スポンサーリンク
カスペルスキー セキュリティ

株月記6(2017/11末):なぜ目標株価マイナスの串カツ田中を手放せないのか(前年末比+161.75%)

 前月末時点の状況はこちらです。

 はい。

 「月記」という言葉があるのか知りませんが、日のことについて書くのが「日記」なので、それと同じ考え方で「月記」としました。

 これまでは「投資資産月末チェック」というタイトルにしていたのですが長いので、短く「株月記」としました。

 はい。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

1.各指数との比較

 以下は、前月末比、前年末比の私の投資資産の騰落率、各指数の騰落率、当月末の日経平均PER、前年末比の日経平均予想EPSの騰落率、日経平均騰落レシオ(25日)を表にしたものです。

 ※クリックすると拡大します(以下の表も同じ)

アイキャッチ

 

 今月も9月10月に引き続き、月ベース、年ベースのどちらも各指数に勝つことができました。

 具体的には、

 月ベースでは前月末比+39.62%となり、月間では今年最大の伸びとなりました。

 年ベースでは前年末比+161.75%となりました。

 11月も年初来高値を更新することができました。

 確定利益は、

 税引前:80.62%

 税引後:64.25%

 まで伸ばすことができました。

 尚、日経平均予想EPSは前年末比で、9月+19.73%→10月22.27%→11月28.97%と着実に伸びてきています。

 以下は、前年末比の草木無量PFの騰落率、日経平均騰落率、JASDAQ平均騰落率、日経平均予想EPSの騰落率、日経平均騰落レシオ(25日)などの動きをグラフにしたものです。

アイキャッチ

 紫色の線の草木無量PFは7月末までは鳴かず飛ばずでしたが、8月から急上昇し現在に至ります。

 薄紫色の線の草木無量確定利益は、少し遅れて10月から上昇しています。

 8月に保有銘柄を大幅に入れ替えたのが当たり、その時に入れ替えた串カツ田中は4倍以上、ペッパーは2倍以上になりました。

 短期間でこの2銘柄が爆発してくれたことが現在の高パフォーマンスにつながっています。

 さらに、今月はフィルカンパニーがこれまた短期間で買値から2倍になってくれました。

 自分の買いのタイミングの運の良さが少し気持ち悪いくらいです。

 ただ、これはあくまでも運よくいい流れに乗れたせいだと思っていますので実力と勘違いしないよう気をつけたいと思います。

2.2017年11月の売買

 11月は6銘柄の売買をしました。

 

 具体的には以下の通りです(売買の記事リンクをつけています)。

 

 11/01(水):ビジョナリーホールディングス77円で全数売り

 11/01(水):フィルカンパニー1,887円で買い増し

 11/06(月):ゴルフドゥ720円で買い増し

 11/24(金):チャームケア2,508円で買い増し

 11/27(月):フィルカンパニー4,300円で半分利益確定(恩株化)

 11/27(月):ウェルビー3,045円で新規購入

 11/28(火):串カツ田中3分割後5,490円で一部利益確定

 11/28(火):ウェルビー2,970円で買い増し

 11/30(水):ゴルフドゥ1,022円で一部買戻し

 11/30(水):チャームケア2,522円で買い増し

 こうして並べてみると、月の後半に一気に買い増しに動いています。

 だいたい有頂天になり調子に乗ってくると売買が多くなるのですよね。

 今日(12/1)も2銘柄買っているし(別途日記で報告)、ちょっと気をつけないと下手な売買で運が逃げていく気がします。

 悪い癖が出ている感じがするので、そのことはよく認識しておこうと思います。

3.保有銘柄の状況

1)まとめ表

 以下は、個別株、暗号通貨、現金の2017年11月末時点の比率、月間騰落、目標株価等をまとめた表です。

アイキャッチ

 以下、上記のまとめ表の数値を一部グラフ化してそこから考えたことなどを一言で書きます。

2)保有比率

 以下は、各銘柄の保有比率を円グラフで表したものです(左:10月末 右:11月末)。

アイキャッチ

 メガネスーパー改めビジョナリーホールディングスを全部売却してPFから姿を消す。

 フィルカンパニーは1か月で買値から2倍になって、半分売却したので比率はほとんど変わらず。

 その売却資金で11月末時点で保有比率2位のウェルビーを購入。

 その他現金も使うなどしてチャームケアを大幅買い増し。

 暗号通貨の値上がりにより、暗号通貨関係の比率が3.4%→4.2%に上昇。

 現金は11%→4%に急落。

 これを受けて12月1日に株口座に現金入金。

 保有銘柄数(暗号通貨除く)は6銘柄→6銘柄と変わらずだが、これ以上は増やしたくないし、できれば5銘柄に絞りたい。

 が、恩株はまだ成長余地があると考えており、残したい気持ちが強いので、今後恩株が増えれば増えるほど保有銘柄数は増えていく予感。

 この辺は恩株云々とは関係なく、目標株価との関係で何を切って何を残すか、めりはりをつけていかなければならないと思う。

 そもそも目標株価に絶対的な自信がないこと、新規銘柄に絶対的な自信がないからこそ、過去いい思いをした感覚が残っていて目標株価がマイナスの銘柄を持ち続けている気がする。

 つまり、たまたま過去に2倍株をいくつかつかんだけど、今後も2倍株になるようないい銘柄を探し出して購入する自信があまりないので持ち続けている気がする。

 この辺は今後の課題だ。

3)目標株価比上昇余地

 以下は、保有銘柄の目標株価比上昇余地を棒グラフで表したものです

アイキャッチ

 

 これだけを見たら、串カツをさっさと売ってゴルフドゥに資金移動すればいいと思うのだけど、それができない。

 なぜできないかというと、そもそも串カツ田中の目標株価設定が間違っているのではないかという思いと、ゴルフドゥを完全に信用できていないという思いがあるためである。

 じゃあ目標株価なんて決めても意味がないのかというとそんなことはない。

 上記ほど大胆な資金の移動はできていないけど、少しずつ割振を変えたりはしている。

 これは目標株価という1つの目安を決めていたからこそできたのだと考える。

 また、今の串カツ田中の株価は行き過ぎだというのは誰もが感じていることだと思うし、そういう意味では目標株価がマイナスになっているのは仕方がない。

 ただ、私の決めている串カツ田中の目標株価は3年程度未来のEPSを基にしており、例えば今後串カツ田中5年成長を続けると仮定しそれを株価が織り込んでいると考えると、目標株価がマイナスなのは説明がつく。

 しかし、3年ですら先を見通すのは困難なのに、5年後のことなどをあてにして良いのだろうかという思いがある。

 この辺、何年先のことまで考えて投資に向かうかによって考え方は異なってくる。

 それは景気とか、個別銘柄への期待などにより変わってくるのだろうが、まぁでも個人的には3年でも十分長過ぎる気がする。

 そういう意味では、なぜ串カツ田中の株を今も持ち続けているのか説明がつかない。

 結局、一度いい思いをした銘柄を、恩株だから手放す必要はないんだという理屈付けをして感情的に手放せないだけな気もする。

 この辺はよく考えなければならない。

4)月間騰落率

 以下は、保有銘柄の月刊騰落率を棒グラフで表したものです。

アイキャッチ

 ウェルビーが買ったばかりなのでこれほどのマイナスの影響を受けてないと考えると、PFの月間パフォーマンスがよかった理由がこれを見ればわかります。

 串カツ田中を感情的に手放せないのは、もう伸びないだろうと思ってからさらにぐんぐん伸びたという経験をしてしまった影響も大きいです。

 結局こういう経験をすると「もっともっと」という欲望が尽きなくなります。

 串カツに比べてペッパーの伸びは微妙でした。

 今月はくっきりと勢いの明暗が分かれました。

 ペッパーも目標株価はマイナスですが、ペッパーの場合、来年いきなりステーキの200店舗出店目標があり、実現すれば現状の2倍の店舗数になりますし、アメリカへの進出も進めています。

 基本的に店舗が増えれば売り上げが増え、利益も増えるでしょうから、成長期待が持てます。

 串カツ田中はこの辺の直近の出店計画(目標)がよくわかりません。

 長期的には1,000店舗という目標はありますが。

 というわけで直近明確な出店数目標のあるペッパーの方が串カツよりも直近の成長期待が大きく握力は強くいられます。

ただ、既に時価総額が1,400億円とでかくはありますが。

5)含み損益率

 アイキャッチ

 串カツ、ゴルフ、フィル、ペッパー、ビットコインは既に分割利益確定をしています。

 串カツ、フィル、ペッパー、ビットコインは恩株化しているので0円になっても利益がマイナスにはなりません。

 これら恩株4銘柄については出口をどこにするかが明確でないので考えておかなければなりません。

 暴落が来たらあわてて売るみたいなことになりそうですが、あまりそれは美しくないですね。

 かと言って伸ばせる利益はできるだけ伸ばしたいですから美しいどうこうという問題でもないかもしれません。

 やはり、自分で納得できる目標株価を決めて、その付近まではホールドというのがいいような気がします。

4.その他

 戦争とか始まったら株価はどうなるんですかね。

 戦争は買いとか言いますが。

 実は、戦争関連銘柄を買いたいという思いと、でもそういう悪い方向にかけるような投資はしたくないという思いでここ最近葛藤していました。

 同じ理由で空売りも好きではありません。

 なので現物取引しかしていません。

 もっとも下げ相場になったらそんなことは言っていられないのかもしれませんが。

 はい。

 そんな葛藤をしていたのですが、ついに今日(12/1)戦争関連銘柄を買ってしまいましたw

 銘柄については、実はツイッターでもつぶやきましたが、別途12/1の株日記でも書きたいと思います。

 以上です。
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
にほんブログ村

 前月の月記では、守りに入るみたいなことを書いていたのに結局攻めてばかり。完全に賭博狂である。

投資の心構え(頭に叩き込むために毎回最後に記す。随時追記変更する)

 ①欲張り過ぎない。一気に儲けようとしない。本多先生の2割利食い、10割益半分手放しを大いに参考にして分割利益確定を。

 ②精神の安定を第一とする。自分の器に収まる投資行動を(心が落ち着かないほどのポジションは持たない)。

 ③判断・実行は拙速でもよいので迅速に。

 ④無駄に売買しない。調子に乗って軽はずみな悪手を打たない。

<念のための注意書き>

 この記事で私が書いたことは私の独断と偏見と妄想が多分に含まれております。

 また、この記事に書いた通りの投資行動を私自身がとることを保証するものでもありません。

 割とその時に直感的に感じた通りに行動する方なので、昨日と今日どころか、一瞬前と今で言動がコロコロ変わりますので書いていることをあまり鵜呑みにしないでください。

 目標株価についてもその株価になるまで売らないということを表明するものではありません。

 目標株価に達しなくても突然売ることもありますし、目標株価を超えても売らない場合もあります。

 くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします。

 このブログの情報を基に何らかの行動をして損害・損失・その他被害を被っても私は一切責任を負えません。

 予めご了承願います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

グーグル提供の関連コンテンツ
関連記事