スポンサーリンク
カスペルスキー セキュリティ

株主なので宇都宮のゴルフドゥに偵察に行ってきた。うーん…

 この間の日曜日に弱小ではあるものの一応株主なので、現地現物を確認する意味で宇都宮のゴルフドゥに行ってきました。

 ゴルフは全くやらないので行っても買うものがないのですがw

 だから、店内を1周して出てきてしまいましたw

 挙動不審に見えたかもしれませんが、店員さんに声をかけられても何も買えないし何も答えられないので仕方ありませんw

 「株主なのでお店の雰囲気を見に来た」

 と正直に伝えてもよかったとは思うのですが、何か偉そうだし、素のお店の状態を見たい気持ちもあったのでなるべく声をかけられないようにしようという作戦で行きました。

 はい。

 というわけで、ささっと出てきてしまったので、たぶん滞在時間は5分間もなかったと思います。

 そんなわけで、以下書くのはそんな短い時間で感じた一個人のしかもゴルフをやらない人間の適当な感想であることが大前提です。

 それが大前提ですが、それでもやはり現場に行くとお店の雰囲気的なものは感じられました。

 ホームページによれば宇都宮には2店舗あるようなのですが、1店舗はゴルフ練習場が併設されているということで、なんとなくそっちは行きにくい感じがしたので店舗のみの宇都宮鶴田店に行きました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

株主なので宇都宮のゴルフドゥに偵察に行ってきた

 

 夕方5時過ぎ位に行きました。

 以下、今思いついた順に感想など箇条書き。

 ・駐車場は割と埋まっており、後述する近隣の同業2店舗と比較してもお客さんは割といた印象。

 ・中古ゴルフクラブ店であることを売りにしているせいか、近隣の同業2店舗と比較すると割と庶民的な方(おじちゃん)が多かった印象。

 ・その常連と思われるおじちゃんと店員さんが互いに良い意味で気を使わない感じで談笑していた。

 ・店内はとてもきれいだった。

 ・お店の中に試打する場所があって驚いた(けど、近隣の同業2店舗にもあったのでそんなものなのかな)。

 ・休憩スペースがあり、無料で珈琲などが飲めるドリンクサーバーがあった。

 (たしかホームページにもそんなことが書いてあった気がしたので驚きはしなかったけど。記憶が確かならば一緒に来た家族が休むスペースの意味合いだったかと)

 ・値段は見てもわからないので全く見ていない。

 ・お店の外に中古クラブ買い取りのポップが大きく貼り出されていて目立つ感じだった。

 ・目立ちにくい立地なのか、私の空間認識が弱い(方向音痴だったり、探しているものが目に入らなかったりする)せいか、道路沿いにあるのに最初お店に気づかずに通り過ぎてしまった。

 ・入店した時に「いらっしゃいませ」の挨拶がなかった。

 ・店内を歩いている時に店員さんが私を一瞥して目が合ったものの、にこりともせず何のあいさつもなかったのは残念だし、これは客商売としてまずいのではないかと直感的に思った。

 ・その後、店内を歩いていても一度もあいさつされることはなかった。

 私としては、お客さんが割と入っているとはいえ、「いらっしゃいませ」のあいさつがないのはちょっとまずいのではないかと思った。

 ただ、ゴルフをしない人間がゴルフクラブのお店を短時間で1店舗見ただけでは、正直よくわからないので比較のため近隣の2店舗も偵察に行ってみた。

近隣の同業他社2店舗にも行ってみた

ゴルフ5

 

 まずはゴルフ5さんを訪れた。

 看板が大きくて目立つ。

 2階建ての大きなお店で少し高級そうな印象(実際そういうお店なのか知らない)。

 ちょっと調べたらスキー用品のアルペンのグループらしい。

 駐車場には割と車が停まっていたが、店内にお客さんはあまりいない様子だった。

 隣にあるバッティングセンターの客の車だったのかもしれない。

 入口に入った瞬間にカウンター(レジ?)にいた女性の店員さんがこちらを見て「いらっしゃいませ」とあいさつ。

 まぁ普通そうだよなと思った。

 少しふらふらして2階にも行ってみる。

 そこでも店員さんにあいさつされた。

 2階から1階に降りてお店を出る時も最初の女性の店員さんがあいさつしてくれた。

 お客さんがいないせいで、私が入ったことが目立つからあいさつしてくれたのかもしれないが、まぁこれが普通だよなとは思った。

有賀園ゴルフ

 

 次に有賀園ゴルフさんを訪れた。

 私がお店に入るときにちょうど帰るお客さんがいて、お店の外で若い女性の店員さんが「ありがとうございました」と深々とお辞儀をされていた。

 そしてそのお客さんを見送るとお店に入る私に背後から「いらっしゃいませ」とあいさつしてくれた。

 店内には少しお客さんがいた(ゴルフドゥほどではなかった)。

 店内を歩いているとやはりすれ違う店員さんがあいさつしてくれた。

結論:うーん…

 比較したとか書いたけど、結局挨拶のことしか書いていないw

 つまり、私が気にしているのはそこなのである。

 あいさつするって客商売だからとかの以前に基本中の基本だと思う。

 たまたま私が訪問した時がタイミングが悪く挨拶がなかっただけなのかもしれない。

 この店舗はアルバイトや中途社員の募集をしているようなので店員さんが足りなくて余裕がないのかもしれない。

 はたまた他のお客さんの接客中だったのかもしれない。

 

 でも、直観的にこの会社に大金を投資していいのだろうかと思ってしまった。

 たった1店舗のあいさつ云々で投資判断を決めるのはおろかなのかもしれない。

 またあいさつにこだわるという考え方が古臭いのかもしれない。

 でもこれがゴルフドゥを訪れて感じた正直なところなのである。

 自分のプライドが傷つけられたからとか、そんな小さな問題ではない。

 挨拶という基本ができない会社(正確には1店舗だけど)が計画通りにきちんと店舗数を伸ばして成長できるのだろうかと思ってしまったのである。

 つまり、この会社への信頼感が下がってしまったので、投資していいのだろうかと思ってしまったのである。

 考え方が単純と言えば単純だし、思い込みが激しいといえばそうなのかもしれない。

 しかしそう思ってしまったのは事実である。

 帰宅後、過去に会社が発信している資料(株主通信など)を改めてざっと読みなおしてみた。

 すると、結構過去に書かれている計画が実現していない例が見られた(店舗数を伸ばす計画など)。

 途中リーマンショックとかはあったけど、それを考慮してもうーん…と思った。

 ただ、信用できなくなってからではなく、投資する前にちゃんと株主通信くらい過去分も読んどけって話だけどw

 この辺が私が投資家として雑なところである。

 雑なんだけど今は運の良さに助けられてうまくいっている。

 はい。

 尚、その過去時点と現在の社長は同じ社長である。

 こうなってくると将来の数字も信頼できなくなってくる。

 ただ、過去の計画が実現していないから、将来的にもだめかというとそういう決めつけもよくない。

 株価もここのところの売上利益の実績・見込みもいい感じである。

 だから今回の件で株を全部売ってしまおうとは思わない。

 しかし、私は数字だけでなく自分の感覚・直感も割と重視して投資に向き合っている。

 その直感により、このままの金額を投資するのは許容できないと思ってしまった。

 というわけで、月曜日(つまり今日)には一部利食いしてしまおうと日曜日(つまり昨日)の時点で決めた。

 拙速でもいいので思い立ったら即行動が私のルールである。

 その行動結果は、別途投稿する予定の今日の分の株日記をご覧ください。

 以上。
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
にほんブログ村

投資の心構え(頭に叩き込むために毎回最後に記す。随時追記変更する)

 ①欲張り過ぎない。一気に儲けようとしない。本多先生の2割利食い、10割益半分手放しを大いに参考にして分割利益確定を。

 ②精神の安定を第一とする。自分の器に収まる投資行動を(心が落ち着かないほどのポジションは持たない)。

 ③判断・実行は拙速でもよいので迅速に。

 ④無駄に売買しない。調子に乗って軽はずみな悪手を打たない。

<念のための注意書き>

 この記事で私が書いたことは私の独断と偏見と妄想が多分に含まれております。

 また、この記事に書いた通りの投資行動を私自身がとることを保証するものでもありません。

 割とその時に直感的に感じた通りに行動する方なので、昨日と今日どころか、一瞬前と今で言動がコロコロ変わりますので書いていることをあまり鵜呑みにしないでください。

 くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします。

 このブログの情報を基に何らかの行動をして損害・損失・その他被害を被っても私は一切責任を負えません。

 予めご了承願います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

グーグル提供の関連コンテンツ
関連記事