スポンサーリンク
カスペルスキー セキュリティ

ツイッターのTLを追いかけるのをやめようと決めた結果、収入に関わる行動をいかに増やしていくかを考えるきっかけになった

 この記事は、前回のこの記事のつづきです。

 はい。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

未来の私の負荷を軽く見る癖のある現在の私

 前回の記事では、今後何にどれだけの時間を使うのか、どんな時間を削りたいのかを思いつくままに書きだしました。

 そして、前回の記事の最後に予告として次のようなことを書きました。

 「次回は、この記事であげたものを分類して表にでもまとめてみて考えたことを述べてみたいと思います(たぶん)」

 (たぶん)という「やらないかもしれないよ」ということを匂わせつつ、しかしながら安易にこういう面倒なことを書いてしまうのが私の癖です。

 未来に作業したり考えたりすることを軽く見て、安易に未来の行為についての安請け合い(今回は自分に対してだけど)してしまうところが私にはあります。

 まぁそれはどうでもいいや。

 前回の記事時点での未来の私=現在の私は、この分類・まとめ作業にとりかかるのに燃料が必要でした。

 作業を始めてしまえば、なんてことはないのですが、やり始めるまでが億劫なのです。

 というわけで1リットルの燃料を注入しつつ作業をしました。

 アイキャッチ

 この燃料のおかげで無事作業に着手することができ、一旦作業に着手すると割と楽しく進めることができました。

 私は燃費がいいので1リットルのチャージである程度ハイな気分を維持することができます。

 そんな中で書いたことや、あくまでもこれからの理想的な時間配分・行動姿勢を書くという意味合いもあり、あえて尖ったことを書きました。

 そんな前提でお読みいただければと思います。

 さて余計な説明はこれくらいにして、以下書いていきます。

1.新たな時間配分と増減

 まずは、前回の記事で書きだした項目を参考にその項目の1日の中での理想の実施順序、新旧の時間配分、配分時間増減、コメントをざくっと表にしてみることから始めました。

 ※クリックすると拡大します(以下の表も同じ)

 アイキャッチ

 実際はこの表の左横に開始・終了時刻なども書いています。

 あぁ昨日書き出したことを表にするとこんな感じになるのか、と順番に並べてみてただ書き出した時よりもイメージが湧きました。

 実際は外出して買い物をしたり、友人と酒を飲んだり、つまりはこの通りにことが進まない日も少なからずあるわけですが、そういうのを考慮してしまうと何も決まらないので度外視しています。

 ここまでまとめて、次は項目を分類しようと思いました。

2.項目の分類(時間固定or変更可、大、中、小分類)

 項目の分類の仕方は、何を重視するか、つまりどんな観点で分類するかによって無数に考えられます。

 ところで、まず大前提として、サラリーマンを辞めたことで、私は現在ある程度、というか、かなり以前よりも楽しく生きることができています。

 しかし、一方でその代償として安定収入を失うこととなりました。

 結果としてジリジリと貯金を食いつぶしている状況であります。

 これは、楽しく生きることを安定収入を得ることよりも重視した結果であります。

 そのことに何の後悔もありません。

 ただ、サラリーマンを辞めて1年が経過し、「そろそろ収入と支出を最低でもイコールにするか!」という意欲のようなものが出てきました。

 

 そんなわけで、書きだした項目を以下のように、大分類としては収入に関係があるかないかで分類してみました。

 つまり、収入という観点にこだわって分類しました。

 以下、良し悪しと関係なくその観点で書いていきます。

 アイキャッチ

 実際は、雑記ブログを書いている以上、なんでもネタになり得るわけで、そのブログで少ないながらも金を稼いでいるわけですから、そのような観点では、どの行為も「収入関係」に分類することができます。

 ただ、それではぼやけた分類になってしまうので、その辺は感覚で無理やりどちらに属するか分類してしまいました。

 この表を見て、あぁこんな活動が収入につながって、この活動は収入につながらないのか、ということをよりはっきりと自覚しました。

3.大分類(収入関係、収入無関係)

 次に、大分類別に時間配分と増減をまとめてみました。

アイキャッチ

 

気づいたことは表のコメント欄に書きましたが、短時間バイトを始めることで収入に関係する時間を増やすことができました(当たり前w)。

 カッコ内で当たり前とは書きましたが、1年も働いていなかったのに割とあっさり短時間バイト労働に向けて履歴書を書いたり面接を受けたり、そのための具体的な行動をとって就職を決めたことは我ながら大したものだと思いました(自画自賛w)。

 尚、世間体は全く考えず、自分に向いていてある程度楽しくやれそうかという観点でバイト先を決めました。

 職種は明かしませんが、私には非常に向いている仕事だと思っています。

 表に戻ると、計画上は収入に関係ない時間を減らすことができましたが、実行できなければ何の意味もありません。

 さすがにバイトをむやみやたらとさぼるつもりも勇気もないですが、それ以外の部分で収入につながる行動を計画通り実行し、関係ない行動は計画内におさめるべく行動しないと何も変わりません。

4.中分類(収入、自己啓発、健康、趣味、生活、移動、自由)

 分析を進めるため、大分類をさらに分けて中分類としました。

 アイキャッチ

 ごちゃごちゃ書いていますが、大きな増減に注目します。

 すると、収入の時間が増えていて、趣味の時間と自由時間が減っています。

 収入の時間が増えているのはいいとして、趣味の時間と自由時間が減っているのは一見窮屈で楽しみを減らすような印象があります。

 しかしながら、収入の時間の中でも、株の勉強とかは楽しいわけで、ブログもめんどくせーと思うことがありながらもまぁ書き始めると楽しいみたいなところがあります。

 また、自営でやっている仕事もこれから始める短時間のバイトも自分に向いていることをやっているわけです。

 だから趣味とか自由の時間が減って憂鬱な時間が増えてしまうというわけでもありません。

 だから悲観はしていません。

 むしろ、自由時間というのはある意味で目的が定まっていない時間で、そのような時間を減らして目的の定まった時間を増やせたのは良いと思っています。

5.時間配分は「固定」か「調整できるか」で分類

 最後に、収入という観点とは別に、時間配分が調整できるか否かという観点でも考えてみました。

アイキャッチ

 

 短時間バイトを入れた分、当然固定時間が増えています。

 その分、調整可能な時間が減っていますので、これまで以上にその活動が収入につながるか否かという意識を高めて行動したいと思います。

おわりに

 前回の記事、というかそれを書くきっかけとなるツイートの出発点は、ツイッターのTLを追いかけるのに少し疲れたし、短時間バイトを始めることで自由に使える時間が減るので、ツイッターから少し距離を置くという、それだけのものでした。

 そこから、そもそもの時間の使い方について考え始め、とりあえず書き出し、そこから今後の行動の時間配分を考え、主に収入という観点で表にまとめ、その表を見てさらに気付きを得ることで、収入に関わる行動をいかに増やしていくかを考えるきっかけとすることができたと思います。

 つまり、ツイッターのTLを追いかけるのをやめようと決めた結果、収入に関わる行動をいかに増やしていくかを考えるきっかけになりました。

 このようなことを考えたのは、健康な働き盛りの男であるにも関わらず、世間体無視で、自分の価値基準に従い、短時間バイトという選択をした結果でもあります。

 そしてこのように外部基準(世間体)でなく自分基準で行動できたのは、サラリーマンを辞めるという決断をしたところから実は始まっており、そこからこの1年で小さな決断を積み重ねて行動してきた結果だと思うのです。

 そう考えると現在の私の状況は、私の責任で私が自由意志を発揮して決断を積み重ねた結果だと思うのです。

 そうして迎えた必然的な今の状況はとても楽しいものであります。

 尚、アルコールはもうすっかりどこかに飛んで行ってしまいましたw

 おわり
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 決断したのであとは実行あるのみ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

グーグル提供の関連コンテンツ
関連記事