このブログについて

 

 ご覧いただきありがとうございます。

 当ブログは書きたいことをただただ書く雑記ブログです。

 その時に書きたいと思ったことは何でも書いてしまいます。

 ここでは、このブログを書くに当たっての基本姿勢や考え方、前提などを述べていきます。

執筆に当たっての基本姿勢

 このブログを執筆するに当たっての基本姿勢は、私、草木無量がその時に書きたいことをただただ書くというものです。

 一般的に、ブログを書くに当たって配慮すべきこととして「人のために役立つことを書くべき」と言われています。

 一見、「書きたいことをただただ書く」と「人のために役立つことを書く」は逆のことのように思えます。

 なぜなら、「書きたいことをただただ書く」という言葉・姿勢からは、独善的な独りよがりな感じが醸し出されるからです。

 しかし、私は「書きたいことをただただ書く」ということと「人のために役立つことを書く」ということが全く逆のことだとは思いません。

 そもそも「人のために役立つことを書く」という行為を掘り下げていくと、「自分がそうしたいからする」ということに突き当たります。

 例えば人のために役立つことを書く背景には「自分が役立てたと思える=自己効力感(自分が良い影響を与えることができたという感覚)が満たされる」という自分の欲求があるかもしれません。

 別の例では、人のために役立つことを書く背景には「収入につながりやすいから」という自分の金銭欲があるかもしれません。

 あるいは、人のために役立つことを書くと「PVにつながりやすいから」「PVが増えると自分の承認欲求が満たされる気がするから」という欲求があるかもしれません。

 ともかく、人によって理由は様々でしょうが、人が何かの行為をする背景には自分の欲求(メリット)があると思うのです。

 それでは、自己犠牲の場合はどうでしょうか。

 私は自己犠牲でもそれは同じだと思います。

 自己犠牲を伴って他に献身するという姿勢だって「自分が自己犠牲に価値を置いているからそのような生き方がしたい」という欲求があると思うのです。

 なんかへ理屈っぽいことをグダグダ書きました。

 上述した「ある行動の前提には自分の欲求がある」ということはあまりにも当たり前な前提であるがゆえにわざわざそんなことを言う人は少ないのですが、改めてここで確認しました。

 そんなわけで、「書きたいことをただただ書く」ということと「人のために役立つことを書く」ということは必ずしも全く逆のことではないと思っています。

 「書きたいことをただただ書く」ことが「人のために役立つことを書く」ことにつながることがあると思っています。

なぜ「書きたいことをただただ書く」が最優先なのか

 それは上記の通り人間としてあまりにも当たり前な前提だからです。

 でもそれで終わってしまっては何も書いていないに等しいので、もう少し自分の価値観と絡めて考えてみます。

 逆を考えてみます。

 「書きたくもないことを義務的に書く」

 文字にしただけで嫌なオーラが漂ってきます。

 誰に頼まれたわけでもなく自発的にやっているブログで嫌々書くなんてナンセンスですね。

 私の価値観・人生観として「楽しく生きる」ことを大切にしたいと思っています。

 死ぬ前に我が人生を振り返ったときに「あー楽しかった」と思いたいです。

 「その時に書きたいことをただただ書く」のは楽しいです。

 今こうして少し理屈っぽい文章を書いているのも楽しいです。

 だからこその「その時に書きたいことをただただ書く」なのです。

結果として読者に何かプラスの影響が与えられればもちろんうれしい

 私も人間なので、自分の書いたことが誰かにプラスの影響になればうれしいです。

 そうでなければ誰も見ないチラシの裏にでも書きたいことを書いていればいいわけです。

 

 そうせずにわざわざブログで公開しているのは、読んだ人に何かプラスの影響が与えられればうれしいし、共感してもらえたらうれしいし、何か良いフィードバックがもらえたらうれしいからです。

 自分が楽しいことをして、さらにうれしい気持ちになれたらこんなに幸せなことはありません。

ただし反応に応えることが義務感にならないようには注意する

 自分の書きたいことを書いて、それに対して良い反応があればそれはとてもうれしいです。

 単純なので、その反応がうれしくて反応があった事柄についてばかりたくさん書くこともあるかもしれません。

 その時は、それが書きたいことになるわけですからある意味当然です。

 ただ、これが「期待に応えなければ!!」という義務感になると苦痛以外の何物でもありません。

 私は放っておくと過剰に適応しようと思ってしまう性質です。

 今書いていて思ったのですが、「書きたいことをただただ書く」とあえて言っているのは、そうした性質に対する予防線を張っている気もします。

 というわけで過剰反応・過剰適応には気を付けつつ、書いていく所存です。

このブログでは私自身についてあえて事実と違うことを書いている場合があります

 その意図は、読者の皆さんをだましたいからでは決してありません。

 人間「これは秘密にしておきたい」ということが誰しもあると思います。

 

 そういったところはぼかしたり、特に断りなく事実と違うことを書いたりする場合があります。

 そうすることで書ける記事があるのでそうする方針です。

 ただ、この影響で記事の内容が全くデタラメの内容になっていることはありません。

 どうせ匿名なんだから全てオープンでもよいのではという意見もあるかもしれません。

 しかし、匿名であることにより実名よりも多少オープンの度合いは高まるものの、やはり匿名であっても書きたくないことはあります。

 この「なぜ書きたくないのか?」については、ここではこれ以上掘り下げません。

 ともかく、読者の皆さんをだますためではなくて、書きたいことをより多く書くためにこうした手段をとる方針です。

 別にわざわざ断らずにしれっとそうすることもできるわけですが、書いておかないと私の中で気持ち悪いので記しておきます。

 

 とりあえず、このブログについて書いておきたいことはこんなところです。

 また思いついたことがあれば随時追記していきます。

2017/6/15追記

投資関係の投稿が増えてきました。

投資関係の投稿に限りませんが、書いていることは私の妄想込みの主観に過ぎません。

すなわち書いていることに誤りがあるかもしれず、その客観的正確性を100%保証できるものではありません。

また、私の持っている銘柄やその他特定の銘柄への投資を読者に勧めるために書いているわけではありません。

また、記事に書いた通りの投資行動を私自身がとることを保証するものでもありません。

 割とその時に直感的に感じた通りに行動する方なので、昨日と今日どころか、一瞬前と今で言動がコロコロ変わりますので書いていることをあまり鵜呑みにしないでください。

 目標株価についてもその株価になるまで売らないということを表明するものではありません。

 目標株価に達しなくても突然売ることもありますし、目標株価を超えても売らない場合もあります。

 上述の通り、ただただ自分の書きたいことを書いているに過ぎません。

 くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします。

 このブログの情報を基に何らかの行動をして損害・損失・その他被害を被っても一切責任を負えません。

 予めご了承願います。

 あ、この追記で書いたことは、投資に限らず、全ての投稿にも適用します。

 

 おわり。

読んでいただき、ありがとうございました。

これ↓をクリックしていただけると更新の励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする