生きることはよいことか。私の答え①(『メタフィジカル・パンチ』(池田晶子)感想②)

 この記事は前回のこの記事のつづきです。

 前回はところどころちょっと読みにくい部分があったと書きました。

 しかしながら、ところどころ心に響く部分があったので読み進めることができたと書きました。

 今回の記事では、その心に響いた言葉から連想された「生きることはよいことか」についての私の答え(解説は途中まで)を書きたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

生きることはよいことか

 この本では何度か「よい」という言葉がキーワードとして出てきます。

 以下引用します。

(引用開始)

人生や社会や、我々が生きるということは、なぜよいことであるべきなのか。なぜそれらは、何らかの価値であるべき価値なのか。

(引用終了)

(『メタフィジカル・パンチ』P103より引用)

 

 これに続けて、哲学とはこういった世の中に自明として受け入れられていることを疑い、考え抜こうとする「癖」のことをいう、としています。

 ともかく、ここでは

 人生とか生きることはなぜよいことであるべきなの?

 本当によいことであるべきなの?

 と問うています。

 私の答えを述べます。

 ずるいかもしれませんが、よいことであるべきかどうかという「べき」論には興味がありません。

 なので、べき論ではなく、この引用箇所やその他の箇所から連想された

 「生きることはよいことか」

 について私の答えを述べたいと思います。

 「生きることは、それが自分にとってよいのであればよい」

 これが私の答えです。

 ポイントになるのは、「自分にとって」と「よい」です。

 以下それぞれ考えます。

1.「自分にとって」について

 ここであえて「自分にとって」という言葉を入れたのには理由があります。

 その理由を他の2つの言葉に入れ替えた場合と比較して述べます。

 その入れ替える2つの言葉とは次の2つです。

 「自分の見知らぬ誰か(何か)にとって」

 「自分の知っている誰か(何か)にとって」

 つまり、まとめると「自分以外にとって」ということです。

 「自分以外にとって」と「自分にとって」の2つを考えることはMECE(漏れなし、ダブりなし)です。

 「見知らぬ」と「知っている」もMECEです。

 もちろん「知っている」の度合いには濃淡があります。

 しかし、あくまでも「自分にとって」がポイントだ、重要だということを言いたいための比較材料ですから、まぁとりあえずざっくりこのように分けます。

 それではいきます。

1-1.仮に「自分の見知らぬ誰か(何か)にとって」としてみる

 例えばここを「自分の見知らぬ誰か(何か)にとって」と入れ替えたとします。

 つまり、「生きることは、自分の見知らぬ誰か(何か)にとってよいのであればよい」としたとします。

 まぁこういう考え方もありだと思います。

 こう考えればよい可能性は格段に高まるでしょう。

 なぜなら生きることとは何らかの行為をすることだからです。

 そして、何らかの行為をすれば、それは見知らぬ誰かにとってよい可能性があるからです。

 例えばあなたがコンビニで弁当を買った場合。

 コンビニのオーナーにとってそれは基本的にはよいことでしょう。

 コンビニのオーナーのことを自分が知っているかいないかに関わらず、それはよいことでしょう。

 また、その弁当のおかずを作っている人たちにとってもそれは基本的にはよいことでしょう(単純化するため、安く買いたたかれていて赤字なので逆に買ってもらわない方が助かるとかはここでは考えません)。

 そのおかずを作っている人たちのことをあなたが知っていようがいまいが、それはよいことでしょう。

 その他思いを巡らせれば、自分が何かの行為をすることが、見知らぬ誰かのよいことにつながっていることはたくさんあるでしょう。

 時折こういったことに思いを巡らせて

 「生きることは、自分の見知らぬ誰かにとってよいことなんだなぁ」

 と考えるのは気持ちが豊かになるかもしれません。

 尚、逆も言えることは言うまでもありません。

 つまり、自分が何かをすることで、見知らぬ誰かにとって悪いことにつながっているということです。

 例えば、あなたがあるコンビニで弁当を買うことは、近所の別のコンビニのオーナーにとっては間接的に悪いということです。

 または、あなたが自炊することはコンビニのオーナーにとっては悪いということです。

 でも、あえて私が「自分にとって」と書いたことにもつながるのですが、わざわざ悪いことを考えて自分の気分を悪くする必要はありません。

 それも含めて考えるべきではないのか?ということについてはここではこれ以上掘り下げません。

1-2.仮に「自分の知っている誰か(何か)にとって」としてみる

 「自分にとって」を「自分の知っている誰か(何か)にとって」と置き換えた場合を考えてみます。

 ・・・って書こうと思いましたが、これを書くとこの記事の全体の文字数が多くなってしまいそうなので別記事にします。

 つづく↓

生きることはよいことか。私の答え②(『メタフィジカル・パンチ』(池田晶子)感想③)
   この記事は、前回のこの記事のつづきです。  前回は、この本の言葉から連想した  「生...

↓この本の感想を書きました

メタフィジカル・パンチ

posted with カエレバ

池田 晶子 毎日新聞社 2014-11-26

Amazon

読んでいただきありがとうございました。

これ↓をクリックしていただけると更新の励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

合掌

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

グーグル提供の関連コンテンツ
関連記事