3053ペッパーを一部利益確定するかどうかで悩んでいる②:利益確定して恩株化した!

 この記事は、この記事のつづきです。

 はい。

 ペッパーを一部利益確定するかどうかで悩んでいるので、利益確定したい理由としたくない理由を書き出すことにした草木無量。

 そうすることで頭の中を整理しようと思ったのである。

 前回は一部利益確定したい理由について書きました。

 考えとか感情をぐだぐだ書いただけですが。

 今回は、一部利益確定したくない理由を書く……はずでした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

というか、もう売っちまった!

 今日の急激な下落を見たら、悩んでいる場合ではないとばかりに本能的に「売る!」という決断に至りました。


 このツイートの通り、5,465円で利益確定し、残りを恩株化しました。

 9時過ぎにふと株価を見たときに真っ逆さまに下落しているのを見て、

 「あぁまた欲をかきすぎたかな」

 と率直に思いました。

 これは短期的な視点での感情かもしれませんが、事実そう思いました。

 5分足を監視し、底をつけて戻ってきたところを売ろうと思いました。

アイキャッチ

 

 紫で〇をつけたところで売りました。

 ここからさらに安値の5,140円よりも下にいくだろうと判断して売りました。

 そしたら見事に下髭をつけて上がっていきました(なんと一時5,780円まで戻した)w

 株価が上がっていくのを見て

 「はうあ!下で売らされた!」

 と正直思いました。

 しかし、それ以上に利益確定できたこと、残りの株を恩株化できたこと、選挙や北朝鮮リスクに対し現金比率を高めることができたことに安堵の気持ちを抱きました。

 目標株価6,414円に到達する前に売らされる形となりましたが、日足で考えれば2日前の終値(5,470円)とほぼ同水準で売れたので満足です。

 

 明日からまた株価が持ち直すかもしれません。

 仮にそうであっても「足るを知る。防御力を高める」の考え方というか本能による判断で、このタイミングで売ったことに後悔はありません。

 それどころか、これまでの株取引の経験で初めて100%超えの120%の利益確定できたこと、株で初の恩株を持てたことに満足と興奮をしています(ビットコインでは経験がありますが額は少額でした)。

 今日は午前中に個人事業主としての仕事を進めるつもりでしたが、あまりにも興奮し過ぎてしまって全く手につかず、気持ちを落ち着けるため無意味に長時間散歩してしまいましたw

 そしてしばらくなかった知覚過敏が復活してなぜか水を飲むと歯がしみる現象が起きてしまいました。

 メンタル弱すぎるw

 ところで、自分の中では高額の利益確定をして改めて税金20%のでかさを思い知りました。

 今日、日々行っているパフォーマンスの計算をしていてなぜか想定以上にパフォーマンスが下がっていて、おかしいなと思っていたら何のことはない利益確定したことによる税金分の下落でした。

 当たり前ですが、含み益の内は税金がかからず、利益確定した段階で20%の税金も確定します。

 特定口座で運用しているので、源泉徴収されるのです。

 思っていた以上にインパクトがデカかったです。

 もっとも、前年物凄く大損していてそのマイナスを繰り越す手続きをしたので、確定申告すれば全額戻ってくるのですがw

 ともかく、今日私は悩んでいたペッパーの一部利益確定を実行しました。

いまさらですが……

 次回は、いまさらですが、ペッパーを利益確定したくなかった理由を書きたいと思います。

 実は、先週金曜日(9/29)の時点で利益確定したい理由としたくない理由をノートに書きなぐっていたのでした。

 で、当初は週明けの月曜日(10/2)に一部利益確定に動こうと思っていたのです。

 なぜか月初は株価が上がりやすいアノマリーがあって、であれば月初に売ってしまえと思っていたのでした。

 結果的にペッパーが勢いよく上昇するのを見て欲に目がくらみ売れず、またどのタイミングで売るのか悩み始めることになったのですが……。

 いずれにせよ、利益確定したくなかった理由も記録としてブログに残しておきたいので、次回書きたいと思います。

 つづく
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

 とりあえず、含み益の一部が確定利益になってホッとしたのが正直な気持ちです。

<念のための注意書き>

 最後に、この記事で私が書いたことは私の独断と偏見と妄想が多分に含まれております。

 くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします。

 このブログの情報を基に何らかの行動をして損害・損失・その他被害を被っても一切責任を負えません。

 予めご了承願います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

グーグル提供の関連コンテンツ
関連記事