スポンサーリンク
カスペルスキー セキュリティ

【2017/7末】投資資産月末チェック2:前月に引き続き、7月も前年末比マイナスを維持OTZ(マイナス幅は縮小)

 前月末分より投資資産の月末時点の状況を記事にしています。

 つまり、今回が2回目です。

 尚、前月末時点の状況はこちらです。

 では、さっそくいってみましょう!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

1.全体の状況

 以下は、前月末比、前年末比の私の投資資産の騰落率、各指数の騰落率、今週末の日経平均PER、日経平均騰落レシオ(25日)を表にしたものです。

(クリックすると拡大します。以下の図表も同様)

 表の通り、6月に引き続き、

マイナスだこのやろー!

 7月も前年末比でマイナスを維持ですOTZ

 ただ、月中には前年末比でプラスになった日も数日ありました(具体的には土日含めて9日間)。

 これは、6062チャームケアの利益上方修正の開示があり、それで一時爆上げした影響です。

 そんなこともあって、前月末比ではプラスに転換しており、前年末比でもマイナス幅は半分以下に縮小できたのはよかったです。

 ただ欲を言えば、7/27までは前年末比プラスを維持できていたのであと4日がんばれれば…との思いもあります。

 以下は、前年末比の私の投資資産の騰落率、日経平均騰落率、日経平均EPS騰落率、日経平均騰落レシオ(25日)の動きをグラフにしたものです。

 私のPFの動きはほぼ横ばい(やや右下がり)と言ったところでしょうか。

 騰落レシオ(25日)の動きとおおむね似たような動きに見えなくもないといった感じです。

 振り返れば、割安成長株への中長期投資を意識し始めたのはまだつい最近のことであります。

 現在の主力である6062チャームケアと9517イーレックスの2銘柄体制となったのが5月の中旬です。

 そこからまだ2か月半しか経っていません。

 あれ?

 まだ今の主力2銘柄体制になってたった2か月半なのか。

 もっと時間が経っているかと思っていました。

 こうして記事にすることで現実を正しく認識できるのはいいですね。

 中長期投資を志向しているのですから、たったこれだけの期間で結果が出ていないのは当然と言えば当然です。

 長い時間軸で考えればプラス方向に伸びていくと信じて今はホールドです。

2.2017年7月の売買

1)新規購入

①3547串カツ田中

 7月は、新しい銘柄としては、3547串カツ田中を購入しました。

 7月中に買ってはすぐ売却を2度繰り返した後、3度目の正直で7/24に3,760円で買い戻しそのままホールドしています。

 その辺のことは簡単ですがこの記事にも書きました。

 あとで「なぜ串カツ田中を購入したのか」について書こうと思っていますが、いつになるかはわかりませんw

 尚、中長期で保有するために買っています。

②5476日本高周波鋼業

 7/31に日本高周波鋼業を114円で新規購入しました。

 前日開示の第1四半期決算短信を見て営業利益の対前年同四半期の伸びが物凄かったので買ってしまいました。

 しかし、勉強不足で中長期的に業績が伸びるかどうかはわかりません。

 つまり、短期目線での購入です。

 7/31の前場寄付で買えていれば含み益だったのですが、買い遅れて結局含み損状態ですOTZ

 前日に、2714プラマテルズ(高周波同様前日に決算短信を見て購入)のデイトレードが上手くいきました。

 それで調子に乗ってこの銘柄も同じようにやればデイトレで利益を出せると思ったのです。

 甘かったですw

 結果的には、プラマテルズで儲かった分以上に含み損を抱えていますw

 違いは、寄付で買えたか買えなかったかです。

 ただ、そもそも中長期投資を志向しているのに、短期でさらに稼いでやろうと思ったのがそもそもの間違いでした。

 なんかこうやっていつも、儲かったら調子に乗って売買し、儲かった分を全部吐き出すだけでなくマイナスになるみたいなことを人生でずっと繰り返していますw

 それはデイトレがゾクゾクして楽しいから賭博狂的にやってしまうという側面もあります。

 そろそろ卒業したいです。

 いや、「したい」では生ぬるいので、卒業「します!」

 本当はそう決めた時点で、損益に関係なくこの銘柄は切るべきなのでしょうね。

 この文章を書いていてそれに気づいたので、先ほど109円(取得単価比-4%)で全株損切しました!

 明日上がったら悔しいですが、決めたことを実行することの方が後々の投資行動に生きると考えて実行です!

 よくやったぞ、俺!

2)売却

 7/5に3276日本管理センターと8891エムジーホームを全株売却しました。

 3276日本管理センターは1,431円で売却し、買値(1,290円)から約11%上がったところでの売却となりました。

 自分で決めた中期的な目標株価(1,816円)には全く届いておらず、中長期ではまだ値上がりが見込めると考えていました。

 しかし、含み損状態の9517イーレックスにその資金を回素目的で、売却の判断をしました。

 また、8891エムジーホームは990円で売却し、買値(969円)から2%程度上がったところでの売却になりました。

 エムジーホームは短期目線での購入でしたが、上述の通り、今後は中長期で保有できる銘柄に絞って取引したいと思います。

3)短期売買

 前日の第1四半期決算短信を見て、7/28に2714プラマテルズを652円で購入し、同日682円(+4.6%)で売却しました。

 ストップ高になって、はがれてを繰り返していたので、弱いと感じ売却しました。

 ストップ高で売れなかったのは下手くそな証拠ですw

 ただ、翌日、翌々日と下落し、その後陽線をつけるも、8/3終値が636円ですので下手くそなりに良い判断だったと思います。

 尚、繰り返しになりますが、短期の売買はゾクゾクして楽しいですが、一方で恐怖感もハンパないですし、そもそも下手くそなので今後はやりません。

4)9517イーレックス

 イーレックスは月の途中までは買い増しを進めましたが、下げ止まったと思ったところからさらに落ちたのを見て一旦一部手放そうと判断しました。

 その後下がったところで買い戻す予定でした。

 しかし、ここまでで少し買いすぎていたこともあり、手放して少し軽くなった方が精神的に楽だったので結局買い戻しませんでした。

 イーレックスを一部売却した資金は、3547串カツ田中の購入に充てたのでまぁこれはこれでよかったと思っています。

3.ポートフォリオの前月末との比較

 以下は、個別株、暗号通貨、現金の当月末時点の比率、月間騰落、目標株価等をまとめた表です。

 

 以下は前月末時点と当月末時点の保有比率を円グラフで表したものです。

 以下、これらグラフを見て考えたことなどを書いていきます。

1)特定銘柄への偏りの大きさはやや改善

 上の円グラフを見ると、前月の記事で懸念していたチャームケア及びイーレックスの2銘柄への極端な偏りの状況はやや改善されました。

 上述の通り日本高周波鋼業は本日(2017/8/3)売却してしまいましたが、その資金を串カツ田中の買い増しに充てたらいい感じのバランスになるかもと今この円グラフを見て思いました。

 また、2018年4月の介護報酬改定のチャームケアの利益成長に与える影響が実は少し気になっており、株価もその不安を反映するように下落しているようにも見えます。

 そういう意味では、チャームケアに入れている資金の一部を串カツ田中に入れるという判断も検討したいと思います。

 ただ、長期的に考えれば、チャームケアの成長が続いていることを考えれば、介護報酬改定の影響は一時的なものであると考えます。

 また、ここ2日間(2017/8/3,4)串カツ田中の株価が絶好調で年初来高値を更新しているので、買うタイミングが難しいです。

 これらを総合的に考えて、実際にどう動くかは値動きも見ながら判断したいと思います。

 尚、保有銘柄数は10⇒10で増減なしです(「その他暗号通貨」には様々な銘柄が含まれているが保有量がごく少数のため合計で1銘柄とカウント)。 

2)チャームケアが含み益状態に。でも・・・

 チャームケアの株価が前月末と比較して4.3%上昇し、前月末時点の含み損状態から脱却しました。

 これは、2017年6月期利益の上方修正の開示によるものです。

 しかし、開示日以降数日は上昇したものの、2017/8/4現在株価は下落し続けています。

 その株価が再び上昇に転じるかは、2017/8/7に開示される2018年6月期の業績予想によると考えます。

 2018年6月期は介護報酬改定の影響を受けます。

 その影響を踏まえて会社が業績をどう予測するかに注目です。

 ちなみに前回の介護報酬改定があった2015年6月期は、2014年6月期決算開示時に通期で減益予想でした。

 そして、結果はその減益予想をさらに下回る着地でした。

 今回も全く油断ができません。

 うーん、悩ましい・・・。

 ポジション減らした方が無難なんだけど・・・。

 うん。

 やっぱり自信がないからその自信のなさの分だけ減らす。

 全部は売らないけど。

おわりに

 やはり頭の中でなんとなく分かっていたつもりのことを文字化するのって大事だなと思いました。

 あと、数字を記録するのは大事だけど、それをグラフ化して、振り返るということを定期的にやるのは気づきがあっていいと思いました。

 おわり
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 アウトプットって大切やね。 

<念のための注意書き>

 最後に、この記事で私が書いたことは私の独断と偏見と妄想が多分に含まれております。

 

 くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします。

 

 このブログの情報を基に何らかの行動をして損害・損失・その他被害を被っても一切責任を負えません。

 予めご了承願います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

グーグル提供の関連コンテンツ
関連記事