スポンサーリンク
カスペルスキー セキュリティ

生きることはよいことか。私の答え②(『メタフィジカル・パンチ』(池田晶子)感想③)

 

 この記事は、前回のこの記事のつづきです。

 前回は、この本の言葉から連想した

 「生きることはよいことか」

 について、次のような私の答えを書きました。

 「生きることは、それが自分にとってよいのであればよい」

 そして、この中で「自分にとって」と「よい」がポイントであると書きました。

 前回は「自分にとって」の部分を「自分の見知らぬ誰か(何か)にとって」に置き換えてみるとどうかというところまで書きました。

 今回の記事では「自分にとって」を「自分の知っている誰か(何か)にとって」に置き換えて考えてみます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

生きることはよいことか

1.「自分にとって」について

1-2.仮に「自分の知っている誰か(何か)にとって」としてみる

 「生きることは、自分の知っている誰か(何か)にとってよいのであればよい」

 自分の知っている誰か(何か)というのは、

 例えば

 配偶者、子、親、兄弟、友人、恋人、知人、同僚、会社、近所、店、国、都道府県、市町村・・・

 などなど、あげればきりがないし、自分との関係性の濃淡はそれぞれだいぶ異なります。

 だからこれらをまとめて「自分の知っている誰か(何か)」とひとまとめにするのは無理があるかもしれません。

 まぁでも「自分にとって」が重要だという主張をしたいためにその比較としてあげているだけなのでこれ以上は分けません。

 はい。

 それでは考えてみます。

 例えば、Aさんが結婚したとします。

 Aさんの親が喜びました。

 よって、

 「Aさんが生きて結婚したことは、Aさんの親にとってよいので、Aさんが生きているのはよい」

 です。

 つづけます。

 やがてAさん夫婦に子どもができました。

 Aさんの親が喜びました。

 よって、

 「Aさんが生きて子どもができたことは、Aさんの親にとってよいので、Aさんが生きているのはよい」

 です。

 親子とは別の例で考えてみます。

 Bさんは地域の小学生が安全に登校できるよう、毎朝交差点で見守ってくれました。

 小学生もその親も学校も大変感謝しました。

 よって、

 「Bさんが生きて交差点で見守ってくれたことは、地域の小学生やその親や学校にとってよいので、Bさんが生きているのはよい」

 です。

 もう一つだけ別の例を考えてみます。

 Cさんは営業能力が高く、会社に莫大な利益をもたらし続けています。

 会社はCさんを高く評価しています。

 顧客の評判もとても良いです。

 よって、

 「Cさんが生きて会社の営業を担当していることは、会社や顧客にとってよいので、Cさんが生きているのはよい」

 です。

 いくらでも例は考えられますが、このくらいにしておきます。

 尚、これらの例についても前回の例と同様、同じ行為が別の人にとっては悪いということが考えられますが、それは当たり前なので省略します。

 さて、AさんもBさんもCさんも、それぞれあげた観点に絞ってそれぞれの関係者からみたら、生きているのはよいことです。

 AさんもBさんもCさんも、こういったことに思いを巡らせて

 「生きることは、関係する〇〇(さん)にとってよいことなんだなぁ」

 と考えてみるといい気分になるかもしれません。

 つまり、

 Aさんは、「親孝行できてよかった。生きていてよかった」と思うかもしれません。

 Bさんは、「地域の役に立ててよかった。生きていてよかった」と思うかもしれません。

 Cさんは、「会社に貢献できてよかった。顧客にも信頼されてよかった。生きていてよかった」と思うかもしれません。

 これの何がまずいのでしょうか?

 いや、自分が心の底からそう思っているのなら全く問題ありません。

 では、どんな場合がまずいのでしょうか?

 想像がつくかもしれませんが、次回はこれまであげた例のまずいパターンについて「自分にとって」という観点と絡めて書いてみます。

 つづく↓

 この記事は、前回のこの記事のつづきです。  「生きることは、それが自分にとってよいのであればよい」  とい...

↓この本の感想を書きました

メタフィジカル・パンチ

posted with カエレバ

池田 晶子 毎日新聞社 2014-11-26

Amazon

読んでいただきありがとうございました。

これ↓をクリックしていただけると更新の励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

合掌

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

グーグル提供の関連コンテンツ
関連記事