スポンサーリンク
カスペルスキー セキュリティ

6062チャームケア爆上げでようやく前年末比プラスに(投資資産週末チェック7:2017/7/21)

 前週末の状況はこちらです。

   はい。

 私は、日本の個別株とビットコインなどの暗号通貨に投資しています。

 最近投資資産の週末時点の状況をチェックし、このブログに書いています。

 今回が7回目ですが、ようやく前年末比プラスになりました!

 歓喜!

 短期の上げ下げは気にしないといいつつも、やはり久々のプラスは嬉しいものです。

 さて、以下で2017/7/21(金)時点の投資資産の状況を見ていきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

1.全体の状況

 以下は、前週末比、前月末比、前年末比の私の投資資産の騰落率、各指数の騰落率、今週末の日経平均PER、日経平均騰落レシオ(25日)を表にしたものです。

 ※クリックすると拡大します(以下の表も同じ)

 表の通り、私の投資資産は前週末比+4.98%、前月末比+3.41%、前年末比+1.16%となりました。

 私のPF主力2位の6062チャームケアが利益上方修正の適時開示により大幅に株価が上昇しました。

 これにより、週ベース、月ベースで指数全てを上回るパフォーマンスをあげることができました。

 そして5週連続で年ベースマイナスに陥っていましたが、この影響で年ベースでもプラスにすることができました。

 チャームケア様様であります。

 尚、日経平均PERは14.41と前週末の14.44とほぼ変わらずです。

 また、25日騰落レシオは前々週末96.67⇒前週末112.19⇒今週末119.26とじわじわと上がってきている状況です。

 以下は、前年末比の私の投資資産の騰落率、日経平均騰落率、日経平均騰落レシオ(25日)の動きをグラフにしたものです。

 チャームケアの爆上げにより急上昇して日経平均との差を縮めることができました。

 あとは9517イーレックスが会社計画通りにがんばってくれればきっと日経平均を追い抜いてくれることでしょうw

 問題はそれがいつになるかなのですが…。

2.今週の売買

3547串カツ田中購入&一旦売却

 前週末の適時開示情報(第2四半期決算短信)を見て、以前から買いたいと思っていたけどPER的に割高なので躊躇していた3547串カツ田中を7/18に購入しました。

 平均取得単価3,833円での購入でした。

 しかし、18日(火)と19日(水)の日足チャートが「陽の陰はらみ」状態

 

 となったので、20日(木)の値動きを注視していました。

 そしてちょっと弱そうになったところでほぼ同値の3,835円で全て売却してしまいました。

 一旦は平均取得単価の3,833円より下まで押すだろうとの判断での売却です。

 イーレックスの購入タイミングミスで痛い目を見ているので、今回はチャートの形を見て一旦退却しました。

 今後どのような値動きになるかわかりませんが、下がれば喜んで買い戻し、上がれば過去の買値を忘れてやはり買い戻そうと思っています。

9517イーレックス買い増し

 イーレックスの株価は以前のようにだらだら下げ続ける局面を終え、ある程度株価が安定してきたと判断して20(木)に991円で買い増ししました。

 この買い増しにより、平均取得単価が1,096円⇒1,086円に下がりました。

 最近の安定した値幅の下の方で買い増しできたと思っていましたが、21(金)はさらに下げてくれましたOTZ(終値975円)

 また下がり始めるのかよ・・・という感じです。

 間もなく第1四半期決算の開示となりますが、ここで計画に対する進捗が順調であることをバーンと示して株価が見直されることを期待します。

 

3.保有銘柄週末コメント

 以下は、個別株、暗号通貨、現金の今週末時点の比率、週間騰落、目標株価等をまとめた表です。

 以下は保有比率を円グラフで表したものです。

 保有比率が高い順に以下コメントしていきます。

9517イーレックス

 上述の通り、最近は株価が安定してヨコヨコになったかと思いきや、今日21(金)はまた下げてくれました。

 チャームケアが利益の上方修正で株価が見直されたように、ここも第1四半期決算で良い方向に株価が見直されることを望みます。

 現在の株価水準は四季報の2018年3月期予想EPS(59.6円)で考えるとPER16倍強ですが、これがPER20倍に見直されれば

 59.6円×20倍=株価1,192円となります。

 せめてこのくらいまでは見直されないもんかなぁと思ったりします。

 会社の中期計画通りの利益成長率が達成できるのであれば、将来の利益成長率とPERの関係を見るPEGレシオの観点で、今のPERは割安の水準だと思います。

 しかし、問題は会社の中期計画通りに果たして利益が成長するのかどうか、そこが疑わしいと思っている方が多数派だからこそ現在の株価にとどまっているのかもしれません。

 そうであるならば、第1四半期の決算の進捗が順調であれば株価が良い方向に見直されるきっかけとなるかもしれません。

 または、株価は短期的には需給で決まるものなので、将来の利益成長率と関係なしに売り崩されているのかもしれません。

 いずれにせよ、私は会社計画ほどの成長はしない可能性があるが、それでもある程度は成長するだろうという考えのもと、今はイーレックスを持ち続けています。

6062チャームケア

 前週まで週足で連続6本分陰線となっていたところ、利益上方修正のIRで一気に爆上げしました。

 既に株価は2018年6月期の業績を織り込み始めているのか、2017年6月期の上方修正のEPSで計算したPERは18.5倍にとどまりました(尚、上方修正前のEPSに対しては20倍を超えていました)。

 2018年6月期は、2018年4月の介護報酬改定の影響を3か月分受けるため、この辺が株価のより大きな上昇を阻んでいる気がします。

 この改定の影響さえなければ、ストックビジネスで利益が安定的に積み上がるので、利益成長率から考えると軽くPER20倍を超える評価がされるのでしょうが。

 まぁこの改定による負の影響のリスクが取れるリスクだと私は判断している(リスクよりもリターンの方が大きいと判断している)からこそ投資しているわけですが。

暗号通貨ビットコイン

 直近では価格が下落前の水準に近いところまで上がってきていますが、8月1日の問題があるので、まだ暴落の可能性も含めてもう一度下がることも覚悟しています。

 株で言うところの恩株状態なので、引き続きホールドです。

3318メガネスーパー

 特になし

暗号通貨NEM

 ビットコイン同様、一旦価格は戻ってきています。

 今考えれば10円近くまで下がったタイミングで買い増ししとけばよかったとも思いますが、まぁ結果論です。

暗号通貨WTT

 まだ取引できませんので持っているだけです。

その他暗号通貨(PEPECASH等)

 特になしw

現金比率

 イーレックスの更なる買い増し、串カツ田中の買戻しを考えて投資資産に現金を追加で投入しました。

 パフォーマンスの計算については、ディーツ法とか修正ディーツ法とかあるみたいですが、単純に前年末に入金したと考えて過去の分も計算し直しました。

 よって、過去のパフォーマンスは先週までのパフォーマンスと微妙に変わっています。

 現在の現金比率は18.0%です。

 おわり
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

 あとはイーレックスの爆上げを待つばかり。

<念のための注意書き>

 この記事で私が書いたことは私の独断と偏見と妄想が多分に含まれております。

 くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします。

 このブログの情報を基に何らかの行動をして損害・損失・その他被害を被っても一切責任を負えません。

 予めご了承願います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

グーグル提供の関連コンテンツ
関連記事