スポンサーリンク
カスペルスキー セキュリティ

9517イーレックス第1四半期決算順調でとりあえず一安心

 

 本日(2017/8/1)大引け後に9517イーレックスの第1四半期決算の開示がありました。

 一言でいえば順調ですね。

 2017年3月期の本決算開示(&中期計画の数値目標見直し)以降、イーレックスは滅茶苦茶に売りたたかれてきました。

 会社計画通りに利益成長すると皆が思っているのであれば、こんなに売られるはずがないと思っていました。

 ここまで売られるということは、何かあるのではないかとここ数か月不安でありました。

 だから今日の決算発表はドキドキものでした。

 しかし、ふたを開けてみれば順調そのものでした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

9517イーレックス第1四半期決算は順調で一安心

 ↓イーレックス2018年3月期第1四半期決算短信

 http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1501733

 売上高9,041百万円(対前年同四半期比65%増)、営業利益1,175百万円(61.7%増)、四半期純利益757百万円(52.3%増)です。

 売上増の主な要因は、電力需要が減少傾向にある中でも「高圧分野・低圧分野ともに収益性の高い顧客を順調に獲得できたこと」にあると説明されています。

 ちなみに通期予想では、売上高50,345百万円(61.5%増)、営業利益4,492百万円(27.1%増)、純利益3,020百万円(57.6%増)を見込んでいます。

 尚、四半期の営業利益は2016年3月期1Qから今回発表の2018年3月期1Qまで8四半期連続で直前の期を上回っています。

 今後も順調に顧客獲得が進められれば、通期予想を上回るのではないかと妄想してしまいます。

 また、Kabutanでは本日のサプライズ決算として取り上げられています。

 確かに前年同期比で考えると売上、営業利益の6割の伸びはサプライズなように思えます。

 しかし既知の情報である通期予想から考えたらそんなにサプライズというほどでもなく、順調だなというのが率直な感想です。

 いずれにせよ、株価がだだ下がりする中で、順調な決算を確認できたことで一安心できました。

 しかし、こんなに順調ならばなぜここまで株価が下がったのか意味がわかりません。

 やはり短期的には業績と関係なく需給で株価は動くということでしょうか。

 この決算を受けて、さすがに明日の株価は4ケタだろうとは思いつつも、これまで散々想定外の値動きをしてきたので、正直絶対に上に行くとの確信も持てません。

 ただ、会社計画がこのまま順調に進み、利益を積み上げていければ間違いなく中長期的には株価は上向きになると思うので、短期の値動きに右往左往することなくホールドしていきたいと思います。

 おわり
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 と、いいつつ明日こそは爆上げを期待したいw

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

グーグル提供の関連コンテンツ
関連記事