スポンサーリンク
カスペルスキー セキュリティ

大相撲優勝予想(2日目終了時点)【2017年(平成29年)9月場所(秋場所)】

 場所前の予想はこちら

 いやはや大変なことになりました。

 2日目を観ていたら次々にけが人が…。

 宇良、玉鷲、髙安の3力士がケガ。

 内、宇良と髙安は花道を車いすで下がる状態でしたから、3日目以降出場するのは厳しくなった気がします。

 そして上位陣が2日目時点で早くも冴えない状態。

 横綱日馬富士こそ2連勝スタートであるものの、大関は髙安、豪栄道が早くも1敗、照ノ富士に至っては2連敗です。

 その下の関脇はというと、御嶽海も嘉風も2連敗。

 小結は玉鷲が1勝1敗ですが足首が変な風に曲がって取組後足を引きずっていました。

 同じく小結の栃煌山は2連敗です。

 日馬富士がこのまま調子づいて独走となるのか。

 はたまた大関の豪栄道、照ノ富士あたりが盛り返してくるのか(照ノ富士は最初悪くても尻上がりによくなっていくことがある)。

 

 それともまさかの平幕力士の優勝となるのか。

 平幕で2日目まで観ていていいなと思うのが、琴奨菊、阿武咲、貴景勝、千代大龍あたりでしょうか。

 

 なかなか予想が難しいですが、2日目終了時点での優勝予想をしてみます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

優勝予想(2日目終了時点)

 本命:日馬富士

 対抗:髙安、照ノ富士、豪栄道(髙安から変更)

 大穴:御嶽海、琴奨菊(御嶽海から変更)

上記予想の理由

 場所前は髙安を対抗、御嶽海を大穴と予想していました。

 それぞれ豪栄道、琴奨菊に変更しました。

 まず、髙安はケガで3日目以降の出場は厳しい、出られたとしても勝つのは難しいと考え予想から外しました。

 代わりに豪栄道を入れたのは大関だからという理由、それだけですw

 前回の予想記事で過去10年の地位別優勝データを示しましたが、やはり大関以上の優勝確率が圧倒的に高い(96.6%)。

 このデータから考えれば、髙安の代わりに入れるのは同じ大関の豪栄道となります。

 また、御嶽海を外したのは初日から2連敗しているからです。

 最低12勝か13勝しないと優勝が厳しいとすると、横綱大関戦を前に既に2連敗している現状では優勝は難しいと判断せざるを得ません(同じ2連敗の照ノ富士は同部屋日馬富士との対戦はない)。

 同じ関脇の嘉風も2連敗、小結の玉鷲はケガ、同じく小結の栃煌山が2連敗であると考えると大穴には平幕で2連敗していない力士を選ぶことになります。

 そうなると初日から豪栄道、照ノ富士の2大関に2連勝している前頭筆頭の琴奨菊は優勝経験もあり、大穴として十分可能性があると考えられます(場所前の予想ではコトバウアーの絵を使っているが優勝予想に琴奨菊をあげているわけではないと書いていたのにw)

 阿武咲、貴景勝あたりの21歳の若い力士も勢いがあると思うけど大関相手に2連勝できるかは疑問。

 千代大龍も2日目まで観てると物凄く強く見えるけど、引いてしまってころっと負けてしまうイメージがどうしてもある。

 そんなわけで上記のような予想に落ち着きました。

 2日目終了時点で予想するのは、後出しジャンケン的でずるい感じもしますが、これだけ名前をあげればさすがに当たるのではないかと思います。

 逆に当たらなかったら恥ずかしいw(めちゃくちゃあり得るから怖いw)

 実際当たったのか?⇒つづく

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ

 阿武咲、貴景勝あたりが優勝するようなことが万が一あれば物凄い驚き。そんなことがあれば一気に世代交代の波が押し寄せる気がする。

 

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

グーグル提供の関連コンテンツ
関連記事