スポンサーリンク
カスペルスキー セキュリティ

【2017年(平成29年)5月場所12日目】髙安は大関昇進目安の3場所33勝到達!白鵬、日馬富士白星!

 髙安が今日勝って、大関昇進目安の3場所33勝に到達しました!

 33勝したからと言って大関昇進確定ではありませんが、1つの目安に到達したことは確かです。

 何も決まったわけではありませんが、少しほっとしました。

 さて、以下で12日目の三役以上の勝敗を見てみます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

2017年(平成29年)5月場所12日目三役以上勝敗

 結果は以下のようになりました。

 

 気付けば照ノ富士がなんと10勝2敗です。

 

 今日は正代が粘りの相撲を見せたこともあり、だいぶ動きのある相撲となりました。

 とても見ごたえのある相撲でした。

 今日この相撲で着実に白星を積み重ねたところを見ると、これはひょっとするとひょっとするかもしれません。

 ただ、照ノ富士は取組後足をひきずりながら引き揚げて行ったとの情報もあり、少し心配です。

 さて、その他のこの記事で優勝候補にあげた力士については以下でコメントします。

優勝候補にあげた力士についてのコメント

 この記事で優勝候補として以下の力士をあげました(カッコ内は現在の成績)。

 本命:高安(10勝2敗)

 対抗:白鵬(12勝)、日馬富士(11勝1敗)

 大穴:玉鷲(9勝3敗)

 これら4名の力士について取組順に以下コメントします。

髙安(VS宝富士)

 今日髙安は立ち合いかち上げでなくもろ手突き。

 そこから素早く右上手をとって一気に体を開いて土俵際で少し呼び込む形になりながらも振り回して投げが決まりました。

 今日私はスポナビライブで玉ノ井親方(元大関栃東)の解説を聴きながら見ていました。

 大関昇進目安の10勝がかかった取組だっただけに、玉ノ井親方は「少し固さが見えた」とおっしゃっていました。

 しかし「勝てばいい。また明日から自分の相撲を取ればいい」ともおっしゃっていました。

 ご自身が大関昇進と陥落からの再昇進を2度経験しているだけにその言葉には重みがあります。

 やはりどんな形であろうと、勝負どころで「勝てる」というのは超重要です。

 これで髙安は直近3場所で大関昇進目安の33勝に到達しました。

 北の富士さんの見解では後半負けが込むと印象が悪いので11勝はしてほしいとのことでした。

 明日日馬富士戦、そして照ノ富士戦もまだ残っていますから、格下相手にはもう1敗もできません。

 まずは明日の日馬富士戦に大注目です!

玉鷲(VS大栄翔)

 玉鷲は今日は立ち合いから大栄翔に下から突かれて2歩3歩と後退してしまいました。

 

 玉鷲は突き押しでいけないと判断したのか、大栄翔の体を抱え込んですくい投げで勝ちました。

 スポナビライブのもう一人の解説者松ヶ根親方(元前頭玉力道)はこの相撲を見て玉鷲は昔から腕力がものすごかったとおっしゃっていました。

 玉鷲はこれで9勝目。

 明日はなんと白鵬戦。

 明日玉鷲は勝って優勝争いをおもしろくすることができるか。

 大注目です。

白鵬(VS栃煌山)

 立ち合い白鵬は左手を出して栃煌山の顔を張ったかと思うと、すかさず右のかち上げ。

 そこから、左のど輪でぐぐっと押した後、叩いて栃煌山は前にぱたり。

 ここまでとても動きが速かったです。

 白鵬圧勝。

 明日は玉鷲戦。

 玉鷲は明日白鵬に土をつけて存在感を示せるか。

 大注目です。

日馬富士(VS貴ノ岩)

 貴ノ岩休場により日馬富士不戦勝。

 これで11勝1敗。

 明日の髙安戦を前に今日相撲を取らずに白星を積み重ねたことが吉と出るか凶と出るか。

 玉ノ井親方は前日負けた後の不戦勝で土俵に1日立たない影響をご自身の経験から少し悪影響寄りにに考えていらっしゃいました。

 いずれにせよ、明日は大注目です。

 それにしても「大注目」という言葉を連発したなぁw

12日目終了時点2敗以下の力士

 全勝:白鵬

 1敗:日馬富士

 2敗:照ノ富士、高安、宇良

 現時点ではまだ2敗以下の力士には優勝のチャンスはあると見ます!

 

 ↓13日目につづく

 髙安が日馬富士に勝ちました。  これで11勝目。  今日もスポナビライブで大相撲を観ていましたが、解説の芝田山...

読んでいただき、ありがとうございました。

これ↓をクリックしていただけると更新の励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

グーグル提供の関連コンテンツ
関連記事