スポンサーリンク
カスペルスキー セキュリティ

現在の強運と良い流れについて:強運を引き寄せるためにしてきたことも紹介

 投資資産週末チェック記事の冒頭の文章として自身の強運について書いていたら3,000字以上になってしまいました。

 なので、その冒頭に載せるつもりだった文章だけでこの1記事としました。

 はい。

 今、私には強運の追い風が吹いています。

 その流れに乗って株でうまくいきすぎています。

 明らかに実力以上の成績を出しています。

 また、株以外でもその流れを実感しています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

株以外の強運・良い流れ

 バイトも個人事業主の仕事も楽しんでやれておりとてもうまくいっています。

 家族・友人・バイトの同僚・その他関係者との関係も良好であり、人間関係の悩みもありません。

 これらは、この記事で読書感想文を書いた桜井章一さん(雀鬼)の生き方

 「自分に合うか合わないか、楽しいかどうか、という感覚に従って判断・決断する」

 ということを積み重ねてきた結果であるかもしれません。

 自分の責任で、自分の自由意志で決断して自分の人生を創るという考え方も現状の良い流れを引き寄せていると思います。

 はい。

 もっと具体的な良い流れというか強運についての例をあげます。

 今日弟に頼まれてニンテンドースイッチを買いに行きました。

 息子(私から見たら甥っ子)のクリスマスプレゼントにどうしても買ってやりたいとのことです。

 しかし、需要に供給が追い付かないのか、今在庫切れで入手がなかなか難しいみたいですね。

 子どもがいないし、ゲームはほとんどやらないのでよく知らないのですが。

 任天堂の株価ってこの影響で調子がいいのですかね?(大型株なので興味が薄く事情を知りません)

 ともかく、そんな状況なので弟はなかなか買えないでいました。

 そんな購入が難しい状況の中、私は某店に買いに行ったのですが、抽選で買えるかどうかが決まる状況でした。

 平日の昼間に直接お店に行ってくじを引かなければならないので、真っ当なサラリーマンである弟は行けません。

 そんなわけで、昼間時間のある私がくじを引きにお店に行くことになりました。

 行ってみて驚いたのは、平日朝にも関わらず開店前に既に広い駐車場が満車になっていたことです。

 それだけみんな欲しいのでしょうね。

 こどもにクリスマスプレゼントを買う時期でもあるのかな。

 ともかく開店前のお店の前でくじを引きました。

 で、抽選結果は13:00に店内で掲示されるとのことでした。

 どの位の倍率なのか知りませんが、私は今いい流れにあるのでたぶん当たるのではないかと根拠のない自信を持っていました。

 13:00過ぎに再びお店に行きました。

 掲示を見るとやはり私のくじの番号が書かれていました。

 掲示されていたいくじの番号(最も大きい数字)と当選数から推測すると少なくとも3.4倍の競争倍率であったようです。

 人材不足に悩む介護職の求人倍率がたしかこの位だった気がします。

 その程度の倍率を乗り越える程度には強運の追い風が吹いています(例えわかりづらいかw)

 早速弟に当選を電話で報告すると大変喜んでいました。

 はい。

 

 ところで、強運の流れにあるからという理由で宝くじを買うかといったら買いません。

 ちょっとネットで調べたら年末ジャンボ宝くじ(第633回)の4等10万円の当選確率が1万分の1らしいですね。

 10万円ですら、当てるのに1万倍の確率!

 3.4倍の比ではありません。

 強運を自認する私でもこれには当たる気がしませんw

 同じ10万円を稼ぐのなら株をやりますw

 で、こんな宝くじで勝負してたら逆に運気の流れが悪くなる気がしますので絶対やりませんw

 そもそも年末ジャンボ宝くじ自体買ったことがありませんw

 はい。

 良い流れを保つためには、こういう割の悪いギャンブルに手を出さないことも大切な気がします。

株での強運・良い流れ

 自分の投資人生を後に振り返ったときに、間違いなく、あの頃は地合いと強運に恵まれて全てがうまくいったと今の状況を振り返ることになるでしょう。

 以下のグラフは、現在の保有銘柄の保有期間を示しています。

アイキャッチ

 今3連続ストップ高している3267フィルカンパニーの保有期間は現時点でたった2週間です。

 というか、買った8日後に材料が出ました。

 また、3053ペッパーは買った4日後に1部上場昇格の材料が出ました。

 3547串カツは3回入り直してはいますが、その後右肩上がりに上昇しています。

 3032ゴルフドゥを買った後の上昇も割といい感じです。

 尚、保有銘柄の現在の含み損益率は以下のようになっています。

アイキャッチ

 ビットコインは11倍以上と別格ですが1年以上保有していることもあり、ここでは置いておきます。

 はい。

 上であげたフィルカンパニー、串カツ、ペッパー、ゴルフは短期間でこれだけの上昇をしています。

 ペッパーがもうすぐ3倍、串カツは2.6倍、フィルが1.7倍弱、ゴルフが1.2倍強です。

 株は買うタイミングにパフォーマンスが大きく左右されます。

 この3か月ちょっとの間の買いのタイミングには自身の強運を感じます。

 昔から運だけは良いと思っていましたが、それでもこの買いのタイミングの良さには驚きます。

 もちろん地合いの良さという背景があってのことです。

 しかし、そんなタイミングでサラリーマンを辞めてこれまでよりも投資に力を入れていること自体やはり運がいいのです。

 もちろん運をつかむために株の勉強はしてきたと思います。

 また、過去の保有銘柄にこだわらず、違和感や前提崩れと判断したら拙速でもよいので早め早めに保有銘柄を入れ替えてきたことが当たっている面もあります。

 例えば、イーレックスやメガネスーパー改めビジョナリーホールディングスはそのような考えで切りました。

 これら銘柄もいずれ芽が出る可能性は高いとは思うのですが、私自身の性格がせっかちなのと、値動きの癖に相性の悪さを感じたり、思っていたシナリオが崩れたりしたので売却してしまいました。

 そうすることで上記銘柄を新たに購入したり、買い増ししたりすることができました。

 この辺の判断・決断が運を引き寄せた面もあると思います。

 ともかく、それにしてもこの3か月間は運が良すぎるいい流れの中にあります。

 死ぬまでこの流れの中にあればよいのですが、株価と同じでいずれ流れが変わるときがくるでしょう。

 その現実は頭の片隅に置いておきつつ、しかし、この良い流れをできるだけ長く保てるよう、調子に乗りつつも乗り過ぎずに、軽はずみに流れを変えるような悪手は打たないよう心がけたいと思います。

 宝くじに手を出すに等しいような悪手は打たないよう気を付けたいと思います。

まとめ(実体験から強運を引き寄せる方法について思うこと)

 実体験から考えるに、強運をつかむためには、そもそもそれをつかむための土俵に自分が上がっている必要があるように感じます。

 土俵に上がるためには、その土俵に上がるための勉強が必要です。

 株で例えます。

 株だったら株の勉強をすることが必要です。

 で、勉強して土俵に上がったら、その土俵の上で勉強の成果を実践し、試行錯誤して経験を積みます。

 そうすることで経験を伴った自分の方針・型・考え方みたいなものが見えてくると思います。

 あとは、その方針・型・考え方を基に決断を積み重ねることだと思います。

 その中で、自分の方針に合う「これは!」と思う株に出会うことができるようになり、その中から運よく芽を出す銘柄が表れるのだと思います。

 ポイントは、自分の責任で、自分の自由意志で方針を決め、自分の責任で、自分の自由意志で決断をするというところにあると思います。

 そして、いくら方針を決めても、細かい判断になればなるほど、感覚で判断する場面が出てくると思います。

 大方針には従いつつも、私は直感とか感覚も大事にして、思い立ったら拙速でもいいから即判断・決断を心がけてきました。

 

 そういった一連の行動が強運を引き寄せ、良い流れに乗ることができた一因になっている気がします。

 上述した桜井章一さんは麻雀のプロですが、日常生活の全てが勝負につながっていると考えていたそうです。

 私も日常生活から、自己責任、自由意志、自分で決断、心に聴く、楽しく、といったことを心がけて生活するようになってから人生が良い流れになっている気がします。

 これが私が実体験から思う、強運の引き寄せ方、人生を良い流れにするための私の方法です。

 ↓この桜井章一さんの本の感覚を大事にするという考え方に少なからず影響を受けました(読書感想文を書いた記事はこちら

  おわり
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

 感覚的な話で「何言ってんだこいつ?」的なことを思う方もいるかと思いますが、割とガチで私はこの方法で人生が明らかに好転したと思っています。まぁ本文では触れませんでしたが、全ての出来事を前向きに解釈する的な考え方もパワーを発揮すると思います。

<念のための注意書き>

 この記事で私が書いたことは私の独断と偏見と妄想が多分に含まれております。

 また、この記事に書かれている情報、引用等している情報の正確さを保証するものでもありません。

 くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします。

 このブログの情報を基に何らかの行動をして損害・損失・その他被害を被っても私は一切責任を負えません。

 予めご了承願います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

グーグル提供の関連コンテンツ
関連記事