「続」旅行記っぽくない甲府旅行記⑧:正吉さん、じゅんぺーさんからのフィードバックで考えたこと

 この記事は前回のこの記事のつづきです。

 はい。

 今回もオフ会のことです。

 今回は、正吉さんじゅんぺーさんから最近私が変な絵を描きだしたことなどに関するお二方の感想から考えたことなどを書いていきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

正吉さんじゅんぺーさんからのフィードバックで考えたこと

最近私が書いている変な絵について

 私は最近こんな絵を描いています。

 このような絵についてお二方は「あの絵いいね!」と言ってくださいました。

 この反応は意外でした。

 そもそも理解してもらおう、人気を集めようと思って描いているわけではなく、描いたら楽しくなってきて描いているだけです。

 つまり「いいね」と言われるために描いているわけではありません。

 ですが、「いいね」と言ってもらえるのは嬉しいものです。

 もともと最初は上記の絵を描く予定はなく、記事の中であるアイディアを思いついた場面で「はうあ!」という文字をでかくして表記しようと思っていました。

 しかし、何を思ったか、ここに絵を入れたら面白そうと思い、何気なく上の絵を描いたのです。

 そしたらツイッターでやり取りしているストーンヘッド鈴木さん(ブログ:ストーンヘッド鈴木の分散収入ライフ、ツイッター@stoneheadsuzuki)がこの絵に最初に反応してくださいました。

 彼とやり取りしているうちに、なんだか楽しくなってきてブログのヘッダー画像も、ツイッターの画像も自分で描いた下手くそな絵に勢いで変更してしまいました。

 ストーンヘッド鈴木さんに喜んでもらえたから、その後絵をたくさん描いたというわけではないのですが、たくさん描くきっかけになったのは間違いなく彼の何気ない一言でした。

 そういう意味でストーンヘッド鈴木さんにはとても感謝しています。

 しかし、あの絵を「こんなの投稿するの恥ずかしいな」とか思って、そもそも投稿していなければ今の絵を多用するブログはありませんでした。

 そして、さらに良いタイミングでストーンヘッド鈴木さんがさらに反応してくれなかったらここまで絵を多用するブログにはなっていなかったと思います。

 そういうことを考えると、①絵を投稿しようと決断して実行したこと、②絶妙なタイミングで反応してくれたご縁、この2つによって今の私のブログがあるわけです。

 

 決断と実行、そしてご縁というのは本当に大切だなと思います。

 今の自分はそういう奇跡の積み重ねでできあがっているんだなと改めて思います。

 今回の正吉さんじゅんぺーさんの「いいね」という反応は、「勢いがあっていいね」、「攻めてる感じがいいね」、「独特の草木無量らしさがいいね」という反応だと他のやり取りも通して解釈しました。

 そういう「いいね」は受け取ると嬉しいですし、またこのお二方とのご縁で新たな私が積み上がっていく感じがします。

正吉さんから言われた「データを扱うのが好きなんだね」

 目標管理のデータとか株のデータとかを載せているせいか、正吉さんから「データを扱うのが好きなんだね」的なことを言われました。

 あぁ正吉さんからはそのように見えているのか、と思うと同時に何だかうれしかったです。

 自分では、あまり気づいていなかったけど、確かにデータを扱うのは割と好きです。

 ただ、自分の集めているデータや分析は、割と誰でもやっている程度のことでしかないと思っていました。

 別に他者と比較する必要はないのですが、何かそんな風に思っていました。

 でも、もしかしたら「データを扱うのが好き」というのは自分の強みになり得るのかもしれないと、正吉さんの発言を聞いて気づきました。

 こういう気づきがある時間というのは、とてもいいですね。

おわりに

 3回に渡ってオフ会のことを書きました。

 楽しく気づきの得られたオフ会でした。

 あまりだらだらせず、パッと集まって、パッと解散した、しかしながら過度に冷たい感じでもなく、とは言えべたべたする感じでもなかった、そんな印象です。

 気ままな感じであまり群れるのを良しとしない共通点のある3人らしいと言えば、らしい感じのオフ会だったと思います。

 

 そして私は翌朝リュックの中に入ったビールを見て、「あぁお土産渡すの忘れてしまった」と思ったのでした。

 つづく

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

オフ会の話は以上です。次回からは1人旅モードに戻ります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

グーグル提供の関連コンテンツ
関連記事