結婚観など

金曜日は2つの短時間バイトを終えた後、上京しました。

東京で働いている友人とサシで飲むためです。

彼の職場から近い渋谷で20時から飲むことにしました。

彼は近く中国に転勤になってしまうため、東京で一緒に飲めるうちにできるだけ飲んでおこうと。

結婚観など

彼は独身で私もバツイチで独身なので互いに気を使わず飲みたいときに互いに声をかけあってよく飲んでいます。

が、彼が転勤になってしまうとそういう仲間が1人減ることになり残念です。

気が付けば友人は皆結婚して子どもがおり、独身の友人は彼くらいのものです。

だいたい20代の終わり位に皆結婚して、30歳になってから子どもができたみたいなパターンですね。

で、子どもができると小さい内はなかなか外に出て遊ぶ時間をつくるのが難しいようです。

というか、外で酒なんか飲まなくてもかわいい子どもと一緒に遊ぶという楽しみがあるでしょうからね。

まぁ時には息抜きで外で飲むのもいいのでしょうが。

はい。

とにかく、彼も私も独身ですので気兼ねなく声を掛け合い、そんな流れで金曜日も飲むことになりました。

焼き鳥をつつきながら、いつも通り株の話などをします。

そして女性の話も。

彼と私の違いは、婚姻歴の有無。

そしてそれに起因する結婚に対する態度の違い。

私はもう死ぬまで結婚はおろか、彼女すらいらないと思っている。

たまに一緒に酒を飲むような女性友達はほしいけど、彼女はいらない。

もっとも、自分がよぼよぼになって、両親も兄弟も亡くなって身寄りがなくなったら面倒を見てくれる存在(家族)が欲しいと思うのかもしれないけど(なんという身勝手な理由w)。

でもそれはまだ先の話なので今からそのことを心配してパートナーを探そうなどとは思わない。

パートナーだからという理由で将来よぼよぼになった自分の面倒を親身に見てくれるとは限らないわけだし。

ともかく私はもう別に結婚しなくていいやという感じ。

一方、一緒に飲んだ彼は結婚願望がある。

見た目は男前だし、東証1部上場企業に勤めていて年収も高い。

投資もしていて資産も増やしている。

私が短時間バイトという身であり、宇都宮からの電車代もかかっているということで、今回の飲み会では1次会では多めに出してくれて、2次会は全部出してくれた。

ケチでなく、そんな気遣いもできる。

ただ、彼は私と同様、1人でいるのが好きなところがある。

それがアラフォーまで結婚しなかった理由だと思う。

私は自身の経験から1人でいるのが好きな人間にとって結婚はそんなにいいものではないと伝えた。

しかし彼はそれでも1度は結婚してみたい的なことを言っていた気がする(酔っぱらって忘れてしまった)。

何事も経験して実感するのは良いことだと思うので全力で止めるようなことはしなかったと思う。

結婚観と言えば、最近大学時代に付き合っていた女性ともサシで飲んだ。

彼女も婚姻歴はなし。

昔と変わらずきれいでした。

彼女は彼氏ができても長く続かないらしい。

私とも1年程度しか続きませんでした。

そんな彼女にも結婚願望があるようです。

彼女はずっと自分をお姫様のように大事にしてくれる人を求めているようでした。

飲み終わってから彼女からメールが来ました。

飲んでいる時も言っていましたが、今付き合っている男性は、友人から彼女になった途端、自分を大事にしてくれなくなったと不満を述べていました。

私は、「友人関係の時は非日常だったので楽しく、それが彼女になって日常に変わった、そういう変化だと思う」と返信しました。

加えて「結婚とは日常である」とも伝えました。

さらに「世の中に結婚という日常を求め、かつあなたを大切にしてくれる男性はたくさんいると思う、私は違うけどw」とお伝えしました。

返事はきませんでしたw

結婚に非日常を見出している女性に、日常という言葉はちょっときつすぎたかもしれませんw

はい。

今思えば、彼女は自分がしてほしいこと、不満に思っていることはたくさん述べましたが、自分が相手に何ができるのかという話はあまりしていなかった気がします。

そこはあまり指摘できなかったのですが、彼女もそんな指摘は求めていないでしょうから私があえて言う必要もないでしょうw

しかし、結婚は通常長期契約ですから、「自分が相手に何ができるのか」という視点は非常に重要だと思います。

とは言え、世の中には相手に「存在してくれるだけでいい」という考えで結婚する男性もいるでしょうから、そういう人を見つければいいのかもしれません。

はい。

ぐだぐだ書きましたが、私の結婚観というか女性関係について思っているのは繰返しになる部分もありますが、以下の通りです。

【結婚観など】

  • 私は今結婚する気はないし別に彼女もほしくない、というか今はむしろそういう関係の人はいない方が楽。
  • でも極めて身勝手な理由だが、よぼよぼになって天涯孤独になったら面倒を見てくれる人がほしくなるかも。
  • これも都合がよすぎるが、たまに一緒に飲むような関係の女性友達はほしい。
  • 性欲は自分or専門のお店で処理w

→金曜日に飲んだ友人が中国に転勤になったら色々案内してくれるらしいので、全力でバイトの休みをとって絶対中国に行く!1年以内に行く!(行き帰りの旅費だけ準備すればあとは任せろと言ってくれましたw)

以上!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

最後の方は結婚観ではなくただの煩悩w

グーグル提供の関連コンテンツ