スポンサーリンク
カスペルスキー セキュリティ

『腹だけ痩せる技術』を読んだ感想:ドローインを日常生活に早速取り入れるぞ!

2018年の大目標に「もっとかっこよくありたい」を掲げました(この記事)。

かっこよさには内面、外面の2つがあると思いますが、今回は外面としました。

見た目をかっこよくしたい。

整形とかではないですw

はい。

具体的な目標として腹筋を割りたいと思いました。

そのために数値目標として「2018年末までに体脂肪率を15%未満まで落とす」ことに決めました。

ちなみに2017年末現在の体脂肪率は19.4%でした。

なぜ腹筋を割るために体脂肪率を落とすのか。

腹筋を割るなら腹の筋肉をつけるのではないのか。

理由。

ネットでざっと調べたところ、腹は元々割れているもので、それを浮き立たせるためには脂肪を落とすことが必要だとわかったからです。

それは、今回感想を書くこの本『腹だけ痩せる技術』にも書いてありました。

 よく「腹筋がない」という言い方をしますが、これもけっこう誤解を招く表現で、ヒトの基本的な筋肉構造は同じです。たいていの男性は、おなかの脂肪を落とせばその下に隠れていた腹筋、腹直筋の形が表れてくるものです。なので、「腹筋を割る」ことを目的に考えるなら筋肉を増やすより、いまついている脂肪を落とす方向でアプローチするのが正解。

『腹だけ痩せる技術』P179より引用

いくら腹筋をがんばって筋肉をつけても、腹に余分な脂肪がついていたら割れた腹筋は見えないということです。

この本では、プロレスラーとか力士を例にあげていました。

彼らは、体と体でぶつかるのでその衝撃を吸収するために筋肉の上に脂肪をつけているのですね。

つまり鍛えていて筋肉は物凄いけど、その上に脂肪をつけているので割れた腹筋は見えていない(見えている人もいるかもしれませんが)。

というわけで、割れた腹筋を表に出すためには余分な脂肪をとるアプローチが必要なわけです。

この本では、日常生活で意識して腹を凹ませること(「ドローイン」という)で腹の脂肪を落とすことができるということを提唱しています。

実はこの本は最近買ったのではなく、1度既に読んだ本です。

今年の目標が腹筋を割ることにあるため、昨夜一気に全て読みました。

以下では、この本の紹介と読んで実行することを書きたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

著者について

著者は植森美緒さんという女性の方です。

1965年生まれで、健康運動指導士という肩書でいらっしゃいます。

企業や健保組合での健康指導やスポーツクラブ、カルチャースクールなどのダイエットセミナーで絶大な支持を集めている、と著者紹介のところに書いてありました。

ご自身がダイエットに何度も失敗されていて、そのなかで腹痩せをするために試行錯誤して生まれたのが腹を凹ませる「ドローイン」という方法でした。

ご自身でドローインを実践されていて、現在も体型を維持されているので書いてあることに説得力があると感じました。

どんな本か

書名の通り、腹痩せのためのドローイン(植森式ドローイン)について必要なことが詳細に書かれています。

何と言っても、やることが「腹を凹ませる」というシンプルな動作なのがいい。

ただ、これが単純なのだが奥深くもあるのです。

簡単にできるようで奥が深い。

それがドローインです。

なぜ腹を凹ませる動作を意識して行うと腹が痩せるのか。

「はじめに」で次のように書かれています。

凹ませていない腹はたるみ、凹ませている腹は締まるのです。だから、1日に数回でも意識的に凹ませるだけでおなかは見る見る痩せていきます。

『腹だけ痩せる技術』P13より引用

私が推奨する「植森式ドローイン(Drwa-in=引っ込める)」では、このおなかを凹ませる動きによって、

①筋肉の形状記憶効果で復囲がダウンする

②何回か続けることでおなかの脂肪が燃える

③エネルギーを消費しやすい体になり、効率的に脂肪が燃える、つまり痩せる

という段階的な効果が得られます。

『腹だけ痩せる技術』P13~14より引用

驚くべきは即効性もあり、なんと十数人の男性に「植森式ドローイン」を体験させたところ、約1時間のレッスン後に参加者のウエストサイズが平均3.3㎝ダウンしたとのことです。

ちなみに最も減った型は9.5㎝だったとのことです。

1時間でこれは驚きです。

スゲー!

嘘だとは思えません。

嘘だったらすぐばれるしw

試しに寝ながらこの本を読んでいる間(2,3時間だったと思う)、時々意識して腹を凹ませてみました。

そして読了後(真夜中1時w)に裸になって鏡の前に立ってみたら、確かにいつもより腹がいくらか凹んでいる気がしました。

気のせいかもしれませんがw

これはいいと思いました。

詳しい方法をここで書いてしまうのは営業妨害になるのでしません。

気になる方はぜひ読んでみてください。

ちなみに、ドローインの他に腹を横に割るために効果的な「3段階腹筋」についても書かれていました。

毎日1回やるだけでも効果的なようなので、これも実行したいと思いました。

この本を読んで今日から実行すること

以下やります。

●2018年1月2日投稿の目標記事に腹筋を割るための作戦として「日常生活にドローインを取り入れる」と明記する(済み)

●同記事に同じく腹筋を割るための作戦として3段階腹筋を明記する(済み)

●日常生活で最低1日1回最大限の力で30秒のドローインを実行する

→通勤時、仕事中、読書時、散歩時、入浴時など日常生活で気軽にできるので1日1回と言わず気付いた時、気が向いたときにはやる。ちなみにこの記事を書きながら何度も腹を意識して凹ませていましたw

●「3段階腹筋」を最低1日1回実行する

腹痩せをしたい方、腹を割りたい方にはおすすめの本です!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

昔これを読んでたから2017年の目標管理に腹を凹ませて歩いたら◎と書いたことを読んでいて思い出した。いつのまにかその習慣がなくなっていたけど今年は腹を割ることが目標なので年末まで最低1日1回たった30秒なのだから意識して実行するぞ!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

グーグル提供の関連コンテンツ
関連記事