スポンサーリンク
カスペルスキー セキュリティ

3267フィルカンパニー目標株価修正

 2017年10月30日に3267フィルカンパニーを購入したとこの記事で報告した。

 で、運がよいことに、その8日後に日本郵政キャピタルといちご株式会社との業務提携(及び第三者割当増資)が開示された。

 これを材料として開示翌日の2017年11月8日は寄らずのストップ高となった。

 この業務提携により成長の確度がより上がったこと、株式の増加による希薄化が生じること、この二点により目標株価を計算し直すこととします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

3267フィルカンパニー修正目標株価

 まず、この増資により株式が2017年11月30日時点で34万株増えることとなります。

 上記2社は2年間は事前の書面による同意なしに割り当てられたフィルの株式を売ることはできません。

 しかし、売ることはできなくても希薄化されます。

 なので希薄化することとなる2018年11月期以降の1株益はこの34万株を加えて算出することにします。

 これまでの発行済株式数が507万株。

 これに今回新たに発行される34万株を加えると、計541万株。

 2018年11月期の純利益は四季報予想で310百万円。

 以上より2018年11月期の予想1株益を算出すると310百万円÷541万株≒57.3円/株(自己株式数は無視している。尚、希薄化前の予想1株益は四季報予想で61.1円)。

 ちなみに、2016年11月期の1株益は39.9円である。

 2016年11月期~2018年11月期のEPSの予想年平均成長率(CAGR)を求めると19.8%。

 この成長率を2019年11月期の予想1株益にあてはめると、57.3円/株×119.8%=68.6円/株…①。

 また、前回の記事で2016年11月期~2019年11月期の経常利益の予想年平均成長率(CAGR)を求めると63.7%であると書いた。

 前回の記事では、安全を見てこの成長率を2割引きして、50%とみなし、PEGレシオ=1となるPER50倍を目標株価における妥当PERとした。

 これを、今回の材料を受けて成長の確度が上がったと考えて、成長率63.7%をそのまま妥当PERに当てはめてPER63.7倍(…②とする)を目標株価における妥当PERとする。

 以上、①、②により2~3年後の予想EPSを基にしたフィルカンパニーの目標株価を

 68.6円×63.7倍≒4,370円(前回算出の目標株価:3,780円)

 と決める。

 ↓目標株価を再変更しました。

 前日の状況はこちらです。  はい。  今日はチェックしている日経平均等の各指数は全て前日比プラ...

 おわり
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

 あくまでも私の妄想を基に私が勝手に決めた目標株価なので鵜呑みにするとたぶん痛い目を見ます。

<念のための注意書き>

 この記事で私が書いたことは私の独断と偏見と妄想が多分に含まれております。

 また、この記事に書かれている情報、引用等している情報の正確さを保証するものでもありません。

 くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします。

 このブログの情報を基に何らかの行動をして損害・損失・その他被害を被っても私は一切責任を負えません。

 予めご了承願います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

グーグル提供の関連コンテンツ
関連記事

コメント

  1. 引け値が株価 より:

    突然すいません。
    フィルカンパニーの記事 ツイッターでシェアさせていただいてもよろしいですか??

    • kusakimuryou より:

      引け値が株価様
      コメントありがとうございます!
      またシェアいただけるとのこと、ありがとうございます。
      こんな記事でよろしければどうぞシェアしてください。