投資資産週末チェック17(2017年9月29日時点):今週は月火水木金と毎日PFYH更新!でも含み益に過ぎない…

 前週末の状況はこちらです。

 はい。

 今週は月火水木金と毎日投資資産年初来高値を更新することができました!

 金曜日の終値で前年末比+50.17%までいきました。

 しかし、そのほとんどが含み益で確定利益はほとんどありません。

 なのでそろそろ一部銘柄の利益確定も考え始めています。

 総選挙で小池新党がどこまで伸びるか不気味ですし、北朝鮮リスクも消えたわけではないですし、その他諸々を考えてそのように考えています。

 その辺のことは別記事でまた書きたいと思います。

 さて、以下、2017/9/29(金)時点の私の投資資産の状況を見ていきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

1.全体の状況

 以下は、前週末比、前月末比、前年末比の私の投資資産の騰落率、各指数の騰落率、今週末の日経平均予想PER、日経平均予想EPS、日経平均騰落レシオ(25日)を表にしたものです。

※クリックすると拡大します(以下の表も同じ)

アイキャッチ

 

 今週も週ベース、月ベース、年ベースで各指数に勝つことができました。

 前週末比+12.95%、前月末比+29.33%、前年末比+50.17%となりました。

 年間20%を目標にしていた私としては、翌年分の目標(20%複利運用で44%)も達成してしまった状態になっておりできすぎです。

 しかし、繰り返しになりますが、あくまでも含み益です。

 幻になりかねません。

 ひとたびひどい暴落を食らえば一瞬で半分以下になってしまうでしょう。

 そんなわけで、冒頭の通りここからは一部利益確定を意識していきたいと思います。

 あくまでも現時点での見通しですが、具体的には解散選挙のアノマリーも考慮し衆院選の投票日前くらいまでのタイミングで考えています。

 尚、日経平均予想PERは前週末時点14.35倍→14.39倍とほとんど変わらずでした

 また、日経平均騰落レシオ(25日)は前週末113.17→130.11と5月以来の高めの水準まで上がってきています。

 この騰落レシオの状況も利益確定のタイミングを考え始めるきっかけとなりました。

 以下は、前年末比の私の投資資産の騰落率、日経平均騰落率、日経平均予想EPSの騰落率、日経平均騰落レシオ(25日)の動きをグラフにしたものです。

 あ、今週からJASDAQ平均の騰落率も加えました(水色の折れ線)。

アイキャッチ

 グラフ上の騰落率の上限を30%→60%に変更しました。

 5本も折れ線があるとごちゃごちゃしていて美しくないですw

 が、様々な指標を数字だけでなく、グラフ化して視覚的に比較すると気づくこともあります。

 例えば私のPF(紫の線)は、9月以降騰落レシオ(赤の線)と同じ動きをしています。

 また、騰落レシオの前回の高値は140をちょっと超えたところにあり、現在その高値に近づきつつあることがパッと見てわかります。

 これは近視眼的短期的考え方かもしれませんが、この事実から考えるとそろそろ一部利益確定するタイミングかなと思うわけです。

 今回は、私のPFと騰落レシオを比較しましたが、ついこの間までは日経平均との差を毎回視覚的に確認することで、時間効率の点で「俺のPFダメダメ」ということを認識できました。

 後付けですが、これが大幅な保有銘柄の入れ替えにつながった面もなくはないと思うのです。

 様々な指標を視覚的に確認することで、その時々の課題に気付きやすくなり、その気づきが次の行動へとつながりやすいという効用があるように思います。

 しかし、先週までは主力についてまだまだ材料があるからここから下がってもガチホと書いていたのに、今週は一部利益確定なんてしれっと書く身代わりのはやさw

 これも日々記録を取ってその記録を視覚化して気付きを得た結果と都合よく解釈しておきましょうw

 

 以下は日経平均予想PERと私のPF、日経平均騰落率の推移を比較したグラフです。

image

 

 日経平均予想PERはダブルボトムを付けた後、底値を付ける前の水準14.50手前近辺で再びグラフが平らになっています。

 ここから解散総選挙投票日に向けて日経平均とともに上がっていくのか?

2.今週の売買

 9月25日(月)に2銘柄を売り切りました。

 

 3138富士山マガジンサービスと9517イーレックスです。

 売った理由についてはこの記事に書きましたので、ここでは省略します。

 一言でいえば、現金比率を高めるための売却でした。

  

3.保有銘柄の状況

 以下は、個別株、暗号通貨、現金の今週末時点の比率、週間騰落、目標株価等をまとめた表です。

アイキャッチ 

 以下は、各銘柄の保有比率を円グラフで表したものです(左:前週末 右:今週末)。

アイキャッチ

 

 以下、思うところをコメントします。

主力2銘柄は今週も順調

 主力2銘柄の3053ペッパーと3547串カツ田中はいずれも前週に引き続き上場来高値(分割考慮の実質ベース)を更新。

 この2銘柄が私のPFのパフォーマンスを急騰させています。

 両銘柄とも1週間で17%も上がる強さです。

 尚、ペッパーは物凄く強くて含み損益率が90%を超えてきました。

 100%になって半分売れば恩株化できます。

 機械的に100%になったら半分売るということをするつもりはありませんが、一部利益確定はそろそろ考えたいと思います。

 目標株価(3~4年後の予想EPS基準)まではまだ35%以上の上昇余地があるものの、2~3年後のEPSから計算した目標株価は少し前に超えてきています。

 その他色々考えるところあって一部利益確定に動きたいと思います。

 詳細は別記事にしたいと思います。

 尚、串カツ田中については目標株価を再度計算し直し(3~4年後の予想EPSを変更)、8,255円としました。

暗号通貨

 特になし。

 ただ、WTTがいつになっても売れないので、買ったことを後悔し始めています。 

現金

 富士山マガジンサービスとイーレックスの売却で一旦15%弱まで回復。

 しかし、あまりにも主力2銘柄が急騰するので相対的に現金の比率が下がり現在13.6%。

 現金比率は15%~25%を目安としているので、未達。

 このことも一部利益確定を考えている理由の1つです。

 おわり
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

 最近私は、中長期投資家というよりは短中期投資家である気がしている。もともとせっかちな性格であることも投資行動にかなり影響していると思う。

<念のための注意書き>

 この記事で私が書いたことは私の独断と偏見と妄想が多分に含まれております。

 くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします。

 このブログの情報を基に何らかの行動をして損害・損失・その他被害を被っても一切責任を負えません。

 予めご了承願います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

グーグル提供の関連コンテンツ
関連記事