スポンサーリンク
カスペルスキー セキュリティ

【2017年3月場所13日目】稀勢の里1敗で照ノ富士と並ぶ!しかも左肩脱臼か?&北の富士勝昭さんコメントピックアップ

 

 いよいよ大相撲三月場所も今日を含めて残り3日となりました。

 前日までの2敗以下の力士は、全勝の稀勢の里、1敗で追う照ノ富士、2敗髙安、栃煌山です。

 三役以上の3名の結果は、この後書きたいと思いますが、平幕の栃煌山について先に触れますと、遠藤に敗れて3敗となり優勝戦線から離脱しました。

 今日のテレビ解説第52代横綱北の富士勝昭さんが、今日勝てば稀勢の里が優勝でほぼ決まりでしょうと発言されました。

 稀勢の里は今日の日馬富士戦が最大のポイントというわけです。

 私も今日の稀勢の里VS日馬富士戦、照ノ富士VS鶴竜戦に注目したいと昨日のブログで述べました。

 優勝争いをしている髙安VS嘉風戦も含めてそれぞれどうなったか見ていきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

優勝争いをしている3力士の取組結果

髙安VS嘉風

 ここ1年、髙安は嘉風に対し2勝3敗と負け越しています。

 高安はここ2番横綱相手だったため2連敗している流れでこのまま負けないと良いのですが。

 北の富士さんも取組前、この2連敗と嘉風という厳しい相手であることを懸念していました。

 そして・・・その嫌な予感の通りやられてしまいました。

 北の富士さんは負けた相撲はいずれも腰が高いとおっしゃっていました。

 そして1度負けるとバタバタと負ける癖があるともおっしゃってました。

 髙安は来場所大関取りを考えると1つでも多く白星を積み重ねたいところです。

 尚、髙安は昨日も取組後足が痛いようなしぐさをみせましたが、今日も取組後そんなしぐさを見せました。

 大丈夫でしょうか。

 髙安はこれで10勝3敗で優勝は厳しくなりました。

照ノ富士VS鶴竜

 ここ1年、照ノ富士は鶴竜に対し1勝3敗と負け越しています。

 しかし、私は今場所の照ノ富士の止まらない勢い、そして鶴竜の元気のなさから昨日照ノ富士が勝つのではないかと予想しました。

 果たしてどうだったのでしょうか。

 取組前、闘志むき出しの照ノ富士は鬼の形相で鶴竜をにらみつけます!

 立ち合いから右四つの形になったかと思うと素早く鶴竜は左を巻き替え、鶴竜もろ差しの形となりました。

 照ノ富士は外四つの形で強引に土俵際まで持っていきそのまま寄り切ろうとしますが、鶴竜は土俵を割りません!

 その後照ノ富士が左を巻き替え左四つの形に!

 かと思うと鶴竜が右を巻き替えて再び鶴竜が腕を2本差す形に!

 めまぐるしい攻防です!

 照ノ富士からすると外四つの形ですが、土俵中央で両者動きません!

 しかし、照ノ富士が体のデカさと怪力で外四つの形のまま強引に鶴竜を寄り切ってしまいました!

 見ごたえのある相撲でした!

 これで照ノ富士12勝1敗!

 1敗を守ってこの後取組を控える稀勢の里に強烈なプレッシャーをかけます。

 では稀勢の里VS日馬富士の取り組みをみていきましょう!

 

稀勢の里VS日馬富士

 日馬富士は12日目まで3敗しているものの、ここ2日間いい相撲で勝っていて勢いが出ています。

 さらに、ここ1年稀勢の里は日馬富士に対し2勝3敗と負け越しています。

 日馬富士にも横綱の意地があります。

 また、照ノ富士の援護射撃の意味合いもあります。

 解説の北の富士さんも向こう上面解説の元小結普天王の稲川親方も日馬富士は今日は気合が入っているでしょうとおっしゃっていました。

 私は日馬富士が勝つような気がすると昨日のブログで予想しました。

 さて、どうだったのでしょうか。

 取組前、仕切っている時から見ているこちらが胸がドキドキしてしまいます。

 はっきよいのこった!で立ち合いから速攻で日馬富士が左を差し一気に稀勢の里を土俵の外に勢いよく寄り倒してしまいました。

 日馬富士の気合が物凄かったです。

 ただ、稀勢の里が土俵に落ちた後、左肩を押さえて苦しみの表情を浮かべながら動けなくなってしまいました。

 土俵に上がって礼をすることができず、土俵下にいたまま動けないのです。

 左肩を脱臼してしまったのではないかと北の富士さんが心配してました。

 これまでの相撲人生でほとんどケガなくここまできた稀勢の里ですが、この優勝が目前のところで重傷を負ってしまった可能性があります。

 北の富士さんは明日以降出場が厳しいかもしれないとおっしゃっていましたが、続報を待ちたいと思います。

 重大なケガでないことを祈ります。

2017年(平成29年)3月場所(大阪場所、春場所)13日目三役以上勝敗

 2017年(平成29年)3月場所(大阪場所、春場所)13日目の三役以上の勝敗を見ていきます。

 上述の通り、稀勢の里が日馬富士に負け、照ノ富士が勝ったので1敗で並びました。

 ただ、稀勢の里が明日以降出場できるのかが心配です。

三役以上についての一言コメント

【白鵬】

 5日目より休場。

【鶴竜】VS【照ノ富士】

 上述の通りです。

【日馬富士】VS【稀勢の里】

 上述の通りです。

【豪栄道】

 6日目より休場。

【玉鷲】(VS宝富士)

 立ち合いから玉鷲のペースでどんどん突き押しで攻めて宝富士を一気に押し出しました。

 玉鷲はこれで7勝6敗と勝ち越しまであと1勝!

 なんとか勝ち越してほしい!

 北の富士さんも「成長著しい、33歳には見えない」とおっしゃっていました。

 明日は日馬富士戦です!

【髙安】(VS嘉風)

 上述の通りです。

【琴奨菊】VS【正代】

 今日は琴奨菊が立ち合いから低く鋭く当たり、がぶり寄りの後、最後に正代を一発押しました。

 今日は胸から当たってくる正代が相手だったので立ち合いやりやすかったかもしれません。

 琴奨菊8勝5敗。

 大関特例復帰の可能性を残しました。

 明日は難敵照ノ富士戦です!

 正代は4勝9敗。

【御嶽海】(VS蒼国来)

 御嶽海は蒼国来に対し、これまで4戦4敗と相性の悪い相手でしたが、今日は寄り切って勝ちました。

 7勝6敗。

 再び白星先行となり、あと1勝で小結で勝ち越しです。

 明日は千代の国戦。

13日目を終えて1敗以下の力士

 1敗:稀勢の里、照ノ富士

 2敗:なし

北の富士勝昭さんコメントピックアップ

①松鳳山VS北勝富士戦の取組前に一言

北の富士さん:どっちもね・・・当たりが強いし、いい相撲になるね。

刈屋アナ  :気合の、こう、ぶつかり合うような相撲になるかもし・・・

北の富士さん:どっちが怖い顔してるかね

刈屋アナ  :(苦笑)それはあの・・・見た人の感じかもしれませんが・・・

 北の富士さん得意のカットインでかぶせ気味にきました。

 確かにどちらもいかつい顔してますが・・・やさしい刈屋アナが困ってますよw

②豪風VS勢戦で物言いがついて行司に苦言を呈したけど・・・

前提:豪風VS勢戦で物言いがつき、協議の結果、豪風の勝ちが決まった直後のやり取り

北の富士さん:(最初)軍配はどっちに上がった?

刈屋アナ  :軍配は豪風ですね。

北の富士さん:豪風?うーん・・・行司は勉強しなきゃいかんな!

刈屋アナ  :え?いや、(結果は)軍配通りですね。

北の富士さん:あ、そうか、あ、そうそうそうそう、俺が勉強しなきゃいかんな

(二人爆笑)

北の富士さん:ちょっと、休場明けだから勘弁してくれ

 

 解説していただけるだけでありがたいです。

  許しますw

最後に一言

 上で述べたとおり、結びの一番で稀勢の里にアクシデントです。

 大けがでなく、明日出場できるといいのですが・・・。

 無事を祈りたいと思います。

14日目につづく↓

2017年(平成29年)3月場所(大阪場所、春場所)14日目の三役以上の取組についてコメントしました。

読んでいただき、ありがとうございました。

これ↓をクリックしていただけると更新の励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

合掌

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

グーグル提供の関連コンテンツ
関連記事