3547串カツ田中一旦売却!9517イーレックス買い増し!(2017/7/20)

 昨日、3547串カツ田中を火曜日(2017/7/18)に購入したことを書きました(この記事)が、その舌の根が乾かぬうちに売却してしまいました。

 そして9517イーレックスをさらに買い増ししました。

 今日はこれら2銘柄の売買理由について書きます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

3547串カツ田中売却理由

 串カツ田中の今後の成長余地についての考え方は変わっていません。

 まだまだ成長すると考えています。

 ではなぜ売却したか。

 それは前日の時点で日足チャートが「陽の陰はらみ」になったからです。

 

 私はあまりチャートに詳しくないですが、この形については覚えていました。

 これが高値圏で現れて、その翌日に前日よりも低く寄って陰線で終わると下降トレンド転換の目安となります。

 ・・・と書いていたら、今日(2017/7/20)はぎりぎり陽線で終わりましたね。

 串カツ田中は2017年11月期の四季報予想EPS(103円)と私の平均取得単価3,833円でPERを計算すると

 PER=3,833÷103≒37.2倍

 であり、日経平均PERが14倍ちょっとなのと比べるとかなり割高なのがわかります。

 というわけで少しでも安い株価で購入し直したいと考え、一旦売却することにしました。

 ただ、四半期決算が悪かったわけではないので9517イーレックスのようにだらだら下がり続けるとは思いません。

 しかし、イーレックスのような購入タイミングのミスで苦しみたくないので、このようなサインが出たからには一旦は売っておこうと判断しました。

 平均取得単価3,833円に対し、3,835円で売却しましたのでほぼ同値で撤退です。

 いずれ買い戻したいと思います。

 思惑とは逆に上がっていったら悔しいですが、その時はその時です。

 その場合は、過去の買い値は忘れてその時に買いたいかどうかで買うかどうかの判断をしたいと思います。

9517イーレックス買い増し

 私のPFのもう1つの主力である6062チャームケアは利益の上方修正により株価が見直され大幅に上昇しました。

 もう1つの主力であるこの9517イーレックスの株価が冴えません。

 しかし、四半期決算の開示が迫っており、業績が会社の計画通り進捗しているのであれば株価が上昇するのではないかと妄想しております(あくまでも妄想ですw)。

 また、イーレックスの株価は以前のようにだらだら下げ続ける局面を終え、現在はある程度株価が安定してきました。

 というわけで最近の値幅の下の方の株価991円で本日買い増ししました。

 この買い増しにより、平均取得単価が1,096円→1,086円に下がりました。

 チャームケアのような爆上げを期待します!

投資資産に現金追加!

 そろそろ暴落とはいかないまでも、大きな下げがあるのではないかとささやかれる中、私は無謀にも投資資産に現金を追加投入しました。

 暴走モード突入です!

 私がこんな行動をとるということは暴落の日が近いのかもしれませんw

 現金追加投入の理由は、単純に投資金額を大きくしてリターンを大きくしたいからです。

 資金を追加投入した場合のパフォーマンスの計算方法として、色々調べるとディーツ法とか修正ディーツ法とかがあることがわかりました。

 しかし、今自分が投資資産を管理している表でこれらを適用しようとするとめんどくさいです。

 なので、前年末に資金を投入したことにしてパフォーマンスを再計算し直すことにしました。

 この場合、このタイミングで投入した分の現金はずっと生かさずに寝かしといたことになります。

 というわけで過去のパフォーマンスは、現金投入前と比較し、プラスもマイナスも低く抑えられることになるのかな?

 実際、現金投入前後のパフォーマンスをざっと見比べるとそんな感じになっていました。

 まぁその辺は計算方法の話なのであまり神経質にならずに考えます。

 というわけで、これまで公表していたパフォーマンスと今後公表するパフォーマンスは微妙に数値が異なっていますが、背景はこういうわけであります。

 おわり
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

 暴走を抑えたいと思いつつも結局は突き進んでしまいます!

<念のための注意書き>

 この記事で私が書いたことは私の独断と偏見と妄想が多分に含まれております。

 くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします。

 このブログの情報を基に何らかの行動をして損害・損失・その他被害を被っても一切責任を負えません。

 予めご了承願います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

グーグル提供の関連コンテンツ
関連記事