スポンサーリンク
カスペルスキー セキュリティ

直近の保有銘柄等の比率を円グラフで表示&個別銘柄についての雑感

 前回は「個別株保有銘柄、暗号通貨、現金、各比率の年初からの推移から見えてくる私の投資姿勢の変化など」というタイトルで記事を書きました。

 今回は直近の保有銘柄等の比率を円グラフで表示して、それを見て思ったことを書きたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

直近の保有銘柄等の比率を円グラフで表示&個別銘柄についての雑感

 前回の記事で私としては、「株4~5銘柄+ビットコイン(+他暗号通貨)くらいがちょうどよいと感じています」と書きました。

 しかし、こうして円グラフにすると、分散投資しているつもりでもかなり1銘柄に集中しているなと感じるから不思議ですw

 円グラフの各要素の中心角が90度を超えてくると(つまり比率25%を超えると)やっぱり存在感がでかいです。

 グラフで視覚的に見るのって大事ですねw

 以下個別銘柄について思うところを述べます。

主力のチャームケアについて

 その存在感がでかい銘柄の1つがチャームケアです。

 比率36%で第1位の主力銘柄です。

 このチャームケアについては、株価が癖のある嫌な動きをするのでやきもきさせられますw

 ただこの会社の売上拡大については何も不安視していません。

 チャームケアは近畿圏で介護付き有料老人ホームを展開しています。

 さらに首都圏での将来の介護需要増加を見越して、現在首都圏でも積極的に新しい老人ホームを次々にオープンしています。

 つまり需要が拡大する見込みの市場でそれに合わせて供給を拡大しています。

 そのうえで、運営しているホームの入居率は高水準を維持しています。

 一度入居すると、入居している限り継続して収入が発生しますし、入居率を高水準に保っていますからストックビジネスですね。

 だから、売上拡大=成長については何も不安はありません。

 しかし、介護事業というのは、3年ごとに改定のある介護報酬の影響がでかいです。

 前回の2015年の改定では実に76件の介護事業所が倒産したそうです(ソース:http://yts.jp/article/c-310/)。

 チャームケアでもこの改定の影響で利益をガクッと減らしています。

 次回改定の2018年(平成30年)においても2015年同様、介護保険財政が芳しくないことによる介護報酬単価の減額が想定されます。

 同社ではこの負の影響を下げるべく各種の取組をおこなっていますが、この介護報酬の改定が不安材料です。

 というわけで近い将来の目線で考えると少し不安があるのですが、足元2017年6月期は順調であります。

 また、もう少し長い目線で考えると、中期目標では売上高200億円(2016年6月期の売上高の倍以上)を掲げています。

 そして増収増益を目指すと宣言しています。

 というわけで、この銘柄はそういった中長期的目線でホールドし続けたいと思います(尚、途中分割して売買をすることはあると思います)。

 尚、介護報酬の改定に不安になってしまうのは、それに関するそもそもの私の知識不足という側面もあります。

 よって、介護報酬関係についてもこの際きちんと調べようと思います(今更かよw)。

エムジーホームについて

 前回の記事で中長期投資を志向するようになった、みたいなことを書きましたが、実はこの銘柄は短期で売ろうと思っています。

 確かに株価は割安です。

 2018年3月期の会社予想EPS174.95に対して2017年6月6日の終値が999円ですから、予想PERは5.7倍とめちゃくちゃ低いです。

 そして、2017年3月期の売上高実績6,965百万円に対し、2018年3月期の売上高予想は9,300百万円と33.5%の高成長が見込まれています。

 営業利益も2017年3月期の514百万円から620百万円と20.4%の成長、当期純利益も25.5%の成長が見込まれています。

 PEGレシオ的に考えても超割安状態であることがわかります。

 さらに四季報オンラインの会社予想EPSは会社予想より強きで244.3円らしいです(ツイッターで知りました)。

 というわけで、6/16の四季報発売で買われるのではないかと見越して先回りして買った次第です。

 この会社のビジネスは、四季報によれば愛知・岐阜でのマンションの分譲マンションの開発・販売です。

 私としては、中長期的にこのビジネスが成長し続けるかどうか判断できないので、中長期では持ちません。

 ただ、PER的に割安であることは間違いないので、短期的には(四季報発売のタイミングで?)、上がるのではないかと思っています。

 噴いたら短期で売ってしまうつもりです(というか、既に先週一度噴いてしまって、既に下落して3日目になっていますのでどうなることやら)。

 ところで中長期投資をやると前回書いたのになぜこんな短期の売買をしようとしているのか疑問に思われるかもしれません。

 これについては、原則は中長期投資としながらも、自分なりに調べてこれはいけると判断したので、少ない資金で短期も例外的にやったという判断です。

 私としては、突っ込んでいる金額は全体の5%と少額であるし、その辺は臨機応変に柔軟にやってもいいかなと思ってやっています。

 ただ、こういった原則から外れた投資行動が、裏目に出るかもしれません。

 これに味をしめて基準から脱線し続けてしまったり、または思わぬ損失を出してしまうかもしれません。

 そうならないように、あくまでもこのエムジーホームへの投資は例外的にやっているということはきちんと認識しておきたいと思います。

おわりに

 直近の保有銘柄2つについて雑感を記しました。

 チャームケアについては、もう少し介護報酬関連について調べて知識をつけようと思いました。

 これはすぐに勉強にとりかかります。

 エムジーホームについてはあくまでも例外的な投資行動なので、あまり欲張らずに早めに利益確定に動きたいと思います。

 おわり

読んでいただきありがとうございました。

これ↓をクリックしていただけると更新の励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

グーグル提供の関連コンテンツ
関連記事