旅行記っぽくない東京旅行記⑥完:一蘭で朝ラー(後編)

 この記事は、前回のこの記事のつづきです。

 はい。

 前回は、一蘭で朝ラーしたことを書くつもりが、注文システムについて簡単に書いているうちにわずか1,500字程度で力尽きてしまいましたw

 今回こそは、ラーメン着丼・完食まできちんと書きたいと思います(現時点の意気込み)。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

一蘭で朝ラー(つづき)

 席の壁には、お店のこだわりなどが書かれたものが貼ってあります。

 これを読んでラーメンの提供を待ちます。

 システム案内や追加注文を促すための替え玉やトッピングの写真があります。

 おみやげのラーメンもしっかり宣伝しています。

 先日、テレビを観ていたらドンキホーテにも一蘭のラーメンが置いてあると放送されていました。

 それを観光で来た韓国の方がたくさん買って帰るらしいです。

 なんでも韓国のアイドルがインスタグラムかなんかで一蘭のラーメンがうまいと言ったとか言ってないとか。

 まぁ私はテレビの流す情報は特に最近かなり疑ってかかっているので、本当にそんな事実(お土産としてたくさん買って帰るのか)があるのか完全に鵜呑みにはしませんが。

 じゃあなぜテレビを観ているのかというとこれは完全に母親の影響が強いです。

 とにかく四六時中テレビを観ています。

 食事の時も観ています。

 まぁ食事のときは両親夫婦間でテレビがついていないと間が持たないという事情があるらしいのですが・・・。

 最近夕食時はNHKの朝ドラ(月~土)を録画したやつと韓国の時代劇「奇皇后」(月~金の朝放送)を録画したやつを観るのが我が家の常識となっています。

 私はこれまでいわゆる「韓流ドラマ」というやつを一切観たことがなかったのですが、「奇皇后」を毎晩観ているうちに両親以上にどっぷりはまってしまいましたw

 ネットで公開されているやつで最終回まで一気に観てしまいましたw

 まぁこれについては機会があれば別記事で書きたいと思います。

 個人的に韓国の反日政策はいかがなものかと思っていますし、それに対して自虐史観的な立場からの報道が目立つのも残念だと思っています。

 しかし、「奇皇后」では日本人は出てきませんし、それ故変に日本人が描写されていることもありませんので、この物語自体を面白いと思うのは自分の中で矛盾は感じていません。

 

 ちょっと話がずれました。

 いずれにせよ、日本人が喜んで韓国ドラマを観るのも、たくさんの韓国人が喜んで日本を観光し一蘭のラーメンをお土産として買っていくのも(そういった事実が仮に少しでもあるならば)、それはそれで良いと思っています(その韓国ドラマに反日的な意図がある場合は別ですが)。

 まぁ「反日的な政策を行っている国を利するいかなることもしない」という観点に立てば、上記とは別の結論が出るのでしょうが。

 一蘭のおみやげラーメンから意外な方向に話が進んでしまいました・・・。

 さて、ラーメンを待っている間、当然こんなことは全く考えていませんでしたが、着丼です。

 青ネギ、赤くて辛いやつ、チャーシューがのっかっています。

 写真を見るだけでまた食べたくなってきます。

 このトッピングは前回の記事でふれた事前に自分の好みに〇をつけて出す用紙(オーダーシート。前回もオーダーシートって書けばよかったw)の内容が反映されています。

 辛みもオーダーシートで調整できますが、この時は普通にしたと思います(たぶん)。

 今スマホのメモを見たら、過去に辛さ2倍で注文したことがあったようです(忘れてた)。

 そのメモによると、「2倍だとあの韓国の辛い袋ラーメン「辛ラーメン」より少し辛くない程度かな」と書いてあります。

 しかし、さらに読み進めると「・・・と思いきや、食べ進めると辛ラーメンと同じくらいの辛さ!!油断してた。なめてた。完全に」と書いてありました。

 私の基準では辛ラーメンの辛さはぎりぎりアウトなので、一蘭の2倍辛も同じくぎりぎりアウトです。

 

 ちぢれていないストレートの細麺です。

 麺の固さもオーダーシートで選べますが、この時は固めで注文したと思います(たぶん)。

 この日は朝ということもあり、ライスも替え玉もやめときました。

 しかしスープは全飲みです(体に悪い)。

 レンゲで隠れていますが「この一滴が最高の喜びです」の文字。

 ごちそうさまでした。

 東京で働いていた頃は、東京駅を使っていたので、駅地下のラーメンストリートでよく夕飯を食べていました。

 しかし、会社を辞めてからは、そこで食べることはなく、いつも一蘭に行ってしまいます。

 おいしいとんこつラーメンであります。

宇都宮に帰る

 今回もほとんど旅行記と言えるものではありませんが、これで東京を後にしました。

 日頃1日2食(昼夜)の私は、この日朝ラーしてしまったので、昼を抜こうと誓いました。

 しかし、宇都宮に到着すると松屋にするすると吸い寄せられてしまいました。

 カレギュウというこれまたラーメン同様太りそうなものを食べてしまいました。

 宇都宮の街中をふらふらしてから家に帰ります。

 ふらふらしているところで撮った写真。

 八百長。

 実在します。

 昔からあります。

 過去の大相撲の技量審査場所や賜杯なしを思い出してしまうようなネーミングですw


 家路につく途中に氷に降られるというミラクルがありましたw

 傘とか身を守るものがなかった私には、ただただ痛かったです。

 

 東京旅行記、完。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

 ラーメンもカレーも食べ続けると着実に太るので気をつけましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

グーグル提供の関連コンテンツ
関連記事