酔っぱらいの戯言。

酔っぱらいの戯言

今日は、新たに開始した短時間バイトの初日でした。

大過なく初日を終えたことに対する自分へのご褒美としてウイスキー200mlとブルーチーズなどを買って帰り17時前から飲み始めました。

アイキャッチjpg

男はロック!氷とともに飲んで1時間経たないうちに飲み終わってしまいました。

アイキャッチjpg

酒を飲んで気持ちがいいので適当に思いつくままに書きます。

まず最初に書きたいことは、今飲んでいる酒は気持ちの良い酒だということです。

今日初めて訪れた新たな職場はとても良い職場でした。

とても良いというのは、自分に合うという意味ですね。

自分に合うというのは、なんとなく人間関係がゆるい。

例えば、仕事中に「草木君は酒飲めるの?」→「はい飲めます。むしろ好きです」→「じゃあ今度〇〇のおごりで飲みに行こう」→「ぜひ」みたいな会話が初日で交わされるみたいな。

例えば、帰り際に「今日は初日で疲れたでしょ」→「いや、みなさん優しくていい職場だと思いました」→みんな笑顔、みたいな。

こんな何気ないやり取りが幸せ。

人によっては初日に「酒飲めるの?」なんて聞かれたら飲めないなんて言えるわけないだろとパワハラ的に受けとめるかもしれません。

また、初日が疲れるなんて当たり前だろと思うかもしれません。

でも私としては、新入りの私に関心を持って何かしらの言葉かけをしてくださったそのことが嬉しい。

しかも私の見立てでは、いじわるな言葉かけではない。

そのことが単純に嬉しい。

そういう職場で仕事ができて幸せ、だから今日飲んだ酒もうまい、こういうわけです。

この後も別の話題をぐだぐだ書いたのだけどまとまらないので全部消した!

よって短いがこれで終わり!

以上!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

株日記今から書くのめんどくせー

グーグル提供の関連コンテンツ