スポンサーリンク
カスペルスキー セキュリティ

串カツ一部売却でご褒美&ウェルビー買い増し&ゴルフドゥ良材開示&暗号通貨の現実(前年末比+152.65%):株日記11(2017/11/28)

アイキャッチ

 

 前日の状況はこちらです。

 はい。

 今、アニメタルを聴きながらこの記事を書いています。

 特に「宇宙戦艦ヤマト」と「ペガサス幻想」と「薔薇は美しく散る」がかっこいい。

 これら3つの曲の共通点は元の曲もかっこいいということ。

 ちなみにこれらのアニメ自体は大して見ていないので詳しい内容は知りません。

 以上、どうでもいい情報でしたw

 はい。

 今日は昨日書いた通り、3547串カツ田中を一部売却しました。

 そしてこの売却資金で窓を埋める動きで下がっていたウェルビーを買い増ししました。

 これらについては「2.売買」でもう少し詳しく書きます。

 ちなみに、昨日の記事で『マネーの公理』の教えに従い、串カツ売却による(中間)ゴールを実感するために自分にご褒美をやると書きました。

 そして「気持ちいいマッサージにでも行ってくるかw」と書きました。

 今朝までそのつもりだったのですが、売却後、「なんか違うな」という悟りモードになり、結局スタバ→昼食いきなりステーキという贅沢コースにしようと思いました。

 人によっては贅沢どころかありきたりな日常コースと思われるかもしれませんが、最近あまりスタバに行ってなかったし昼食も同じものばかり食っていたので、マッサージよりもそっちがいいと心が言ってました。

 なのでそれに従うことにしました。

 約2か月ぶりのいきなりステーキ訪問でしたが、その印象は別の日の株日記(特にネタがない時)でも書きたいと思います。

 一言だけ言っておくと宇都宮のお店は相変わらず人気でした。

 はい。

 今日は、株については6銘柄中3銘柄(串カツ、ゴルフ、フィル)が上昇、3銘柄(チャームケア、ウェルビー、ペッパー)が下落となりました。

 具体的には、串カツ田中が前日比+270円(+5.18%)の5,480円、ゴルフドゥが+25円(+2.59%)の990円、フィルカンパニーが+5円(+0.12%)の4,230円となりました。

 一方、チャームケアは前日比-107円(-4.00%)の2,569円、ウェルビーが-10円(-0.32%)の3,105円、ペッパーが-80円(-1.13%)の7,010円となりました。

 暗号通貨については、zaifの15:00の価格でビットコインが前日同時刻比+46,125円(+4.28%)の1,123,515円とさらに上昇していました。

 暗号通貨と言えば私は、去年(2016年)の9月に遊びでモナコインを4円で9,000個買って、今年(2017年)の1月に3.1円で損切りしましたw

アイキャッチ 

 それが今確認したら850円。

 アイキャッチ

 たらればですが、9,000個そのまま握っていれば1年ちょっとで212.5倍で760万円の利益でした。

 もっともそんなことはどう考えても不可能なのですが。

 はっきり言ってビットコインにしろモナコインにしろ、どこまで上がるのか予測不可能で株のように目標株価を決められません。

 なので恐らく奇跡的に握力を発揮しても私の性格上10倍くらいで喜んでほとんど手放していたでしょう。

 これだと30万円位の利益。

 まぁ私の今の器では現実はそんなもんでしょう。

 あ、現実は損切したのかw

 30万円すら夢でしたw

 それが現実ッ!

 ただ、これを教訓にビットコインは今も握り続けています。

 もっとも、分割利益確定を繰り返し、当初の25分の1まで削られていますがw

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

1.各指数との比較

 以下は、各月末と当月の前日比、の私の投資資産の騰落率、各指数の騰落率、日経平均予想PER、日経平均予想EPS、日経平均騰落レシオ(25日)などを表にしたものです。(前日の仮計算の確定利益は正しい数値に修正済み。今日の確定利益は仮計算)

※クリックすると拡大します(以下の表も同じ)

アイキャッチ

 

 今日は日ベースでは日経平均に負けて2位でした。

 週ベースでは東証2部指数以外には全て負けて4位でした。

 串カツ田中の一部利益確定により20%税金が引かれたのが負けた大きな要因です。

 具体的には、

 日ベースでは、前日比-0.13%となりました。

 週ベースでは、前週末比-0.97%となりました。

 ちなみに、月ベース、年ベースでは各指数との比較で1位を維持しています。

 具体的には、

 月ベースでは、前月末比+34.77%となりました。

 年ベースでは、前年末比+152.65%となりました。

 PFは前週末、前日に次いで年初来3番目の高値となりました。

 

 また、串カツ田中の一部売却で確定利益(仮計算)は前年末比で

 税引前:64.62%→80.65%

 税引後:51.50%→64.26%

 となりました。

2.売買

 冒頭に書いた通り、今日は串カツ田中を一部利益確定し、ウェルビーを買い増ししました。

1)串カツ田中一部利確

 串カツ田中を5,490円で一部利確しました。

 約+270%の利益となりました。

 売却理由は現在決めている目標株価から大幅にかい離(今日の終値で約50%)していてさすがに分割後は急落するだろうと思ったからです。

一方で全部売らなかったのは、とりあえず現状右肩上がりのチャートを作っていること、5,000円を超えているのでこの株価を維持すればさらに分割の可能性があること、1部昇格実現時のさらなる上昇の期待、これに代わる新たな銘柄をまた1から探すことのめんどくささwなどによるものです(ウェルビーの購入で1軍の中でも今買いたいものはなくなった)。

 今日は3分割後初日ということで、寄付から一瞬急上昇してから急落という展開を想像していました。

 以前メガネスーパー改めビジョナリーホールディングスの初日にそういう動きを経験していて、今回はしっかり9:00から板を見ていこうと思ってました。

 そしてその急上昇に乗っかって売ってやろうと思ってました。

 1分足を見返してみると、寄付から7分でこの日最高値の5,900円をつけ、8分で5,470円まで急落しています。

 この8分の急落時に慌てて売りましたw

 上昇の勢いを見ていてもしかしたら6,000円にタッチするかななんて思いましたが、そんなに甘くはありませんでしたw

 まぁ前回のビジョナリーの売却の時よりはうまく売れたと思います。

 既に書きましたが、終値は前日比+270円(+5.18%)の5,480円で今日のところは暴落しませんでした。

 明日はどうなるかわかりませんが。

2)ウェルビー買い増し

 前日に新規購入したウェルビーを2,970円で買い増ししました。

 串カツ田中を一部売却した後、ウェルビーが前日日足の窓を埋めるかのように下がっていくのを見て、5分足で値動きを見ていました。

 ボリンジャーバンドの-2σをなぞるように下落した後、陽線が1本出たのを確認して串カツの売却資金で買いました。

3.保有銘柄の状況

1)まとめ表

以下は、個別株、暗号通貨、現金の現時点の比率、前週末比騰落、目標株価等をまとめた表です。

アイキャッチ

 今日もサボって表を載せるだけにとどめますw

4.ゴルフドゥ立会外取引による自己株買い

 今日の引け後にゴルフドゥが立会外取引による自己株式取得のIRを出しました。

 今日の終値990円で明日(2017/11/29)の午前8:45の名古屋証券取引所の自己株式立会外買付取引による買付の委託を行うとのことです。

 上限11万株(発行済株式総数に対する割合4.32%)、取得価額の総額1億890万円(上限)とのことです。

 結果は明日午前8:45の取引終了後に取得結果を公表するとのことです。

 注記として、市場動向等により一部または全部の取得が行われない可能性もあること、ゴルフドゥの株主であるラオックス他2者より保有している株の売却意向を有している旨の連絡を受けているとの記載があります。

 ここで、この記事で感想を書いたv-com2さんの書籍、『最強のファンダメンタル株式投資法』であげられている観点でこのことが何にどんな影響を与えるのか自分なりに復習してみます。

 v-com2さんはこの書籍で自己株式関連の影響について5つのパターンを書かれています。

 どんなパターンがあるのかはこの本を読んで勉強してみてください。

 今回は、立会外取引で自己株式を取得するパターンです。

 書籍では3つの観点で影響を書いています。

 その3つとは、企業が保有する現金の観点、EPSの観点、市場の需給の観点の3つです。

 ここでは、直接書籍に書かれている内容を書くことはしませんが、この3つの観点で影響を考えてみます。

 まず、自己株式を買うので、当然ゴルフドゥの現金は減ります。

 次に、EPSとは1株当たり利益です。

 で、正確な表現ではないのですが、考え方としては、1株当たりの利益なので、純利益を発行済株式の総数で割れば算出できます。

 ただ、この1株あたりの利益を出す際には、発行済み株式の総数から自己株式数を除いて計算するのが一般的なようです。

 ネットで調べてたら日経新聞でも以前は自己株式を含めてEPSを算出していたようですが、これを2015年1月26日から自己株式を除いて計算するよう改めたようです。

 ウィキペディアによると、日本の会計基準で自己株式を除いてEPSを計算することがどうも定められているようです。

 はい。

 なので、この日本の会計基準でEPSを考えれば、自己株式数が多ければ多いほど株の数が少なくなるので1株当たりの利益=EPSが大きくなります。

 というわけで、自己株買いをするとEPSが大きくなります。

 株価=EPS×PERと考えれば、この計算式が機能している株であれば、PERが一定ならば、EPSが増えれば株価も上がると考えることができます。

 最後に市場の需給の観点です。

 今回立会外取引でラオックス他2社から通常の取引時間外に固定価格の990円で買う予定とのことなので、市場での需給に直接的な影響は有りません。

 これらを総合して、株価がどうなるかということですが、私としては、株価=EPS×PERという数式を目標株価算出にも取り入れており、ゴルフドゥの目標株価もそれで算出しているくらいなので、今回のことはプラスの影響があると考えます。

 ただ、短期の株価は需給で決まる面もあり、その需給には今回影響がないので短期のことはわかりません。

 まぁでも明日は普通に考えたら上がるのではないでしょうか。

 あ、v-com2さんの『最強のファンダメンタル株式投資法』は複眼的に投資行動を考えることができるようになる本だと思うのでおすすめです。

 以上です。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
にほんブログ村

 書きたいことを思いつくまま書いていたら4,000字を超えてしまった。

投資の心構え(頭に叩き込むために毎回最後に記す。随時追記変更する)

 ①欲張り過ぎない。一気に儲けようとしない。本多先生の2割利食い、10割益半分手放しを大いに参考にして分割利益確定を。

 ②精神の安定を第一とする。自分の器に収まる投資行動を(心が落ち着かないほどのポジションは持たない)。

 ③判断・実行は拙速でもよいので迅速に。

 ④無駄に売買しない。調子に乗って軽はずみな悪手を打たない。

 ⑤利益確定(一部含む)したら自分にどんなご褒美を与えるか予め決めておく。

<念のための注意書き>

 この記事で私が書いたことは私の独断と偏見と妄想が多分に含まれております。

 また、この記事に書いた通りの投資行動を私自身がとることを保証するものでもありません。

 割とその時に直感的に感じた通りに行動する方なので、昨日と今日どころか、一瞬前と今で言動がコロコロ変わりますので書いていることをあまり鵜呑みにしないでください。

 目標株価についてもその株価になるまで売らないということを表明するものではありません。

 目標株価に達しなくても突然売ることもありますし、目標株価を超えても売らない場合もあります。

 くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします。

 このブログの情報を基に何らかの行動をして損害・損失・その他被害を被っても私は一切責任を負えません。

 予めご了承願います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

グーグル提供の関連コンテンツ
関連記事