2017年をふりかえる1:離婚

離婚

12月に入って忘年会ばかりしている。

昨日も忘年会。

今日も忘年会である。

何を忘れたいというのか。

酒で記憶はなくなるけどw

ウィキペディアによれば忘年会とは「その年の苦労を忘れるために執り行われる宴会」とのことである。

別に忘れたい苦労などしていないw

今年は離婚はしたけど別に忘れたいわけではない。

むしろ同じことを繰り返さないためには忘れてはならない。

再婚は記憶の欠如がもたらすらしいのでw

はい。

ちなみにお互い合意のうえでの離婚であったため、さほど苦労したわけでもない。

たしかに色々な事務手続きや近親者への説明は大変だったけど、それも一時的なことで、とりわけ忘れたいような苦労ではない。

では結婚生活は苦労だったかというと、自分独りではないという意味、完全に自分と同じ考え方ではない他者と一緒に暮らすという意味での苦労はあった。

しかし見方を変えれば、考え方が完全に同じでないからこそ、元妻からは学ぶことがたくさんあった。

つまり結婚生活によって自分が人間として成長したのは間違いない。

約10年間の結婚生活で得られたものは大きい。

子どもはつくらなかったが、子どもがいたらさらに人間として成長するのだろうなとは思う。

ただ、人間としての成長よりも余計な気苦労を生まないことの方が自分にとっては重要だったので子どもをつくりたいとは全く思わなかったw

たまに家に来る甥っ子姪っ子の相手を気が向いたときにするくらいが自分にとってはちょうどよいw

まだ幼稚園児なので「ほれ、100円やるぞ」とか言って渡すと物凄く喜ぶのが面白いw

ちなみに、気が向かない時は子どもが遊びに来ても寝たふりをしており、母には「最低だ」と言われたw

最低だろうがなんだろうが、私は無理に甥っ子姪っ子の相手をしようとは思わないし、そのような義務もないw

義務的に対応していたら子どもだってわかる。

そんなのはお互い気分がよくない。

私は子どもであってもそんな失礼なことはしない。

まぁでもよく考えたら寝たふりしているのも失礼なので、今度気がのらない時は「今日は遊びたい気分ではない。また気分がのっている時に遊ぼう」ときちんと伝えようと思うw

なんか話がずれた。

ともかく、2017年に私は離婚した。

同時に主夫でもなくなり、実家に戻り、生活は一変した。

2016年にサラリーマンを辞めて自由度が広がったが、離婚してさらに自由度が広がった。

そういう意味で2017年をふりかえった時に真っ先に思い浮かんだのがこの離婚であった。

今日も私は好き勝手に、しかしながらそれに伴う責任はとる覚悟で、自由に生きている。

2017年をふりかえる2につづく

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

今日も夕方から忘年会だこのやろー!

グーグル提供の関連コンテンツ