【2017年(平成29年)5月場所10日目】稀勢の里4敗目。結び注目の白鵬VS髙安の結果は!?

 早いもので大相撲5月場所はもう10日目です。

 なんだかんだでこの記事で優勝候補として本命、対抗としてあげた髙安、白鵬、日馬富士は9日目まで調子よく勝ち星を重ねています。

 そのうち、今日10日目は結びで白鵬と髙安の対戦がありました。

 結果はいかに!?

 以下で10日目の三役以上の勝敗を見てみます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

2017年(平成29年)5月場所10日目三役以上勝敗

 結果は以下のようになりました。

 稀勢の里は琴奨菊に一気に寄り切られて全く相撲にならず4敗目。

 さて、その他のこの記事で優勝候補にあげた力士については以下でコメントします。

優勝候補にあげた力士についてのコメント

 この記事で優勝候補として以下の力士をあげました(カッコ内は現在の成績)。

 本命:高安(8勝2敗)

 対抗:白鵬(10勝)、日馬富士(10勝)

 大穴:玉鷲(7勝3敗)

 これら4名の力士について取組順に以下コメントします。

玉鷲(VS遠藤)

 立ち合いから玉鷲は右ののど輪で遠藤を離そうとしますが、離せませんでした。

 近い距離での相撲となり、小手投げで遠藤を何とかくだしました。

 解説の舞の海さんは破れかぶれの小手投げと評していました。

 破れかぶれでも何でもとりあえず勝ってくれたのでうれしいです。

 明日の対戦相手は横綱稀勢の里だけど、今日の稀勢の里の様子を見ていると勝てない相手ではありません。

 残り全部勝って12勝だ!

日馬富士(VS栃煌山)

 日馬富士は立ち合いから低く当たって一気に栃煌山を寄り切り。

 速攻相撲。

 栃煌山を全く問題にせず。

 10勝負けなし。

 勢いが止まりません。

 

白鵬VS髙安

 立ち合い白鵬は今日はかち上げでなく、右手で髙安の左ほほを張った後、右を差して右四つの形となりました。

 髙安は土俵際まで追い込まれますが何とか体勢を入れ替えてこらえます。

 しかし、白鵬優勢の流れは変わらず最後は寄り倒し。

 注目の一戦は白鵬の勝利でした。

 うーん髙安が勝った方が面白くなるなと思っていましたが、さすが第1人者です。

 白鵬が横綱の意地を見せました。

10日目終了時点2敗以下の力士

 全勝:日馬富士、白鵬

 2敗:照ノ富士、高安、正代、栃ノ心、宇良

 日馬富士、白鵬の2横綱が先頭を走っています。

 宇良は2敗なのですね。

 がんばってますね!

 11日目につづく↓

【2017年(平成29年)5月場所11日目】全勝の白鵬と日馬富士の結果に明暗&ラジオ解説北の富士勝昭さんでしたが・・・
 先日は北の富士さんのラジオ解説の大半をうっかり聴き逃してしまいました。  二度と同じ過ちは繰り返すまいと、今日は16:05~...

読んでいただき、ありがとうございました。

これ↓をクリックしていただけると更新の励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

グーグル提供の関連コンテンツ
関連記事