スポンサーリンク
カスペルスキー セキュリティ

貧乏、大学妥協、就職失敗、退職、投資7ケタ損、離婚したけど後悔はない

 結論はタイトルの通りです。

 なにか内から込み上げてくるものがあり、衝動的に書きたくなったので心の声に従い思うがままに書きます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

貧乏、大学妥協、就職失敗、退職、投資7ケタ損、離婚

 貧乏な家に生まれました。

 高校は地元では進学校(全国的には微妙)だったので、たぶんバイトをしていたのは私くらいでした。

 大学受験は落ちたら就職と母に言われていました。 

 あと、複数の大学を受けさせるお金の余裕もないと言われました。

 なので家から通える某大学(ずっとA判定で余程のことがなければ受かる大学)1本に絞って受験しました。

 つまり大学受験に当たっては妥協をしました。

 就職はしたくなかったのですが、世間体もあるので楽そうな町役場を受験しました。

 落ちました。

 他に就職活動をしていなかったのでフリーターになりました。

 その後転職を繰り返しました。

 

 直近の会社には10年勤めましたが、リストラの事務をやっていて嫌になり適応障害を発症して辞めました。

 その後一発逆転を狙って集中投資した銘柄で失敗して7ケタの損を出しました

 挙句の果てに10年以上連れ添った女性と離婚しました

これだけ見ると不幸な人生?

 ここまでの記述を見ると「あぁ不幸な人なんだなぁ」と思ったのではないでしょうか。

 一般的にマイナスと思われることの羅列ですからね。

 確かに私も貧乏な家に生まれて損だよなぁと思ったこともありました。

今の私は過去の積み上げ

 でも今の私は過去の積み上げです。

 つまり過去があって今の私です。

 なので過去が違えば、今の私ではあり得ません。

 それはもう様々な無数の要素、縁が複雑に絡み合って今の私ができています。

 だから、過去の何か一つが変わっていたら今の私ではあり得ません。

 そして私は複雑に様々な要素が絡み合ってできた今の私が好きです。

 過去のどの私よりも、今の私が、自分史上で最強だと思っていますw

 そして自分史上で今が一番楽しいです。

 だから、空元気に、無理にポジティブに、というのではなく、本当に過去の出来事を全く後悔していません。

 ただ、「どうしてそんなにポジティブなのか?」と言われると答えるのが難しいです。

ポイントは体調と気分と解釈

 でも適当に思いつきで書くと「体調」と「気分」と「自分の身に起こることをいかに解釈するか」が関係しているのだと思います。

 まず体調については、最近すこぶる良いです。

 会社を辞めてから1度も医者に行っていません。

 次に、体調がよいので気分も良いです。

 気分が良いと明るくなります。

 最後に自分の身に起こることの解釈についてです。

 上記の出来事は物事の表面的な事実に過ぎません。

 私は人生で起こる出来事は解釈次第で良くも悪くもなると思っています。

 その出来事をどう解釈するか、どう生かすか殺すかで、その後の気分がポジティブになったりネガティブになったりするのだと思います。

 そして体調も気分もよければ、出来事を明るくポジティブに解釈しやすいと思います。

 プラスして、決断と行動を以下のツイートのように進めます。

 ちなみに私は「楽しく生きる」「判断に迷った時は自分の心に聴く」ということを自分の価値基準、判断基準にしています。

 あとはそれに従って自分の責任で判断・決断・行動をしています。

 いずれにせよ、自分の価値観に従って判断・決断・行動を繰り返していれば、自分に起こる出来事はどんどんよい方向に解釈できるようになると思います。

 良い方向に解釈できれば、気分が良くなります。

 病は気からですから、気分が良くなれば体調もよくなります。

 つまりこの3つがうまく回ると人生が好循環になると思います。

 そんなわけで、タイトルの通り、私の人生に後悔はありません。

 おわり

読んでいただき、ありがとうございました。

これ↓をクリックしていただけると更新の励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

グーグル提供の関連コンテンツ
関連記事