スポンサーリンク
カスペルスキー セキュリティ

NEM(XEM)一部売却とその理由。PFは前日分の上昇をほぼほぼ吐き出すw(PF+158.17%):株日記34(2017/12/28)

アイキャッチ

北朝鮮がまたミサイル発射の兆候を見せたとかで前日とは一変。

全体的に株価が下がりました。

私のPFもそのあおりをもろに受けて前日の上昇分をほぼほぼ全て吐き出してしまいましたw

暗号通貨も不調でしたのでダブルパンチです。

ぶべら!

もっとも北朝鮮云々はたまたまのタイミングで、前日の新興市場の急騰分を調整するための材料に使われただけな気もします(個人の感想です)。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

1.NEM(XEM)売却理由

NEMを一部売却しました。

売却理由

●PFの暗号通貨の比率を下げるため

→暗号通貨はボラティリティ(価格の上下幅)がでかいので比率が高いとPFの資産の上下が大きくなり精神的に嫌です。

 そのため暗号通貨のPFにおける比率は3.3%を目安にしていますが、直近でほぼその倍の6%超になっていたので一部売りました。

 まだ4.5%程度とやや高めの比率となっていますが、少しこれで様子を見ます。

●恩暗号通貨とするため

→買値から5倍近くになって1/4を売ったので、これで恩株ならぬ恩暗号通貨となりました。

 0円になってもNEMでは損しないことが確定しました。

●強欲を戒める訓練として

→私は強欲な人間です。

 ビットコインを全部売却した記事でも書きましたが、『マネーの公理』には強欲を戒めるための行動・考え方として次の言葉が掲載されています。

常に早すぎるほど早く利食え

 個人的にはNEMは少なくとも1,000円位にはなるのではないかと何の根拠もなく妄想していますが、まぁ妄想にすぎません。

これは強欲に基づく妄想とも言えます。

その強欲を戒めるため、今回一部利益確定し、妄想を現実の利益としました。

●日足チャートと最近のビットコインの動向を見て

→何となく一旦調整するのではないかと思って一部売却しました。

 ていうか既に下がっていたのでワンテンポ遅かったです。

 早めの判断・実行を自身に課していますが、いつもワンテンポ遅いですw

2.各指数との比較

アイキャッチ

12/28は各指数との比較では、

日ベースでは、前日比-2.10%となり、全指数に負けました。

週ベースでは、前週末比+0.92%となり、全指数に勝ちました。

月ベースでは、前月末比+0.43%となり、TOPIXに抜かされて5位となってしまいました。

年ベースでは、前年末比+158.17%となり、1位をキープしています。

PFは年初来7位のパフォーマンスとなっています。

尚、パフォーマンスは修正ディーツ法の考え方で計算しています(私のパフォーマンスの計算方法や前提についてはこちらの記事に書きました。

確定利益の前年末比のパフォーマンスは次の通りです。

●税引前:136.15%

●税引後:108.49%

3.売買

12/28は暗号通貨のNEM(XEM)を売却しました。

具体的には、120.2円で保有数の1/4を売却しました(正確にはほんの一部少し上の価格でも約定していますが無視)。

平均取得単価から約4.7倍での売却となりました。

4.保有銘柄の状況

アイキャッチ

主力1位のJIAが含み損状態に。

ぶべら!

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
にほんブログ村

大納会は大幅プラスでおなしゃすw

投資の心構え(頭に叩き込むために毎回最後に記す。随時追記変更する)

①欲張り過ぎない。一気に儲けようとしない。本多先生の2割利食い、10割益半分手放しを大いに参考にして分割利益確定を。

②精神の安定を第一とする。自分の器に収まる投資行動を(心が落ち着かないほどのポジションは持たない)。

③判断・実行は拙速でもよいので迅速に。

④無駄に売買しない。調子に乗って軽はずみな悪手を打たない。

⑤利益確定(一部含む)したら自分にどんなご褒美を与えるか予め決めておく。

⑥すべてがうまくいっている時にこそ「勝って兜の緒を締めよ」の精神で。

⑦デイトレは下手くそなのでしない。

<念のための注意書き>

この記事で私が書いたことは私の独断と偏見と妄想が多分に含まれております。

また、この記事に書いた通りの投資行動を私自身がとることを保証するものでもありません。

割とその時に直感的に感じた通りに行動する方なので、昨日と今日どころか、一瞬前と今で言動がコロコロ変わりますので書いていることをあまり鵜呑みにしないでください。

目標株価についてもその株価になるまで売らないということを表明するものではありません。

目標株価に達しなくても突然売ることもありますし、目標株価を超えても売らない場合もあります。

くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします。

このブログの情報を基に何らかの行動をして損害・損失・その他被害を被っても私は一切責任を負えません。

予めご了承願います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

グーグル提供の関連コンテンツ
関連記事