スポンサーリンク
カスペルスキー セキュリティ

旅行記っぽくない甲府旅行記⑥:らぁめん青葉で青葉らぁめんを食す【宇都宮の好きなラーメン番外編1】

 この記事は前回のこの記事の続きです。

 はい。

 前回は甲府土産に「桔梗信玄生プリン」を買ったけど生モノの土産買うの早すぎた件について書きました(少し旅行記らしくなった)。

 今回は、その後食べた昼飯のことを書こうと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

らぁめん青葉で青葉らぁめんを食す

ほうとうか、ラーメンか、それが問題だ!

 

 時刻は11時過ぎ。

 無駄に早くお土産を買った私は、腹が減ったので昼飯を食べようと思いました。

 甲府の駅ビルCELEO5階のレストラン街に向かいます。

 甲府ならではのものを食べるか、関係なく好きなラーメンを食べるか。

 レストラン街には「ほうとう」の文字。

 どのお店も店の外で客を獲得すべく店員さんが呼び込みをしています。

 ただ、1軒のお店は呼び込みをしていませんでした。

 それが青葉らぁめんさんでした。

 自信の表れだと思いました。

 青葉らぁめんさんに決めました。

入店

 入店します。

 11時過ぎと昼には早めにも関わらず、既に何組か先客がいました。

 メニューを見ます。

 

 旭川のラーメンだということがわかりました。

 甲府に来て旭川w

 でも、青葉ってなんとなく聞いたことがあって、東京のラーメンじゃなかったけなと思いました。

 後から調べたら東京中野に本店がある系列と北海道旭川に本店がある系列と2つあるみたいですね。

 で、甲府の青葉は旭川の流れをくむお店でした。

青葉らぁめん、Aセットを注文

 

 青葉らぁめん、Aセット(餃子&小ライス)を注文します。

 着丼。

 

 うまそう!

 麺。

 煮玉子。

 

 トッピングは、この他にチャーシュー2枚、ネギ、メンマでした。

 Aセットの餃子と小ライス。

 時間が経ってしまったので、正直なところラーメンの味は、

 でも真面目な話、うまかったと思います(説得力なし)。

その他お店の情報

 お店の基本的な情報(私が食べに行った2017年4月末時点)などを以下に記します。

メニュー

 つまみや酒もあります。 

営業時間

 11:00~22:00

電話

 055-222-0650

住所

 山梨県甲府市丸ノ内1-8(駅ビルCELEO(セレオ)甲府の5階です)

キャパ

 ・カウンター8席

 ・テーブル席(24席分位だったと思います)

席の指定

 昼前だったせいか特にありませんでした。

注文方法

 着席してから口頭で注文します。

卓上に置いてあるもの

 ・メニュー表

 ・ようじ

 ・箸(割り箸でない)

 ・ブラックペッパー

 ・ホワイトペッパー

 ・一味

 ・すりおろしにんにく

 ・水のボトル

お店の印象

 私が行った日・時間帯は元気な声の女性2名でまわしていました。

 昼時が近づくともう1名、やはり元気な声の女性が入りました。

 店員さんは元気にちゃきちゃき働いている印象です。

 見ていてとても気持ちが良いです。

おわりに

 結局、写真は載せたけど旅行記というよりは、いつも書いているラーメン記事の劣化版みたいになってしまいました

 次回は、これこそまさに旅行記!石和温泉に行った記事を書きます!

 つづく!

ブログランキング・にほんブログ村へ

↑読まなくていいから押せー!!(画太郎風)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

グーグル提供の関連コンテンツ
関連記事

コメント

  1. こんにちは。
    楽しく読ませていただきました。

    絵だけでなく、記事にも草木さんの世界感が出ていて素晴らしく、
    わたしも個性を前面にバンっ!と出していきたいと思いました。
    ピーコなど画太郎先生の秘伝の教えw?をしっかりと踏襲されていますね。

    山梨といえば、ほうとうが有名ですが、ラーメンとも迷いますよね。
    自分の事で恐縮ですが、ちょっと北海道に住んだことがあるので、
    北のラーメンを見たら自分も食べたくなり、やっぱり迷ってしまうのが正直なところ。

    気になるラーメンのお味を忘れたというところで正直コーヒーがとんでもない事になってしまいましたが、また楽しく拝見させていただけたらと思います。

    今日は楽しい昼下がりをありがとうございました。\^o^/

    • kusakimuryou より:

      ストーンヘッド鈴木さん、コメントありがとうございます!
      とても嬉しいです!
      いつも読んでくださり大変ありがたいことでございます!
      北海道に住まわれていたこともあるのですね。それは初耳でした。
      北海道の味を表現するつもりが「忘れた!」という一言で勢いでごまかしてしまいましたw
      コーヒーを吹いて笑っていただけたなんてこれに勝る喜びはありません!
      これからも正々堂々ふざけたブログを書き続けることを誓います!!