価についてもその株価になるまで売らないということを表明するものではありません。

目標株価に達しなくても突然売ることもありますし、目標株価を超えても売らない場合もあります。

くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします。

このブログの情報を基に何らかの行動をして損害・損失・その他被害を被っても私は一切責任を負えません。

予めご了承願います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
投資の心構え(頭に叩き込むために毎回最後に記す。随時追記変更する)

投資の心構え(頭に叩き込むために毎回最後に記す。随時追記変更する)

①欲張り過ぎない。一気に儲けようとしない。本多先生の2割利食い、10割益半分手放しを大いに参考にして分割利益確定を。

②精神の安定を第一とする。自分の器に収まる投資行動を(心が落ち着かないほどのポジションは持たない)。

③判断・実行は拙速でもよいので迅速に。

④無駄に売買しない。調子に乗って軽はずみな悪手を打たない。

⑤利益確定(一部含む)したら自分にどんなご褒美を与えるか予め決めておく(終わりを自分で納得するための手段)。

⑥すべてがうまくいっている時にこそ「勝って兜の緒を締めよ」の精神で。

⑦デイトレは下手くそなのでしない。

<株は自己責任でお願いします!>

<株は自己責任でお願いします!>

この記事で私が書いたことは私の独断と偏見と妄想が多分に含まれております。

また、この記事に書いた通りの投資行動を私自身がとることを保証するものでもありません。

割とその時に直感的に感じた通りに行動する方なので、昨日と今日どころか、一瞬前と今で言動がコロコロ変わりますので書いていることをあまり鵜呑みにしないでください。

目標株価についてもその株価になるまで売らないということを表明するものではありません。

目標株価に達しなくても突然売ることもありますし、目標株価を超えても売らない場合もあります。

くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします。

このブログの情報を基に何らかの行動をして損害・損失・その他被害を被っても私は一切責任を負えません。

予めご了承願います。

シェアする

フォローする