スポンサーリンク
カスペルスキー セキュリティ

【2017年(平成29年)5月場所6日目】髙安1敗!&北の富士さんラジオコメント4つ!

 なんと今場所無敵と思われた髙安が1敗です。

 そして5日目に続き6日目も横綱大関が全員白星となりました(休場の鶴竜を除く)。

 素晴らしい!

 さて、6日目の三役以上の勝敗を見てみます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

2017年(平成29年)5月場所6日目三役以上勝敗

 結果は以下のようになりました。

 豪栄道が大関の意地を見せ勢いのある御嶽海を下しました。

 以下、この記事で優勝候補にあげた力士についてコメントします。

優勝候補にあげた力士についてのコメント

 この記事で優勝候補として以下の力士をあげました(カッコ内は現在の成績)。

 本命:高安(5勝1敗)

 対抗:白鵬(6勝)、日馬富士(6勝)

 大穴:玉鷲(4勝2敗)

 これら4名の力士について取組順に以下コメントします。

玉鷲VS髙安

 なんと髙安のかち上げをものともせず、玉鷲が立ち合いからどんどん突き離し圧勝でした!

 正直髙安有利と思っていました。

 なのでこれほど一方的な相撲になるとは意外でした。

 

 北の富士さん曰く「(玉鷲は髙安の)右のかち上げを見透かしていた。素晴らしい相撲。玉鷲の方が大関候補っぽい相撲。玉鷲は100点満点」

 と玉鷲を絶賛していました。

 残り全部勝って13勝しちゃってくださいw

 尚、髙安の大関昇進については、ラジオ解説の北の富士勝昭さんは11勝は必要とおっしゃってました。

白鵬(VS遠藤)

 6日目も5日目と同様、左で張ってからの右のかち上げ。

 そこからは終始離れて突っ張って相撲をとりました。

 遠藤は最後まで粘りに粘りましたが、最後は押し出されてしまいました。

日馬富士(VS碧山)

 立ち合いからすぐ左の前まわしを取って低く当たり、一気に碧山を寄り切りました。

 日馬富士らしいかっこいい速攻相撲でした。

北の富士さんラジオ解説面白コメント

 今日のラジオの解説は北の富士勝昭さんでした。

 ラジオなので録音できていないので一言一句正確ではありませんが、面白コメントを4つピックアップします。

①中の大?

 宇良の取組の後「最近、小さい力士の方が有利な気がしてきた」とコメント。

 

 その後、以下のように自身のことを語りました。

私は当時身長185センチで当時では背が高い部類。

当時にしては体重は少し重い部類。

(つまり)中の大。

わかる?(笑)

 わかりませんw

②アナウンサーに話を振られた時の反応

アナウンサー:5つ目まで5連勝の両横綱についてはどうでしょうか?

北の富士さん:ん?

 聴いてないw

 リラックスしすぎw

 自由過ぎるw

 ちなみに同じような前科何度かありw

③白鵬のエピソードに対し一言

 白鵬が知人に「40回優勝した力士はいないんだぞ」と言われて奮起したというエピソードをアナウンサーが紹介した時の一言。

知人に言われなくたってわかるでしょ

 いや、それはそうなんだけどw

④放送終了直前のアナウンサーの発言に対して一言

アナウンサー:明日は日馬富士と嘉風の取組が楽しみです。北の富士さんいかがでしょうか?

北の富士さん:明日はそれしかないの?

 いや他にもあるでしょうけどw

 もう少し話し合わせてもいいんじゃないでしょうかw

 あ、放送終わっちゃったw

 7日目につづく↓

 5日目6日目に引き続き、7日目も休場の鶴竜を除く全横綱全大関が白星でした。  横綱大関がどんどん調子を上げている感じです。 ...

読んでいただき、ありがとうございました。

これ↓をクリックしていただけると更新の励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

グーグル提供の関連コンテンツ
関連記事