スポンサーリンク
カスペルスキー セキュリティ

新規銘柄購入!&フィルカンパニー半分売却とその理由(前年末比+152.99%):株日記10(2017/11/27)

 

 前週末の状況はこちらです。

 はい。

 今日は3267フィルカンパニーを半分売却し、それでできたお金で新規銘柄の6556ウェルビーを購入しました。

 フィルカンパニーの売却理由などについては「2.売買」で後述します。

 ウェルビーの購入理由などについては、今日は時間がないので後日別途書きたいと思います。

 はい。

 今日は株については、6銘柄中3銘柄(ゴルフ、チャームケア、ウェルビー)が上昇、3銘柄(フィル、串カツ、ペッパー)が下落となりました。

 具体的には、前週に引き続きゴルフドゥが+145円(+17.68%)と爆騰しました。

 高値970円となっているので、一時ストップ高まで上がったようですね。

 私は今日知ったのですが、どうもダイヤモンドZaiにまた取り上げられたみたいですね。

 「地方上場株で成長できる隠れ10倍株を見つけよう」みたいな感じの特集のようです(こちら)。

 ゴルフドゥは名証セントレックスへの上場ですから、地方上場株としてその特集で紹介されたようです。

 注目されて資金が入ってくるのは株主としてはありがたいことです。

 はい。

 

 チャームケアは、+156円(+6.19%)とこちらも大きく上昇してくれました。

 ただ、ボリンジャーバンドの+2σを日足と月足で抜けていて、週足でも+2σに上髭の先っちょが接しているという感じです。

 だから翌日どんな値動きになるのかと言われたら、よくわからないのですがw

 まぁここのところ勢いよく上昇しているというのは間違いないです。

 はい。

 ウェルビーは、日足、週足で窓をあけて+210円(+7.23%)の上昇となりました。

 次は下落した3銘柄についてです。

 フィルカンパニーは-350円(-7.65%)ときつめの下落となり、この値動きを見て半分売却しました(詳細は後述)。

 串カツ田中も前場で17,370円まで行って驚きましたが、結局終値は前日比-350円(-2.19%)の15,630円となりました。

 明日から3分割となります。

 値動き次第ですが、自分が決めた目標株価とのかい離が激しくなっていますし、一旦一部利益確定の売りが出るのではないかと思うので、明日一部売ろうかなと現時点では考えています(気が変わる可能性も十分あります)。 

 はい。

 ペッパーは、-70円(-0.98%)でした。

 一時の値動きの激しさが嘘のように、日足で見てもここのところはヨコヨコ状態です。

 尚、暗号通貨については、ビットコインがついに100万円の大台を突破しました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

1.各指数との比較

 以下は、各月末と当月の前日比、の私の投資資産の騰落率、各指数の騰落率、日経平均予想PER、日経平均予想EPS、日経平均騰落レシオ(25日)などを表にしたものです。(ただし、1月~5月の各指数の前日比の記録はなし。当日の日経平均予想PER,EPS,騰落レシオの記載もなし)

※クリックすると拡大します(以下の表も同じ)

アイキャッチ

 今日は日ベース、週ベースではすべての指数に負けました。

 フィルカンパニーの半分利益確定により20%税金が引かれたのが負けた大きな要因です。

 具体的には、

 日ベースでは、前日比-0.83%となりました。

週ベースでは、前週末比-0.83%となりました。

ちなみに、月ベース、年ベースでは各指数との比較で1位を維持しています。

具体的には、

月ベースでは、前月末比+34.95%となりました。

年ベースでは、前年末比+152.99%となりました。

PFは前週末に次いで年初来2番目の高値となりました。

また、フィルカンパニーの売却で確定利益(仮計算)は前年末比で

税引前:45.77%→64.60%

税引後:36.47%→51.46%

となりました。

ちなみに、これまで暗号通貨が365日取引できる関係上、土日も暗号通貨の価格を確認し、記録し、パフォーマンスを計算していましたが、ほとんど資産の増減に影響がないのにそれに時間を使うのが無駄な感じがしたのでやめました。

今後は、株の取引日ベースでのみ記録・パフォーマンス計算をすることとします。

2.売買

 冒頭に書いた通り、今日はフィルカンパニーを半分売って、新規銘柄のウェルビーを購入しました。

1)フィルカンパニー半分売却し恩株化

 昨日この記事で『マネーの公理』の読書感想文を書きました。

 感想文を書くために線を引いた箇所を読み返していました。

 次の引用箇所にも線を引いていたので、当然目にしました。

 ジェラルド・ロブの経験則は、株価が、自分が保有している間に付けた最高値から10~15パーセント下落したら、利益が出ているか、損しているかにかかわらず売却すべきというものだ。フランク・ヘンリーは、もう少し余裕をみて10~20パーセントとしていた。ほとんどのプロの投機家は、同様のルールを採用している。

(マックス・ギュンター著『マネーの公理』より引用)

 今日のフィルカンパニーの値動きを見ていて、この引用箇所を思い出しました。

 今日フィルカンパニーは実質上場来高値の5,080円をつけました。

 そこから10%の下落で4,572円、15%の下落で4,318円です。

 昨日この引用箇所を見たのは何か意味があるのかなと直感的に思いました。

 また、目標株価には到達していないものの、買値からは既に倍以上にはなっており、本多先生の10割益半分手放しを実行するタイミングだとも思いました。

 というわけで、4,300円で半分売却しました。

 税引き前で約123%の利益となりました。

 恩株化です。

 中長期で見ればまだまだ株価は上昇すると思いますが、強欲を戒めるためにもここで一旦半分利益確定としました。

 ちなみに『マネーの公理』ではこんなことも書いてあります。

「終わったことを自分に納得させるための優れた方法は、何かしらの褒美を設けることだ。メダルでもいい。あなたが決めたゴールに達したら、儲けの一部を使って、新しい車、新しいコート、あるいはバンジョーでもいい、あなたを幸せにする何かを買うと、前もって自分に約束するのだ。奥さんや友人を、一番高級なレストランに連れて行き、桁外れに高い食事をご馳走することだっていい。

 そうすれば、投機の終わりは、楽しみを伴うものになる。実際に、ベテランを含む多くの投機家は、こうした心理的な戦術を使っている。

 (中略)

 重要なことは、馬鹿らしいと思えるような褒美でさえ、終わりの感覚をもたらすことができるということだ。あなたにもこれが通用するようであれば、心に留めておくことだ。

(マックス・ギュンター著『マネーの公理』より引用)

 いわゆる自分へのご褒美ですね。

 自分へのご褒美というと自分に甘い人を象徴する行動のように思えますが、確かに終わりの感覚を行動で実感するというのは有用な気がします。

 私にとっての中間地点のゴールは10割益半分手放しです。

 前もって何を買うかは決めてませんでしたが、この利確を機に、最近カブに乗っていて手が寒いので、バイク用品店に行ってグローブを買いました。

 前年のモデルで3割引きで5,000円と安い物ですが、とにかく書いてあることを実行したかったのでやってみました。

 確かにやってみると、利益を確定して買ったんだなという実感が湧きました。

 明日もし串カツを利確したら何を買おうかな。

 気持ちいいマッサージにでも行ってくるかw

2)ウェルビー新規購入

 フィルカンパニーのことを長く書きすぎたのでこちらは今日のところは簡潔に。

 スマホで1軍銘柄に入れて時々値動きを監視していたウェルビーを購入しました。

 3,045円で買いました。

 今日は窓をあけて上がってしまったので、この後窓を埋めるような値動きをしないか気になりますが、下がったら買い増せばいいやくらいの気持ちで勢いで買ってしまいました。

 目標株価は5,459円としました。

 後日購入理由や目標株価の背景も書きたいと思います(たぶん)。

3.保有銘柄の状況

1)まとめ表

以下は、個別株、暗号通貨、現金の現時点の比率、前週末比騰落、目標株価等をまとめた表です。

アイキャッチ

 

 この後、昼間さぼっていた仕事をしなくてはいけないので、今日は表を載せるだけにしておきます。 

 以上です。
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
にほんブログ村

 終わりの感覚を得るために自分にご褒美を与えるという行動は今後も取り入れていきたい。ということで以下に⑤として追記。

投資の心構え(頭に叩き込むために毎回最後に記す。随時追記変更する)

 ①欲張り過ぎない。一気に儲けようとしない。本多先生の2割利食い、10割益半分手放しを大いに参考にして分割利益確定を。

 ②精神の安定を第一とする。自分の器に収まる投資行動を(心が落ち着かないほどのポジションは持たない)。

 ③判断・実行は拙速でもよいので迅速に。

 ④無駄に売買しない。調子に乗って軽はずみな悪手を打たない。

 ⑤利益確定(一部含む)したら自分にどんなご褒美を与えるか予め決めておく。

<念のための注意書き>

 この記事で私が書いたことは私の独断と偏見と妄想が多分に含まれております。

 また、この記事に書いた通りの投資行動を私自身がとることを保証するものでもありません。

 割とその時に直感的に感じた通りに行動する方なので、昨日と今日どころか、一瞬前と今で言動がコロコロ変わりますので書いていることをあまり鵜呑みにしないでください。

 目標株価についてもその株価になるまで売らないということを表明するものではありません。

 目標株価に達しなくても突然売ることもありますし、目標株価を超えても売らない場合もあります。

 くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします。

 このブログの情報を基に何らかの行動をして損害・損失・その他被害を被っても私は一切責任を負えません。

 予めご了承願います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

グーグル提供の関連コンテンツ
関連記事