スポンサーリンク
カスペルスキー セキュリティ

【Hananoki@Plus】バカうまラーメン(大)【宇都宮の好きなラーメン屋シリーズ⑤】

宇都宮で私が好きなラーメン屋(ラーメン)を紹介するシリーズの5回目は、「Hananoki@Plus」さんです。

 前回この記事で紹介した「花の季」さんの姉妹店です。

 さて、もはや毎度おなじみのセリフになっていますが、しばらくラーメン記事の更新をさぼっておりました。

 前回からしばらく間が空いてしまいましたが、以下書いていきます!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

花の季さんの姉妹店

 前回のラーメンシリーズの記事で書いた花の季さん(以下本店と表記)の姉妹店です。

 ですのでおいしくないはずがありません。

 JR宇都宮駅前(西口)にお店があるので、県外から電車で来るお客さんにはこちらの方が断然アクセスがよいです。

 メニューは本店とほとんど同じなのですが、実は微妙に違っています。

本店との違い

①メニューが微妙に違う

 まず、こちらのHananoki@Plusには私の大好きな「たんめん」が残念ながらありません!(2016年末現在)

 理由をお店の人に確認したところ、厨房が狭くてたんめんの分の寸胴を置けないからだそうです。

 なので「たんめん」を食べたい方は、本店の方に行きましょう。

 しかしながら、№1の看板メニューの「バカうまらーめん」は当然こちらのお店でも食べられますのでご安心ください。

 また、駅前ということもあってアルコールや夜のおつまみのメニューはこちらの方が充実しています。

 実際、夜に行くとサラリーマン風のグループがおつまみを食べながら一杯やっているのをよく目にします。

 ↓夜はおつまみメニューがあります(写真は野菜餃子と半玉ポテサラ)

②本店ほど並ばない

 それから、こちらの方が並ばない印象があります。

 というか時間帯をずらしているせいなのか、たまたま運が良いのかわかりませんが、私は並んだ記憶がありません。

 宇都宮は車社会なので、地元の人は駐車場がないこちらのお店よりも本店の方に行ってしまうのかもしれません。

③その他

 お店は本店よりも狭いです。

 立地を考えたら田舎の本店よりも狭いのは仕方がないですね。

 また、こちらのお店は入口の自動販売機で食券を買って注文します(本店は口頭で注文)。

 店員さんについては、本店で見たことがある方ばかりなので、おそらく本店と人員の行き来があるのだと思います。

 同じく姉妹店の「つけ麺ラーメン鳴門」さんでも本店で見たことがある方が店員をされていたので、お店に人を固定させない方針なのだと思われます。

私のおすすめ「バカうまラーメン(大)」のご紹介

 本店の「花の季」さんと共通の看板メニューが「バカうまラーメン」です。

 その名の通り、バカうまです。

 味は和風豚骨しょうゆ味です。

 ↓これです。

 ちなみに本店では、(大)の表記がないのですが、デフォルトで(大)のサイズで出てくるので注意してください。

 こちらのHananoki@Plusでは、親切に(大)と(中)の表記分けがされています。

 

 尚、漢(おとこ)なら(大)一択!ということで今回は(大)です。

 写真ではわからないかもしれませんが、(大)は器もレンゲもバカでかいです。

 運ばれてきた瞬間でかくてインパクトありまくりです。

 麺の量はホームページによると260gのようです。

 通常の麺の量がだいたい130g~140g位と考えると通常の倍の量です。

 というわけで食べるとかなり腹いっぱいになります。

 つまりバカうまラーメンは、(大)を選ぶとバカうまいだけでなくバカでかいわけです。

 トッピングは、

 のり

 ナルト

 チャーシュー(トロトロ)

 ネギ

 メンマ

 煮玉子(完熟)

 

 です。

 麺は縮れていない細麺です。

 

 とてもやさしい味です。

 食べれば食べるほどやみつきになります。

 ただ、(大)を頼むと量が多すぎて途中で飽きることもあります。

 じゃあ(中)にしろよって話なのですが、食べる前は毎回(大)が食べたくてしようがない気持ちになるので、毎回(大)を注文してしまいますw

 そうおバカだから忘れてしまうのですw

 今回こうして書いたから忘れないかなw

 ところで、人気を二分する本店メニューの「たんめん」は大盛りで頼んでも全く途中で飽きることはありません。

 この辺のこともあって、私は前回の本店の記事で「たんめん」を第一のおすすめとしました。

 ただそうは言っても「バカうまラーメン」は看板メニューですから、おいしいのは間違いありません。

その他お店の情報

 お店の基本的な情報(私が食べに行ってメモして写真を撮った2016年12月時点)などを以下に記します。

 

メニュー

食券機の写真撮るの忘れたOTZ

ランチメニューの写真しかないOTZ

夜はアルコール(ビール、ハイボール、サワー、ウーロンハイ、焼酎など)メニューがあります。

あと時間限定(18:00~20:00)で晩酌セットというのがあって、生ビールと餃子とつまみがついて600円とかなりお得です。

夜のおつまみメニューは「ガツ刺し」とか「肉の角じゃない煮」とか面白いメニューもあります(あまり夜にラーメンを食べないのでこれらのメニューは食べたことはないです)。

定休日

 月曜日(祝日の場合は営業。その場合翌日が休み)

営業時間

 月~金

  11:30~15:00

  17:00~23:00

 土

  11:30~23:00

 日・祝

  11:30~21:00

電話

 028-643-8749

並ぶか?

 上述の通り、私は並んだことがありません。

店の外観

住所

 栃木県宇都宮市駅前通り1-5-9

(JR宇都宮駅西口から歩いて1,2分です)

地図


JR宇都宮駅を背にして見た風景(右がお店)

JR宇都宮駅に向かって見た風景(左がお店)

駐車場

 なし

キャパ

 ・大テーブル1つ(8人座れる)

 ・2人掛けテーブル3つ

 ・4人掛けテーブル3つ(尚、横に並んでいるのでくっつけることができる)

席の指定

 空いている時は指定されない。

注文方法

 店のドアを開けるとすぐ正面に券売機があります。

 そこで食券を購入し、店に入ったら店員さんに渡します。

卓上に置いてあるもの

 ・しょうゆ

 ・お酢

 ・ラー油

 ・ようじ

 ・こしょう

 ・割り箸

 ・ティッシュ

お店の印象

 たぶん居ぬき店舗で上手く例えられないのですが、タイル張りっぽい内装です。

 そういう意味では木のぬくもりのある本店とはまた違う印象です。

 ただ、本店と同じ店員さんですから、本店同様どの方も笑顔であたたかな接客をしてくださいます。

 その辺は本店と同じです。

 本店よりも狭い分、少ない人数(たぶん2,3人)でお店を回しているので、忙しくてきぱきと皆さん動いている印象です。

片づけ要否

 カウンターではないので片づけ不要です。

トイレ

 厨房の方に向かってレジの右側の奥にあります。

 

 和式で男女兼用です。

 中にも外にも手洗い場があります。

 以上、宇都宮の好きなラーメンシリーズ⑤、私の好きな「Hananoki@Plus」さんについての記事でした。

 ↓ラーメンシリーズはまだつづきます。

 宇都宮で私が好きなラーメン屋(ラーメン)を紹介するシリーズの6回目は、「栃木軒」さんです。  尚、紹介をする前提など...

読んでいただき、ありがとうございました。

これ↓をクリックしていただけると更新の励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

グーグル提供の関連コンテンツ
関連記事