【2017年3月場所14日目】照ノ富士変化で1敗守る!稀勢の里は全く力出ず2敗目。

 

 大相撲三月場所(大阪場所、春場所)は今日を含めて残り2日となりました。

 昨日は、稀勢の里が日馬富士の速攻相撲に一気にやられ新横綱で初黒星、12勝1敗となり、照ノ富士と並びました。

 しかも、稀勢の里は土俵に落ちた後、左肩を押さえて動けなくなってしまい、今日出場できるか心配でした。

 昨日は救急車で運ばれてしまったと聞き、出場は難しいのかなと思っていました。

 しかしながら、今朝になって田子ノ浦親方が稀勢の里が今日出場することを明らかにしました。

 ケガの詳細は語られなかったようですが、前日よりはだいぶよいとのことでした。

 今日テレビで稀勢の里の横綱土俵入りを見ましたが、左肩にテーピングがされていました。

 土俵入りでは左腕はしっかり上がっているように見え、少なくとも昨日のケガの直後よりはよくなっていることがうかがい知れました。

 今日の対戦相手は鶴竜です。

 鶴竜としてはケガをしている相手だけにやりにくいかもしれません。

 一方で、ケガをしている相手に負けるわけにはいかないという気持ちもあると思います。

 鶴竜は既に5敗しているわけでそういう意味でも今日負けるわけにはいかないという気持ちは強いでしょう。

 優勝争いをしているもう1人の照ノ富士は今日琴奨菊戦です。

 琴奨菊は今日負けると大関特例復帰がなくなるわけですから相当気合が入っていることが予想されます。

 ひょっとするとひょっとするかもしれないという気持ちがあります。

 それではまず優勝争いをしている2力士の取組結果を見てみたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

優勝争いをしている2力士の結果

照ノ富士VS琴奨菊

 1回目照ノ富士が一瞬早めに立って立ち合い不成立。

 2回目・・・なんと照ノ富士変化!!

 琴奨菊はぶつかる相手がいないいわば「空」に頭から突っ込んでそのまま前に倒れてしまいました。

 1回目早めに立ってあたかもぶつかっていくぞと思わせたのは変化のための前フリだったのか!!

 過去に同じ対戦で同じ光景を見たことがあります。

 その時は変化をしない照ノ富士が変化したことに私もアナウンサーも解説者も驚いていたと記憶しています。

 たぶんこの時が初めての変化だった気がします。

 この時変化が見事に決まり琴奨菊に勝ったわけですが、その際、「試しにやってみましたがもう2度とやりません」的なことを言っていたように記憶しています。

 しかし、ここでまた出ました。

 

 照ノ富士からしたら優勝を目前にして何が何でも勝ちたいという気持ちだったのでしょう。

 琴奨菊相手に変化すれば勝てることはほぼ目に見えてますからね。

 稀勢の里がケガをしたとは言え、全く油断できない、できることはすべてやると言った意思を感じさせます。

 この変化の相撲が明日どう影響するか。

 明日千秋楽の稀勢の里戦に注目したいと思います。

 尚、琴奨菊の大関特例復帰の可能性はこれでなくなりました。

 11日目の勢戦で自ら変化して勝ち星を逃してから流れがおかしくなり、最後も変化に泣きました。

 あの11日目の相撲が運命の分かれ道だった気がします。

稀勢の里VS鶴竜

 過去1年間の両者の対戦成績は2勝2敗の五分です。

 稀勢の里はケガをしているだけに当然鶴竜の方が有利と見ていましたが、思った以上に稀勢の里は力なく、あっけなく鶴竜のもろ差しがすぐに決まり一瞬で勝負が決まりました。

 稀勢の里は全く相撲になっていませんでした。

 やはりケガの状態はよくなさそうです。

 尚、勝負が決まった後、鶴竜がすっと片手を稀勢の里の方に伸ばしました。

 こういうところに鶴竜のやさしさが垣間見えます。

2017年(平成29年)3月場所(大阪場所、春場所)14日目の三役以上の勝敗

 それでは、2017年(平成29年)3月場所(大阪場所、春場所)14日目の三役以上の勝敗を見ていきます。

 上述の通り、照ノ富士1敗、稀勢の里2敗となりました。

 繰り返しになりますが琴奨菊は大関特例復帰の可能性がなくなりました。

三役以上についての一言コメント

【白鵬】

 5日目より休場

【鶴竜】VS【稀勢の里】

 上述の通りです。

【日馬富士】VS【玉鷲】

 日馬富士は立ち合いからすぐ玉鷲の前まわしを取りましたが、玉鷲にすぐに前まわしを切られ、突っ張られたのち寄り倒されてしまいました。

 日馬富士の昨日の強さはなんだったのか?

 日馬富士10勝4敗。

 玉鷲はこれで関脇で2場所連続勝ち越しを決め8勝6敗!

 インタビュールームではインタビュー前から満面の笑みを浮かべていました。

 そして「このインタビュールームってやっぱ夢の部屋みたいな、来た感じですね、いつも。」と答えていました。

 この、内にある感情が表情(全身)にも言葉にも表れる感じの玉鷲を見ているとこちらも幸せな気持ちになります。

 さらに刈屋アナの「上をねらっていく気になるのではないですか?」との質問には

「とりあえずがんばっていきますんで、もっと楽しくやるんで。よろしくお願いします」と答えていました。

 「楽しく」という言葉が出てきたのには驚きました。

 そりゃ見てる私も幸せな気持ちになるわけだ。

【豪栄道】

 6日目より休場

【照ノ富士】VS【琴奨菊】

 上述の通りです。

【髙安】(VS宝富士)

 髙安ははじめ突っ張っていって離れて相撲を取ろうとしましたが、やがて左四つの形となります。

 その後宝富士のまわしが緩んでしまい「まわし待った」がかかって1分弱相撲が中断しました。

 相撲が再開してからも長い相撲となりましたが、最後には髙安が宝富士を押し出して勝ちました。

 髙安はこれで11勝3敗です!

 先場所髙安は11勝ですから、今場所あと1勝すれば12勝となり、そうなれば来場所10勝で大関昇進目安の33勝に到達となります。

 大関取りに向けて明日勝っておくと来場所少し楽になります。

 明日の相手は同じ関脇の玉鷲です。 

【御嶽海】(VS千代の国)

 立ち合いから一気に押していって思わず千代の国が引いたところをさらに押して押し出しました。

 御嶽海はこれで8勝6敗と小結で初の勝ち越しとなりました!

 ただ、関脇が3人いて3人とも勝ち越しが決まっていてかつ大関に昇格するわけでもないので関脇の席がありません。

 東小結で勝ち越しですが、関脇昇進は微妙かもしれません。

【正代】(VS松鳳山)

 今日の相手は過去5戦5勝の松鳳山でしたが、松鳳山の小手投げに敗れました。

 4勝10敗。

14日目を終えて2敗以下の力士

 1敗:照ノ富士

 2敗:稀勢の里

改めて優勝予想・・・というほどでもないけど

 明日稀勢の里が照ノ富士に勝てれば優勝決定戦になるわけですが、今日の相撲を観ている限りその可能性は限りなく0に近いです。

 というか誰が見てもそういう予想になるでしょう。

 上で照ノ富士の変化が明日の相撲にどう影響を及ぼすかなんて書きましたが、これは結びの稀勢の里の相撲を観る前に書いたことで、あの稀勢の里の力の出ない相撲を観た後では、もう答えが出ています。

 何の影響もないです。

 というか、そもそも明日稀勢の里が出場するのかも微妙なのではないかと思います。

 個人的には休んで回復に専念した方が良いと思います。

 今場所の12日目までで稀勢の里が強い横綱であることは証明されています。

 そこに口をはさむ人はいないでしょう。

 どうかケガをきちんと治して万全の状態でまた土俵に上がっていただきたいです。

 しかし、まだ決定ではありませんが、場所前に照ノ富士が優勝するだろうと誰が予想したでしょうか?

 私の予想が当たらないのはいつものことですが、わからないものです。

 だからこそ相撲は面白いとも言えます。

 千秋楽につづく↓

【2017年3月場所千秋楽】まさかの稀勢の里逆転優勝!&北の富士勝昭さんコメントピックアップ
2017年(平成29年)3月場所(大阪場所、春場所)千秋楽の三役以上の取り組みについてコメントしています。また今場所を振り返りました。そして第52代横綱北の富士勝昭さんの面白コメントも掲載!

読んでいただき、ありがとうございました。

これ↓をクリックしていただけると更新の励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

合掌

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

グーグル提供の関連コンテンツ
関連記事