スポンサーリンク
カスペルスキー セキュリティ

10月16日(月)の売買:3547串カツ田中PTSで半分利益確定して恩株化など

 10/16は3銘柄の売買をしました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

(1)3032ゴルフドゥ買い増し

 下がっていたので530円で少し買い増ししました。

 これで平均取得単価は535円となりました。

(2)3318メガネスーパー買い増し

 こちらも下がっていたので75円で少し買い増ししました。

 平均取得単価は変わらず78円。

(3)3547串カツ田中半分利益確定

 昨日の朝の株価を見て次のようにつぶやきました。

 最初はまだ売りたくないと思っていたのですが、そうつぶやいた直後、ペッパーの時と同様、売りたい気持ちが強くなってきました。

 で、今回はペッパーの時のようには悩まず、恩株化できる水準になったらすぐに半分売ろうと決めました。

 というわけで昨夜のPTSで8,888円で半分売却しました(含み益101%で利益確定)。

 もう少しだけ詳しく書いてみます。

売却理由や雑感など

①3~4年後の想定EPSと自分が妥当だと考えるPERを基に計算した目標株価8,255円を超えてきたので売りの判断をした

 

 通常2~3年後の想定EPSを基に目標株価を計算しているが、特例で3~4年後想定EPSで計算。

 その目標株価すら超えてきたので自分としては十分儲けさせてもらったと判断。

②半分売れば恩株化できる水準で夜のPTSで指値を入れたら刺さったので売った

 夜のPTSで8,888円で指値を入れました。

 なぜ8,888円にしたかというと、それで刺されば利益が100%以上になって恩株化でき、かつ末広がりで縁起がよさそうだからw

③恩株化して気持ち的に楽になりたかったので

 

 ペッパーを恩株化して思ったのは、恩株化すると値動きがさほど気にならなくなるということです。

 この経験があったので、今回はさほど悩まずに売りの判断ができました。

④「勝負は拙速を好む」の実践

 私は、kaburenさんの林の錬金術師(http://kaburen.doorblog.jp/)というブログをfeedlyに登録して毎日読んでいます。

 このブログでは、記事の最後に毎回5つの格言が書いてあります。

 

 その最初の格言に「勝負は、拙速を好む」とあります。

 古代中国の兵法書『孫子』の著者孫武の言葉です。

 この言葉を私なりに解釈して、思い立ったらとにかく即行動することを心がけています。

 今回もその実践で、明日もっと上がるかもしれないと待つのではなく、自分が決めた価格で売れるならば早めにPTSで売ってしまおうというわけです。

 私は元来せっかちな性格なので、この行動・考え方は自分の気持ちに無理なくでき、自分に合っていると思っています。

⑤分割利益確定の考え方の実践

 私はpiculさんの書籍『株式投資で本気で成功したい人のための中長期投資マニュアル』で分割利益確定の考え方を学びました。

 この本を読むまでは、高くなったところで全部売れば大儲けできる、みたいに考えていました。

 しかし、この本を読んでからは段階的に売る方が気持ち的にも楽だし、「含み益は幻」を避けることができて確実に利益確定を積み重ねられ、自分の性格にも合っていると思うようになりました。

 ペッパーでもこの考え方を実践しましたが、今回の串カツ田中の売却でも実践することができました。

 あと、piculさんの書籍やブログやツイートを通して、仮に自分の売値よりも株価が上がっていっても、私が売った株を買ったことで他の誰かが利益を出せるのならそれもよし、と考えられるようになりました。

⑥騰落レシオ25日が130超

 騰落レシオが高水準になっていることも売りのタイミングとしては妥当と考えました。

⑦掲示板を見て逆の行動をとった

 某掲示板を見てやや楽観論の方が優勢のように思えたので、あえて逆の行動をとりました。

↓piculさんの本です

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

グーグル提供の関連コンテンツ
関連記事