【2017年(平成29年)5月場所5日目】鶴竜休場!他横綱大関全員白星!&北の富士さん自虐コメント

 嫌な予感通り鶴竜が休場となってしまいました。

 左足関節離断性骨軟骨炎との診断とのことです。

 横綱審議委員会から「横綱としての責任を果たしていない」との厳しい一言もあったようです。

 しっかり治してまた土俵に戻ってきてほしいです。

 その治った状態で横綱らしい相撲がとれるかだと思います。

 それにしても、今場所も4横綱皆勤の場所とならなかったのが残念です。

 5日目の解説は北の富士勝昭さんでした。

 最後に北の富士さんの自虐コメントを1つだけピックアップしましたので、そちらもお楽しみください。

 さて、5日目の三役以上の勝敗を見てみます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

2017年(平成29年)5月場所2日目三役以上勝敗

 結果は以下のようになりました。

 この表の通り、鶴竜の不戦敗を除き横綱大関全員が白星となりました。

 稀勢の里は、右に動く(つまり稀勢の里の痛めている左を攻める)千代翔馬にだいぶ苦戦しつつ勝利しました。

 稀勢の里は左を差していましたが、どうも左に力が入っていないように私には見えました。

 髙安も勝って5連勝。

 

 私の好きな玉鷲も勝って3勝目をあげました。

 その他この記事で優勝候補にあげた力士については以下でコメントします。

優勝候補にあげた力士についてのコメント

 この記事で優勝候補として以下の力士をあげました(カッコ内は現在の成績)。

 本命:高安(5勝)

 対抗:白鵬(5勝)、日馬富士(5勝)

 大穴:玉鷲(3勝2敗)

 これら4名の力士について取組順に以下コメントします。

玉鷲(VS嘉風)

 相手はここまで2横綱1大関に勝っている嘉風。

 気を付けなければなりません。

 玉鷲は立ち合いから突っ張っていって嘉風に中に入らせず、土俵の外に押し出しました。

 解説の北の富士さんは「ホントに強くなったねぇ」とおっしゃっていました。

 前日の取組後、腰に痛みを感じ付け人の肩を借りて歩いていましたが、それを全く感じさせない相撲でした。

 玉鷲の腰について北の富士さんは「ぜーんぜん心配ないでしょう」とちょっと意地悪そうな声でおっしゃっていました。

 ちなみに玉鷲は取組後「腰は痛いんだけれども1日1番なら大丈夫です」と言っていたそうです。

 残り10番全部勝って13勝しちゃってくださいw

髙安(VS遠藤)

 なんと過去の対戦成績は髙安の5勝、遠藤の6勝で、遠藤の方が1勝上回っています。

 ちょっと意外でした。

 油断できない相手です。

 ただ直近2回は髙安が勝っています。

 髙安は立ち合い右のかち上げをかまし、左四つの形になって万全の相撲で遠藤を寄り切りました。

 解説の北の富士勝昭さんも「勢いがある」と大絶賛でした。

 明日は玉鷲戦。

 お手柔らかにお願いしますw

白鵬(VS御嶽海)

 好調の御嶽海に全く相撲をとらせず白鵬の圧勝でした。

 北の富士さん曰く「3年早いって感じだね」

日馬富士(VS大栄翔)

 時々見せる立ち合いから当たりつつ左に動いて上手を取って投げる相撲で大栄翔に勝利。

 だいぶ格下の相手に対してちょっと変化っぽい相撲なので会場には少しがっかりしたような空気が流れました。

 6日目につづく

北の富士さん自虐コメント

日馬富士が幕内勝ち星数歴代単独10位の684勝に達したことを受けての一言

(テレビ画面に勝ち星歴代10位までの力士が映し出されているのを見て)

北の富士の北の字もないね

 自虐w

 ちなみにこのブログの記事(まるほんネット:【大相撲記録】通算勝利数ランキング。2016/5/18に更新されている)によると、

 北の富士さんは786勝で歴代18位のようです。

 実はすごい記録だと思います!

 6日目につづく

読んでいただき、ありがとうございました。

これ↓をクリックしていただけると更新の励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

グーグル提供の関連コンテンツ
関連記事