スポンサーリンク
カスペルスキー セキュリティ

どうすれば気持ちよく働けるか。実体験に基づく私の答え①:この記事を書こうと思った理由など

仕事で体も心もボロボロ。

嫌ですね。

私も経験者です。

嫌ですね。

どのくらい嫌だったかと言うと、突然会社に行けなくなり、有給を使って休み始め、そのまま会社を辞めてしまう位にダメなサラリーマンでした(この記事でも少し書きました)。

最悪の辞め方です。

引継ぎもろくにせずに辞めてしまいました。

それでも誰一人私を責める人は会社にいなかったです。

それは本当にありがたい。

人には恵まれていました。

会社を辞めた今でもサラリーマン時代の人間関係で飲みに行く気の合う仲間が今でもいます。

ありがたいことです。

はい。

会社を辞める前に医者に行ったら「適応障害」という診断でした。

ちなみにその時の各種心理テストの結果はこの記事でざっと書きました。

はい。

サラリーマンとして仕事をした結果、適応障害という診断を受ける。

もうサラリーマンとしては今後やっていけないだろうなと思いました。

つまり、会社を休み始めた直後は働くこと自体がもう無理だと感じました。

自分には働くのに必要なタフな精神力・根性の類がなさすぎるのだろうと。

他の人が普通に持ち合わせているそういった要素がなぜか驚くほど欠けているのだろうと。

絶望的な気分でした。

そんな私が今は割と気持ちよく楽しく働いています。

なぜか。

そこを掘り下げて何回かに分けて書いてみたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

このテーマについて書こうと思った理由

過去に仕事で体も心もボロボロになった私がどうして今気持ちよく働けているのか、今回はそれを書いてみたいと思います。

なぜ書こうと思ったかというと、世の中には気持ちよく楽しく働けていない人が多くいると見受けられるからです。

そんな中で、過去に同じように仕事で体も心もボロボロになった私がなぜ今気持ちよく働けているのか、その要因を共有することは意味があると思うので書きたいと思いました。

はい。

次回から掘り下げて書いていきます。

②につづく

以上!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

何もしない時間はエネルギーの充電に必要な時間です。人間に睡眠時間が必要なように必要な時間です。枯渇したエネルギーを休んで充足しましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
投資の心構え(頭に叩き込むために毎回最後に記す。随時追記変更する)

投資の心構え(頭に叩き込むために毎回最後に記す。随時追記変更する)

①欲張り過ぎない。一気に儲けようとしない。本多先生の2割利食い、10割益半分手放しを大いに参考にして分割利益確定を。

②精神の安定を第一とする。自分の器に収まる投資行動を(心が落ち着かないほどのポジションは持たない)。

③判断・実行は拙速でもよいので迅速に。

④無駄に売買しない。調子に乗って軽はずみな悪手を打たない。

⑤利益確定(一部含む)したら自分にどんなご褒美を与えるか予め決めておく(終わりを自分で納得するための手段)。

⑥すべてがうまくいっている時にこそ「勝って兜の緒を締めよ」の精神で。

⑦デイトレは下手くそなのでしない。

<株は自己責任でお願いします!>

<株は自己責任でお願いします!>

この記事で私が書いたことは私の独断と偏見と妄想が多分に含まれております。

また、この記事に書いた通りの投資行動を私自身がとることを保証するものでもありません。

割とその時に直感的に感じた通りに行動する方なので、昨日と今日どころか、一瞬前と今で言動がコロコロ変わりますので書いていることをあまり鵜呑みにしないでください。

目標株価についてもその株価になるまで売らないということを表明するものではありません。

目標株価に達しなくても突然売ることもありますし、目標株価を超えても売らない場合もあります。

くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします。

このブログの情報を基に何らかの行動をして損害・損失・その他被害を被っても私は一切責任を負えません。

予めご了承願います。

シェアする

フォローする