離婚することになりました①:事実の伝達

Kanenori / Pixabay

 

   タイトルの通り離婚することになりました。

 各種名義変更などが完了していないため、役所に届はまだ出していないのですが、夫婦で話し合って届を出す日も決めてあります。

 また夫婦でお互いの実家に出向き、離婚する旨挨拶も済ませました。

 我々夫婦は意外とケロッとしているのですが、互いの両親・弟妹が残念がっていました。

 変な話ですが、周囲に惜しまれるような離婚でよかったと思います。

 もっとドロドロしていて「なんで早く別れなかったの?」なんて周囲が思う離婚だったら嫌ですからね。

 さて、ツイッターのプロフィール(@allokgoahead)ではこれまで「妻1人、子0人、犬0匹、猫0匹」などと書いてきました。

 これを「妻0人、子0人、犬0匹、猫0匹」に変更しました。

 全て0になりましたw

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

なぜブログにわざわざ離婚の事実を書くのか

 いくつか理由があります。

①書かない方が不自然なので

 このブログでは身近な出来事や、日々考えたことなどを書いています。

 そんな中で離婚した事実だけ書かないのは不自然です。

 不自然なことをしていると、それにより書けることが少なくなったり、嘘を書いたりしなければならなくなるかもしれません。

 そういう状態になるのは嫌だし気持ち悪いので書きました。

 これが一番の理由です。

 この理由に比べれば以下の理由はおまけみたいなものです。

②離婚によりブログの内容が一部変更になる可能性があるため

 私は、このブログに主夫的な内容も少し書いてきました。

 例えば目標管理関係の記事では主夫としての目標を書いてきました。

 今後は夫ではなくなるので、当然主夫でもなくなります。

 なので、この主夫としての目標は管理項目から消えることになります。

 この目標管理項目の変更については、また別記事で詳しく書いていきます。

 ともかく、このようにブログで書く内容が微妙に変わってくる可能性があるので、従来の読者の方には離婚の事実を伝える必要があると考えました。

③リアルの知人に離婚の事実を伝えるのが楽なので

 このブログはリアルの知人も読んでいます。

 結婚した時こそ、年賀状などで「結婚しました!」などと一律にその事実を伝える方は多いです。

 しかし「離婚しましたOTZ」などと年賀状で一律に伝える人はあまりいない気がします。

 少なくとも私は見た記憶がないです。

 まぁ見た記憶がないからといって、私がその手段をとらない理由にはならないのですが。

 ともかく、一律に伝えないとするならば個別に一々説明しなければならないわけで、それはめんどくさい気がします。

 というわけで、ブログに書くことで、少なくともブログを読んでいるリアルの知人には説明の手間が省けるので書くことにしました。

④これまでの記事に妻が結構出てきたので表記上の問題

 これまで記事中に妻が結構出てきたと思いますが、今後は妻でなくなります。

 ただ今すぐに全ての表記を「妻→元妻」に修正するのは困難なので、皆さんの中で「元妻」と読み替えてくださいw

 次回は、ごく簡単にですが離婚の背景を書きたいと思います。

 つづく↓

離婚することになりました②:離婚の背景
   今回の記事はこの記事のつづきです。  前回の記事で、離婚の事実をお伝えしました。  今回はご...

読んでいただきありがとうございました。

これ↓をクリックしていただけると更新の励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

合掌

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

グーグル提供の関連コンテンツ
関連記事