スポンサーリンク
カスペルスキー セキュリティ

【そばダイエット体験記9日目】食への執着が逆に食をコントロールできる可能性をもたらす?:そばとん 豚そば

 食べちゃダメだ食べちゃダメだ食べちゃダメだと思えば思うほど、空腹感が募る。

 「食べ過ぎない」と意識することは「食べる」ことを意識することにつながる。

 食べることが心底どうでもよければ、「食べる」ことに意識は向かない。

 寝食忘れて没頭するという状態は食べることが心底どうでもよい状態だと言える。

 食に執着していない状態である。

 食以上に没頭する何かがある状態である。

 私には寝食を忘れるほど没頭するものはない。

 人間の三大欲求の内の2つなのだから本能的に仕方がない。

 思えば私は幼い頃から食い意地の張った子どもだった。

 幼い頃、ごくごくたまに回転寿司に連れて行ってもらえることがあった。

 今のように100円の皿だけが回るような店はなかった。

 だから出かける前に必ず「取っていいのは100円の皿だけだ」と釘をさされて出かける。

 幼いなりに自分の家が貧乏だとわかっていたので、その教えを忠実に守って100円の皿だけを取った。

 そこまではいい。

 親からしたら聞き分けのいい子どもである。

 しかしその後がいけない。

 必ず食い過ぎるのである。

 限界以上に食うのである。

 親は「もうやめといた方がいいのでは?」と言うのだが「大丈夫」と言って腹12分目まで食べてしまうのである。

 そして店を出て帰ろうとする瞬間にリバースしてしまうのである。

 こんな経験が1回や2回ではない。

 未だに母からバカにされる。

 食への執着はその頃から全く改善していない。

 そういう食い意地の張った人間なのである。

 そんなわけで、今のように食を抑えるとなると、逆に過剰に食べることが意識され空腹感が募ってしまう。

 しかし、だからこそ、適度な食事をより意識できるとも一方では思う。

 例えば、幼い頃に体が弱かった人が、それ故に健康を他の人よりも意識して大人になったらムキムキになった、みたいな。

 そういう例が、私の身の回りにもある。

 だから、食い意地の張っている私は、それ故に食について他の人よりも意識して気を付けることで、食をより細やかにコントロールできる可能性があるのではないかと思う。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

前日の記録、今朝の体重の記録など

1)前日食べたものの記録

 朝食:無し(水のみ)

 間食:前日に買ったUCC職人の珈琲低糖カロリーオフ900mlの残りを少々

 昼食:鍋焼天ぷらそば(スーパーで買った)

 間食:数日前に買ったNESCAFE Excella甘さひかえめ900mlの残り半分を少々

 夕食:モロの煮つけ、焼きビーフン、鶏肉と豆と野菜のサラダ、はやとうりの辛みそ炒め、白米茶碗2杯。

 間食:数日前に買ったNESCAFE Excella甘さひかえめ900mlの残り3分の1程度を全て

2)目標体重と今朝の体重

 年末目標体重:59.9kg

 月末目標体重:63.1kg

 開始直前体重:65.7㎏(10/8朝時点)

 前日朝の体重:65.0kg

 今朝の体重 :65.5kg(開始直前比:-0.2kg 前日比:-0.5kg)

3)雑感

 なぜ増えた?

 今朝体重計に乗ったときの率直な感想である。

 まぁ白米2杯食べてるし、焼きビーフンも意外とカロリー高そうだししゃーないか。

 株価が短期的には上下するように、体重も一直線には下がらず短期的には上下するのでしょう。

 夜は白米茶碗1杯にしようかな。

9日目昼食:そばとん 豚そば

アイキャッチjpg

 この店構え。

 興味津々。

 宇都宮の街中、オリオン通りにある。

 前から一度入りたかった。

アイキャッチjpg 

 

 もちろん豚そば850円を注文。

 到着。

アイキャッチjpg

 トッピングは豚肉、のり、ねぎで生玉子がついてきた。

 

 確実にカロリー高いやつを選んでしまったw

 麺は物凄くコシがあって私好み。

アイキャッチjpg

 豚もうまい(共食いw)

アイキャッチjpg

 こうやって食うらしい。

アイキャッチjpg

 特にその3のラー油を入れたらめちゃくちゃうまかった。

 その4の卵黄INも実践。

 しかし、この器具の使い方がわからず適当にやってしまったことと私の不器用さが重なり白身もIN。

アイキャッチjpg

 でもうまかった。

 左下に揚げ玉。調味料もたくさんあって色々試せる。

アイキャッチjpg

 夜は居酒屋で月~木曜日の19:00~22:00はハイボールが何杯でも半額のようなのでこれはぜひ夜も来てみたい。

アイキャッチjpg

 ここはぜひ通いたい!

 ただ問題は間違いなく太りそうということである。

 今日の夕飯を控えめにしない限り、明日の体重増は必至の状況である。

 10日目につづく

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

 今朝体重計に乗って、体重を減らすのは簡単ではないことが身にしみてわかった。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

グーグル提供の関連コンテンツ
関連記事