スポンサーリンク
カスペルスキー セキュリティ

『金のなる木の育て方』(丸尾孝俊)を読んだ感想:継続って大切

金のなる木の育て方

posted with カエレバ

丸尾 孝俊 (兄貴) 東邦出版 2013-02-22

Amazon

 昔買った本です。

 生きていくにはお金が必要です。

 私はサラリーマンではないので安定かつ定期的な収入はありません。

 自分で何とかしてお金を稼ぐか、今あるお金を運用して増やしていかなければなりません。

 この本を買った時はまだサラリーマンだったと思いますが、お金をどうやって増やすかにはずっと興味がありました。

 だから株もやっていますし、ビットコインもやっています。

 そんなお金を増やすことに興味のある私は、それに成功した著者のこの本を買いました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

どんな本か?

 2013年3月4日初版第1刷の本です。

 著者は丸尾孝俊さんという方です。

 バリ島で不動産ディベロッパーとして大成功した方です。

 著者は3歳で母と生き別れ、幼少時代は極貧生活を送ります。

 中学卒業後様々な仕事を経験し、20代後半でバリ島に移住して一文無しになりますが、そこから大逆転された方です。

 そんな著者が「金のなる木の育て方」を伝えるために書いた本です。

 著者の半生が時系列に書かれた本ではありません。

 著者の59個の極意をそれぞれ見開き2ページ程度で説明した本です。

 例えば「とにかく人に会いまくる」という極意があって、それに関して2ページちょっとで説明、とこんな具合で59個の極意に関して説明されています。

感想

①人を大切にすることがお金を生む秘訣

 著者は、とにかく人を物凄く大切にされています。

 「ヒト、モノ、カネ」で一番大事なのはヒトだと断言しています。

 そして、人を大事にすることが金のなる木を育てるための秘訣だと繰り返し述べていると感じました。

 私は一人でいるのが好きなので、他人と積極的に関わっていくというのはどうも苦手なのですよね。

 ただ、だからと言って他人を大切にしなくてもよいと思っているわけではありません。

 当たり前ですが、人は一人では生きていけません。

 だから社会の中でそれぞれが社会的な役割を果たし(畑を耕す、サービスを提供するなど)、それで世の中は生きやすくなっています。

 逆に社会的な役割がきつすぎて生きにくくなったりしている面もありますが。

 ともかく、人は一人では生きていけないので、協力して生きており、その中で互いに影響を与えたり、与えられたりしています。

 この世の中、良い影響を与えれば良い結果が返ってくることが多いだろうし、悪い影響を与えれば悪い結果が返ってくることが多い気がします。

 因果応報です。

 原因と結果の法則です。

 お金を生む生まないに関係なく、また、私が人と積極的に関わるかどうかに関係なく、人は大切にしたいと思います。

②継続が秘訣

 もう一つ本を読んでいて私に響いたのは継続の重要性です。

 むしろ、私は①よりもこちらの方が響きました。

 まぁ私の最近のテーマが「継続」だからですね。

 もっとも結婚生活は継続しませんでしたがw

 ・・・自虐はこれくらいにしておきます。

 

 以下引用です。

(引用開始)

 わかりやすい変化がない時期に、どうやって継続するか。実は、それがすべてと言っていい。

 やるべきことをやったのなら、じたばたしないで時期を待つ。

 これができるか、できないか。この違いが結果を大きく左右する。

(引用終了)

(タイトルの本のP130より引用)

 株もブログもなかなか結果が出ませんが、結果を焦らないようにしたいと思います。

 「自分でやると決めたことをきちんとやっている」それでよしとします。

 くれぐれも自分で決めたことと違うことに、次から次へと手を出すようなことはしないようにしたいと思います。

 著者の丸尾さんは上記とは別の箇所で、自分が今はこれをやると決めたらとことんやるよう、少なくとも5年間は続けるよう書いています。

 そんな気持ちで株にもブログにも向き合っていきたいと思います。

 「諦めたらそこで試合終了ですよ」じゃないけど、そんなことにならないよう前向きに続けたいと思います。

 おわり

↓この本の感想を書きました。

金のなる木の育て方

posted with カエレバ

丸尾 孝俊 (兄貴) 東邦出版 2013-02-22

Amazon

読んでいただきありがとうございました。

これ↓をクリックしていただけると更新の励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

グーグル提供の関連コンテンツ
関連記事